語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)

  • 453人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (21)
    • (19)
    • (5)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 石黒圭
  • 光文社 (2016年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039240

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 語彙力を「豊富な語彙知識」×「精度の高い語彙運用」と定義し、各々のスキルを高めるための処方箋を紹介。
    若干プレモル推しの記述が気になるが、総じて語彙力を高めるに役に立つ内容である。定期的に読み返してトレーニングを心掛けたいと思う一冊である。
    なお、問題集ではないので、この本は語彙力を高めるきっかけに過ぎない。後は読者の鍛錬あるのみ。

  • このレビューを書いていても
    語彙力がもっとあればな~と思う。
    内容がとても簡潔で分かりやすかった。

  • 語彙を様々な側面から見ることができる本。
    例えば上位語と下位語、文字種、方言、新語と古語、語構成...。
    語彙について、なにか包括的なビジョンが得られるというわけではないけれど。
    それはこういう本の宿命ではないか?と思う。

    適切な語を使いこなすには、という問題を扱った第三章が私には有益だ。
    11のチェックポイントがあるという。
    こういうのは、例が分かりやすく、豊富なのが嬉しい。
    この点では満足できる一冊だ。

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=152498

  • 語彙とは何か、どのようにすれば伸ばせるのか、具体的なトレーニングとともに載せられている。それぞれがなるほど! と思える。実際に日常生活を送る上で、表現をしたいと思う色々な場面で役に立つ本。

  • 語彙力とは語彙の数だけではなく質も大事だという観点から、様々な言葉について研究し書かれていてわかりやすかったです。
    ところどころにあるワークの問題が意外と難しいです。単純に見えるのですが、全問正解はできないことが多かったです。
    ワークは日本語を分解するなどしてよく考えることも必要で問題集の『論理エンジン』のワークに通ずるものがあるかなと思いました。

  • 日本語は生き物、とつくづく思う。 語彙の豊かな人がうらやましい。もっと読書して、趣味も増やして脳内整理して語彙力を鍛えたい。第三章の尊敬語と謙譲語はやはり大人になっても難しい。話し言葉と書き言葉の違いに留意して仕事に役立てようと思った。この本に直接関係はないけど『出身地鑑定』、やってみました!当たりました。

  • 通訳学校の英日の先生に勧められ、入門科の時は読みかけてそのままになっていたものの、その後進級し8ヶ月ぶりに先生に再会して意を決して移動中に読んだ。
    一見当たり前に感じられる、明らかに間違っている日本語も、意外と違和感すら覚えず使っていたことに気づかされる。
    本書は主に書き言葉に焦点を当てているとのことだが、通訳という特性上、本書の「相手の立場に立って言葉を選ぶ」という視点の重要性を再認識した。

  • やりかたというのではなく、意識改革てきな内容。気づき。脳内の辞書カテゴリーを整理。C0281

全23件中 1 - 10件を表示

石黒圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
三浦 しをん
エラ・フランシス...
アーノルド ベネ...
又吉 直樹
宮下 奈都
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)はこんな本です

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)のKindle版

ツイートする