炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

  • 1115人登録
  • 3.69評価
    • (71)
    • (146)
    • (98)
    • (32)
    • (6)
  • 168レビュー
著者 : 夏井睦
  • 光文社 (2013年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037666

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 前半は、糖質、炭水化物ダイエットの本なんだけど、how toではなく、その科学的根拠みたいなことの解説というところ。

    後半、その議論を踏まえつつ、生命の進化、人間の農の進化、文明論に展開していく。仮説ではあるけど、かなり説得力のある話しだな。とてもスリリング。

    一番、「へ〜」だったのは、草食動物の話し。例えば、牛とか、草を食べているけど、草自体は、牛の栄養にはなっていない。腸内細菌がコロニーをつくっていて、最近が草を分解して、栄養に転換する。で、その栄養とか、細菌自体を牛は吸収している、という話し。なので、胃袋がたくさんあるらしい。

    人間も腸内に細菌がいるわけで、人間と腸内細菌は、共生しているんだね。生物学的に考えても、確固たる「私」なるものがあるわけではない。「私」とは、細菌と一体になったコロニーなんだね。

  • 炭水化物(糖質)がもたらす人体への悪影響から糖質制限の重要性を説く話としては面白かったのですが、後半は動物の体のメカニズムや人類の歴史上、穀物がいつから産み出され、人間が狩猟系から穀物重視に生活スタイルが変化したことでもたらしたものとはというテーマを科学的に解説していくという内容で興味深いものではありましたが、やや難解な話で読むのに難儀しました。
    でも糖質制限が健康体にとって重要であることは理解しました。

  • いま最も興味あることは
    「糖質制限」と「酵素」

    野菜中心の食事が快適で
    タンパク源として卵と乳製品をどうするか
    悩んで興味をもったのがマクロビオテック

    でも生で食べることの
    メリットはなんとなく感じていたから
    やや疑問があった。
    玄米を炊く手間も考えた

    糖質制限はなんとなくしていたが
    「老化=糖化」ということを最近知った。
    たしかに40前後で顔がふっくらすると
    オバサン(オジサン)って感じる
    糖質制限はシャープな顔を作るとは
    実際思う

    そういった点で糖質制限を
    論じてくれるこの本は大変心強かった。
    「糖質制限」と「酵素」の組み合わせが
    いまのところ最強だと思える。
    つまり卵と乳製品を食べるベジタリアン。
    生野菜・果物メインの食事。
    -----------------
    この本はダイナミック。
    ドキドキするほど。
    P332
    「神(穀物)は死んだのではなく、
    そもそも最初から神ではなかったのだ」
    ------------------
    P331
    私たちはそろそろ、穀物という
    老俳優が「神」という配役名を捨てて、
    「美味だが摂取しなくていい食材の一つ」
    という本来の配役名に戻り、
    舞台から静かに消えていくのを
    感謝の念を持って
    拍手で見送るべき時期に来ている

    ↑このくだりはホント息を呑む
    高揚感があり、圧巻。
    たかが糖質制限、だが
    人類史上のターニングポイントであり
    覆われていた真実が暴露された
    歴史的瞬間に居合わせた感動さえ味わえる。

    面白かった。
    そして自分の食事観を大きく変えられた
    画期的な本だったと思う

  • 著者自身も言っているように、かなりの大風呂敷にやや荒いような仮説もいくつかあったけれど、糖質に関わる様々なトピックをざっと読めたのは楽しかった。
    せっかくここまで風呂敷を広げられるほど色々調べているのだから、もっと一つ一つの仮説について補強になる具体的なソースを盛り込んでくれたら良かったかも。たとえ話の多い勢いのある言葉巧みな文体で新しいことを語られると、どうしても胡散臭く感じてしまう。テーマが食だから、論文を引用したりしても新書としてのとっつきやすさは損なわれないはず。
    お肉や卵の方がご飯や麺類よりも消化が早いのはびっくり。でも確かに、吐瀉物の中にお肉は見たことないもんね。

  • この本は面白かった!ただ、8章構成のうち、読むのは6章-1までで良いと思う。それ以降は生命の進化についての筆者の持論であり、糖質制限ダイエットとはなんの関係もない。

  • 傷を消毒しない話は、自分が読んだ当初、その概念を知らなかったこともあって、かなり衝撃的な内容だった。個人的な印象をもとに、話を広げる手法は、上記書と共通するものだったけど、こちらはそんな斬新とも言えない内容のこともあって、それほどの感銘は受けなかった。確かに、炭水化物は必須と思い込んでいる考え方に楔を打ち込むって意味では、ちょっと画期的だったけど。

  • ダイエット本というだけなら、Ⅲ章だけで十分。あとは糖の栄養的意義、糖の摂取の問題、農業革命が大量の糖を生み出した歴史過程。ただ、本書の主張とは真逆の内容の本を読んだこともあり、糖質遮断一択の内容で、ダイエットの可否はともかく、健康面で是かは疑問も残る。極端な説を新書という媒体で行う疑問もないわけではない。

  • すごい標題。

    ダイエットを期待して手にする本と言うよりは他の糖質制限食に関する本の補完をする内容かも。

    人類の歴史から穀物が、糖質がどのように根付いてきたのか、日本でどのように1日三食と米が根付いてきたかの壮大な著書の物語が描かれています。

    糖は疲労回復が早いが、麻薬性があるとのこと。

    昔から言われていた良いとされる常識に著書はくさびを打つ。

    臆せずに仮説をアウトプットすることが研究者としての使命である、との考えには共感します。

    単に妄想ではなく、なんとなく世間に存在する常識に、糖質の視点から仮説の根拠となる数多くの参考文献が紹介されていることからも研究者らしさが感じられます。

    ダイエット本というより物語だと思いました。

  • 極端な糖質制限食には反対の立場なのだが、この本はなかなか説得力もあって納得できる部分も多かった。しかも周辺知識が楽しめた(「あとがき」にある「大胆な仮説」の部分がどこまでなのかが気になるところだが)。

    反糖質制限派のほうでも、これだけのものを書ける人が出ないと、いまの流れを変えるのは難しいと思った。

  • 「炭水化物が人類を滅ぼす」
    タイトルがショッキングだったので買ったが、そのまま放ってあったので読んでみた。
    糖質制限でやせることが書いてあるのだろうと思ったがそれははじめの方だけで、デンプンを含む糖質というものが体にとってどういうものであるかを説明している。
    そして、糖尿病治療のやり方の問題点や食物カロリーの問題点など身近な問題を解説している。
    後半は生命進化から見た糖質(ブドウ糖)役割、哺乳類にとっての糖質の必要性、そして農耕と穀物(デンプンを含む糖質)と人類の関係などが書かれており、糖質制限でやせると言うこととはまるでかけ離れた内容だ。
    面白くはあったが、本書のタイトルはあまり適切とは言いがたい。何しろ書いてあるのは糖質(デンプン)を中心とした生命科学、人類の食に関する歴史の仮説と言ったところである。考え方は少し極端な言い方もあるが、なるほどと思うところもいくつかあった。
    著者は医師であることから医学的な内容はともかく生命科学や農耕の誕生、食の歴史などは相当勉強したようで後書きに参考文献がたくさん書いてある。しかし、それらの本は読んだことのある科学物の本も多く、タイトルのから想像されるような人類学者の本ではなかったので少々残念。

  • ダイエットの話なのだが、人類史にまで言及するような風呂敷の広げっぷり。
    ゆとりを持って読めば楽しい。

  • 人類の進化の過程、食の変遷、そして現代人の食事と何を食べるべきか、書かれていました。
    とても面白かった!
    よく勉強されている方だなと感心しました。

  • 前半の糖質制限の話と後半の人類史の話との差が大きい。
    とりあえず、夕食は炭水化物を抜く方向に。ためしてガッテンも参考にしつつ。
    糖尿病学会への不信感は免れないね。食い扶持がなくなるってのはその通りだと思う。

  • 内容としては凄くおもしろいんだけど、自分としては糖質制限の知識が欲しかっただけなので細かい情報量が多すぎでした。

    炭水化物の起源や動物の血糖値など色々な部分で掘り下げてるところは読み物としておもしろいけど、今必要ではなかった。

  • 糖質を制限したら痩せたという(当たり前の)個人的体験を基に、人間にとって炭水化物なんて要らないんじゃないかという、大胆な仮説を唱える本。一概にトンデモな本とは言えないけれど、後付けっぽい論理武装にやや詭弁性を感じる。権威や常識に囚われない姿勢は素晴らしいが、タイトルからして煽りすぎである。ただし、食生活・食文化の成り立ちを追って、代謝のメカニズムまで遡ったり、そうした進化の駆動力を全球凍結のような地球規模の環境変化とともに考察しているのは、とても面白いし勉強になる。

  • とても内容が濃い本です。糖質制限ダイエットの紹介本かと思うとヤケドします(笑)。糖質制限の健康面での素晴らしさを紹介するところから始まり、そもそも糖質とは何か?如何にして人類は炭水化物(糖質)を食べるようになってきたのかという命題に踏み込んでいます。後半部分は糖質制限ダイエットとは離れて、生命の発生と進化を食物とエネルギーの観点から論じており、読み応えのある内容になっています。数々のエビデンスに著者の考えを加えてあり、農耕の起源に関する所は特に楽しんで読めました。

  • どこまでが真実かはわかりませんが、非常に面白かった。
    よくある、血糖値が高くなるのを抑えてインスリンが分泌、しぼうを増やす、という話はもちろん、
    脳の唯一のエネルギーがブドウ糖であり、そのための糖新生が脂肪を減らす?という話も非常に細かくかかれている。
    頭を使いすぎると痩せる、というのもあながちなくはないハナシではないのではと思った。
    それだけにとどまらず、生物の誕生からヒトの誕生、その中で発達して食糧の変化、農耕の始まりと、糖質に魅了されてコムギを育てるインセンティブが生まれ、本来必要ない穀物を神とあがめて1万2千年を過ごしてきた、という仮説もとても面白かった。

  • 古代史好きな自分には人類の歴史と糖質制限をいっしょに学べ良かった。進化や歴史は全てを物語っている。排泄を固定場所でできるかどうかの違いは、正直盲点でした。

  • ☆食べていいもの
    ・肉、魚、卵、大豆製品(豆腐、納豆、枝豆)
    キノコ類、海藻類、葉物類野菜、乳製品(チーズ、ヨーグルト、牛乳)、ナッツ類(コーン不可)、蒸類酒(焼酎、ウイスキー、ウォッカ、テキーラ)マヨネーズ、バター
    ☆食べてはいけないもの
    ・米、小麦(パスタ、うどん、パン)蕎麦、玄米、佐藤が味付けに含まれているもお、根菜類野菜(芋、ニンジン、レンコン)果物(アボガボはいい)、お菓子類、スナック菓子、ジュース、炭酸飲料、缶コーヒー、醸造酒(日本酒、ビール、マッコリ)
    ☆穀物という神は、1万年前の人類を飢えから救ってくれたが、現代社会に、肥満と糖尿病等様々は病をもたらした。

  • 単なるダイエット本だと思い購入したが、穀物と人類の歴史展開と人間と炭水化物の関係について、壮大な歴史展開されていて非常に興味深い本であった。筆算の別の本も読んでみたいと思った一冊である。

  • 先日、糖質制限ダイエットの第一人者の方が急逝されたそうでワイドショーでその是非が取り上げられていましたが、どうなんでしょう、糖質制限。
    夏井氏の著作は数年前に擦り傷に対して今までの常識を覆す湿潤療法を紹介した「傷はぜったい消毒するな」を読みました。消毒せずに水道水で洗って、ラップをかぶせて浸出液でぐしゅぐしゅにしておくというものですが、たまたま膝を擦りむいたときに試したところかなりの効果があり、信頼できる医師だと思っています。(その後キズパワーパッドなどハイドロコロイド絆創膏が発売されて、湿潤療法はすっかりメジャーな治療法になりました)
    さて、そんな夏井氏が提唱する糖質制限ダイエットですが、本書はそのメカニズムを詳しく掘り下げています。湿潤療法の時もそうだったのですが、彼は常識にとらわれずに科学的に物事の本質を探っていくスタイルなので、科学読本としてとても面白いのです。
    本書では人類の起源まで遡り、なぜ我々が糖質・炭水化物食を始めたのかを探ってみたり、生物の食性が腸内細菌の種類に左右され、しかも後天的に変更できる事を突き止めたりと、さながらミステリーを読むように、肥満とダイエットについて考えを巡らせます。それがとても面白い。
    前著では「傷口を消毒する」という常識を疑ったように、今回は「カロリー」という指標を疑います。確かにダイエットしてみると、カロリーって数字どおりにならないところがありますよね。本書によればそもそも食品から摂取できるカロリーは「たぶんこのくらいだろう」という大雑把な指標でしかないらしく、しかもその吸収されるメカニズムがはっきりと分かっていないそうです。断食中の修行僧が荒行に耐えられたり、説明がつかないことも多い、とか。ほんとこういう知識に触れるとワクワクしますね。そういえば僕、文系だったけど子供の頃の夢は生物学者だったんですよねぇ…。
    そんなわけでとっても楽しい本でした。僕は糖質制限やりませんけど。ご飯おいしいし、ビール飲みたいしね。

全168件中 1 - 25件を表示

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)に関連する談話室の質問

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)に関連するまとめ

夏井睦の作品一覧

夏井睦の作品ランキング・新刊情報

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)はこんな本です

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)のKindle版

ツイートする