上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)

  • 660人登録
  • 3.92評価
    • (59)
    • (113)
    • (54)
    • (9)
    • (2)
  • 107レビュー
  • 光文社 (2011年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334036478

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遠くない将来の当事者として、かなり真剣に集中して読んだ。
    手元に置いて、いつでも読み返したい本。
    うちの親が、まさに団塊の世代の典型的な親であり、私は子育ての失敗作。
    まったりとした生活がイイなんて、のほほんとしてる場合じゃない。
    動かなきゃ。

  • 古市さんのよくも悪くも正直すぎる文章に惹かれ、彼の著書をすべて読破しようとして購入した本だったが、まさに自分も親の老いを感じ始め直面している問題で、一気に読んでしまった。介護不安に関してのみならず、現代社会が抱える問題について、まったく異なる世代の社会学者二人が対談しており、世代によってここまで考え方が違うかと面白かった。はからずも、最後の上野先生から古市さんへの手紙は、愛が感じられ、涙がでそうに。ためになる本だった。

  • ほんとうは☆5をつける内容じゃないとは思うのだけど、本全体にあるエネルギーにおされた。あとがきの手紙でなぜか泣いてしまったくらい。新書で泣かされるとはびっくり。

  • 非常にためになりました。
    この社会を作り上げた人たちの思惑とかがよくわかりました。
    問題点がはっきりしているのに解決できない政治絡みの権力争いとか一筋縄ではいかない社会の動きとか…社会学って面白いなぁと思いました。

  • 百姓(ひゃくせい)ライフ、実践したい。

  • 自分の経済だけでも不安なのに、そのうえ親+日本全体の経済、親の介護…心配は尽きない。古市さんのてきとうっぽいしゃべり方だけが「まだ大丈夫かも」って気持ちを猶予すると同時に、「でもこの子実家お金ありそうだよな…」と余計なこと考える。

  • 読みやすくて問題意識も広がってよかった
    社会学って面白いのかもしれない

  • 2015/11/18

  • 上野千鶴子・古市憲寿「上野先生、勝手に死なれちゃ困ります」光文社新書

    上野千鶴子と古市憲寿の対談を書籍化した著書。

    テーマは副題のとおり「僕らの介護不安に答えてください」。

    団塊ジュニア世代にあたる古市氏が抱く、団塊世代の親の介護に対する不安を上野氏にぶつける。

    話は介護の話をきっかけに、家族のあり方、親子の関係性、弱者としての若者と女性の共通項、世代間格差…と展開する。

    最後に上野氏は、研究者として若者としての古市氏(あるいは当事者意識の低い若者)に対してこう述べている。

    「あなたをつかんで離さないものが、あなたの問題。ウザい、とかムカつく、とかいう感情を大事にしたらいい。まさにそれに気づくことからはじまるんですよ。」

    身近で些細なことに幸せを感じ、現状に満足するよりも、身近で些細な苛立ちや憤りに気付き、それを分析し、改善に向けて行動を起こすことが大事らしい。

    世界を変えるか
    自身を変えるか

全107件中 1 - 10件を表示

上野千鶴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
國分 功一郎
ウォルター・アイ...
大野 更紗
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)はこんな本です

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)の作品紹介

ベストセラー『おひとりさまの老後』を残して、この春、東大を退職した上野千鶴子・東大元教授。帯の名文句「これで安心して死ねるかしら」に対して、残された教え子・古市憲寿が待ったをかける。親の老いや介護に不安を覚え始めた若者世代は、いくら親が勝手に死ねると思っていても、いざとなったら関与せずにはすまない。さらに少子高齢化社会で、団塊世代による負の遺産を手渡されると感じている子世代の先行きは、この上なく不透明。だとすれば、僕たちが今からできる心構えを、教えてほしい-と。これに対し、「あなたたちの不安を分節しましょう。それは親世代の介護の不安なの?それとも自分たち世代の将来の不安なの?」と切り返す上野。話は介護の実際的な問題へのアドバイスから、親子関係の分析、世代間格差の問題、共同体や運動の可能性etc.へと突き進む。30歳以上歳の離れた2人の社会学者の対話をきっかけに、若者の将来、この国の「老後」を考える試み。

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)のKindle版

ツイートする