警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)

  • 100人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (8)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 久保正行
  • 光文社 (2014年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334037994

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相手の発言や仕草、周囲の人への聞き込みからその人の人定を見抜くこと。そのためのポイントを掴むために、日々人間観察を怠らない姿勢。同じ、人を相手に仕事する職種として、見習って行きたい。

  • 元捜査一課長の著書。
    その経験を生かして、具体的なビジネスシーンとか、人との関わり方を語るものかと思ってたら、本気で自分が扱ってきた事件についての説明だった。
    生々しくて面白かった。
    あんまり実生活に役立つとも思えんかったけど。
    ただ、最後のあとがきが、本人ではなく、これもまた別の元警察勤務者による賛辞で、ここは要らんわ。

  • 捜査第一課の仕事に一番必要とされる資質は「カンがいい」ということ。そして「カン」は「観」で磨かれる。人を見る目を養い自分の内面を見つめなおすのが本書の目的。嘘を見抜く極意、真実を聞き出す極意、怪しい者を見抜く極意、人間の本性を見抜く極意、遺体から真実を見抜く極意、凶悪犯を見抜く極意。徹底した人間観察と五感の集中により見いだされた極意は犯罪捜査のみならず実社会のあらゆるところで活かせる。相手の懐に入り相手に寄り添う。いきつくところは相手に対するおもいやり。しかと自らに言い聞かせたい。

  • 「刑事一代」(平塚八兵衛のインタビュー)からの流れで,二度読みした.久保正行さんという元警視庁捜査一課長が書いた.
    序章:捜査一課長のしごと=わりと興味ぶかい
    1.ウソを見抜く極意
    2.真実を聞き出す極意 服装とあいさつをきちんと(=意外だった),トイレがきれいな家の人の言うことは信用できる.
    3.怪しい者を見抜く極意 写真よりも似顔絵が有効らしい
    4.人間の本性を見抜く極意
    5.遺体から真実を見抜く極意 法医学のような話
    6.凶悪犯を見抜く極意

    とにかく犯罪者はへいきで嘘をつき,コロリと前言をひるがえす.
    自殺と殺人を間違ってはいかん.ほんとは殺人だったときは,凶悪犯を野放しにすることになる.

  • 仕事に役立つところがあればと思って手に取りました。

    人を見抜くテクニックが述べられているというよりは、著者が過去を振り返った自分史という色彩が強いです。
    実際の事件について記載されたところは、事実だけになかなか興味深かったです。

    感を養うのは実践に勝るものはありません。
    私もできる範囲で、人間観察してみようと思います。

  • ○元警視庁警察官で捜査一課長等を歴任した久保氏の著作。
    ○数々の現場経験、捜査経験から、犯罪者とは何者か、どのような行動様式があるのか、どのように見抜くのかといった考え方をまとめたもの。
    ○事例が多く、とても興味深い。

  • 読みやすく、よく話題が網羅されています。

  • もと警官の著者曰く「罪を犯すものには、共通する人間性・特質のようなものがあります。何かがきっかけとなってそれが表に現れ、その者を犯行へと駆り立ててしまうのです。本書を通して、あなたが人を見る目を養い、また自分の内面を見つめ直すことで、犯罪に巻き込まれたり、犯罪に関わることを未然に防ぐことができれば、私にとって望外の喜びです。」
    との事、タイトルにも引かれて手に取るが「イヤーちょっと普通の生活している人には無駄知識」感。「どこでその情報生かすの?」感。

  • 刑事の「感」が「観」察眼からくるもので、小さな変化や違和感を大切にしていることがとてもよくわかった。

  • 4〜5

全13件中 1 - 10件を表示

久保正行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)はこんな本です

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意 (光文社新書)のKindle版

ツイートする