アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)

  • 173人登録
  • 3.55評価
    • (8)
    • (16)
    • (18)
    • (4)
    • (1)
  • 16レビュー
  • 光文社 (2015年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334038526

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、スマートフォンを買う時はiphoneにするか、アンドロイドにするかで迷います。結局はアップルの提供するサービスの世界に入るか、グーグルが提供するサービスの世界に入るかの選択です。今ならまだネット経由の一部のサービスの選択ともいえますが、Bluetoothとiビーコンという安価・小型・低消費電力の通信規格によってあらゆる家電や車、医療サービス、決済などを含めた私たちのリアルな生活環境がネットと同期することになると、もはやアップルとグーグルのどちらの「国」に住むのかという選択になります。その「国」を支配するのがそれぞれアップルとグーグルであり、「アップルとグーグルが神になる日」と著者が表現する近未来には説得力を感じました。アップル、グーグルのビジネスモデルを解説した本はたくさんありますが、コアになる技術の解説と、ビジネスモデルとの関連などが新書1冊の分量に上手くまとめられて分かりやすい本でした。

  • Bluetoothは普及していないイメージで、BLEもイマイチなのかと思っていました。この本を読んで、Appleが戦略的にBLEを推進している事実、更にBLEを利用したiビーコンの可能性と使用例を学べました。GoogleもAppleも、スマホ市場のその先に見ているものは同じであること。ハードとソフトを融合させユーザー体験を生み出すビジネスモデルの可能性は無限大です。

  • 論点が整理された好著。今のIoTがどう進んでいるのか、非常に分かり安い。必読ですね。

  • BLEによりすべてのモノをネットに繋ぐことができる。繋がったモノとコンピュータが自律的に動作し、ユーザに面倒な手続きをかけさせずに、新たな体験を提供する。近々現実になるであろう、あらゆるデータを持つ勝者は誰か、生み出される新たな体験はどのようなものなのだろうか。

  • アップル、グーグルが、その巨大なプラットフォームを活かし、今度はIoTの分野でも、これまで以上に世界の人々の利用するサービスを提供する。その肝となる技術がBLEであり、クラウドである。
    ハードウェアはゴミである、という刺激的な表現も紹介されていますが、要はセンサーやスマホを通じてクラウドでユーザーごとの情報をまとめ、分析してフィードバックするという生態系がこれからは普通になるということで、業界の人間からすると、あまり特別なことは書かれていない。AIについての言及がないのは、本書が2015年のものからでしょう。

  • 日本の大手メーカーに元気がないわけや、GoogleやAppleの台頭についてIoTの観点からわかりやすく説明している。
    「スマートフォンはスマートではない」「ハードウェアはゴミ」など一見批判的に聞こえるが、読めば至極当たり前のことを言っていることがわかる。

  • タイトルと中身が少し食い違っている様な・・・
    少なくとも印象は違う。
    ビーコンを中心としたIoTの本質の一端を垣間見た気がする。
    それだけと言えばそれだけだが、これは結構大きい。

  • モノのインターネット、このコンセプトを実現するために欠かせない技術の1つ、BLE(Bluetooth Low Energy)という最後のピースが生まれたことにより、曖昧模糊としていたIoTが動きたした。

    ブルートゥース・スマートに準拠した各製品あh、基本的にアプリと危機が対になってできているアプセサリ。万歩計であれば、振動を計測するセンサーを備えた危機と、スマートフォンやタブレット、ウェブなどのアプリが組み合わさって1つのアプセサリ。

    高機能なものや便利なサービスが充実した先進国において、次に求められるのは「経験」や「体験」。

    問題になってくるのはセキュリティー

  • iPhone4sを入手した時、Bluetoothが4.0にバージョンアップされていたのは知っていたが、その裏にこの様な狙いがあったことまでは正しく理解していなかった。

    BLE(Bluetooth Low Energy)が前提としているのは、無数の機器が存在する世界だ。ひと昔に提唱されたユビキタス・コンピューティングの世界を超えているかもしれない。なぜならIoTはあらゆるものがデータ採取の対象となっているからだ。

    今後は我々の行動が全て把握されることになる。便利になる一方で我々自身がデータ化されていく。さらにヘルスケアと連動することによって、データ化されることを拒絶することは恐怖を伴うようになるかもしれない。

    便利な世界に一旦身を置くと、他のプラットフォームへ移ることはどんどん難しくなっていくだろう。そしてユーザーの囲い込みが完成し、アップルやグーグルが国家以上の力を持つプラットフォームになっていく。

  • IoTのことが分かるような分からないように。
    BLEで繋がったモノで「体験」を提供するビジネスがこれからの姿?

全16件中 1 - 10件を表示

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)のその他の作品

上原昭宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)はこんな本です

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アップル、グーグルが神になる日 ハードウェアはなぜゴミなのか? (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする