消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)

  • 51人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 仲村清司
  • 光文社 (2016年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039530

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沖縄の基地問題はかつての鳩山首相の「最低でも県外」という言葉以降、よりクローズアップされるようになった。県土の多くを外国軍隊の基地が占め、時に不良兵士による事件が起こる。沖縄が最重要問題として解決に努力するのは当然だ。

    しかし、沖縄、特に現在の知事の対応を見ていると、もうちょっとうまいやり方があるのではと、思ってしまう。反政府発言ばかりじゃなく、政府をおだてて、補助金をもらい、それを県民の福祉や教育、就業率向上に充てるとか。原発やゴミ処理施設の誘致と同じように考えることもアリなのでは。そんな考えは本土の失礼極まりない勝手な妄想なのだろうか。

    本書の著者は本土で生まれ育った後、1996年より沖縄移住。客観的でバランスのある沖縄論を展開する。結局、沖縄の共同体が狭く、それぞれが違う意見をあげにくいことが一番の問題だ。最優先は基地問題で、どんな問題も基地のせいにされ、それを反論する雰囲気も作られない。教育や福祉、少子高齢、雇用、経済よりも「基地」となってしまう。

    沖縄問題解決の 一案として、「基地だけの沖縄」から脱却することも検討すべきでは。

  • 大阪生まれの沖縄人二世である著者の仲村氏は1996年に那覇に移住する。「沖縄ブーム」の走り頃であり、著者が描いた著作はブームにのり人気作品となる。しかし、その裏では米兵による少女暴行事件をきっかけに、日米地位協定の見直しなどと反基地運動が高まりをみせる。そして普天間基地返還、辺野古移設へと基地問題が動き出す。そんな20年間にいったい沖縄で何が起きていたのか?考える一冊。

  • 読んでて辛いこと辛いこと。良く言えば観光客を増やして現金の落ちる場所になったけども、元々あった良いものや信仰を初めとした地場の古いものを蔑ろにする場所に変容してる模様。挙げ句の果てに基地移設で(意図的に)分断される島。それは西欧列強のやり口やで。植民地支配そのもの。Bar土は行くチャンスあったし同じ著者の本で存在は知ってたけど一回も行くことできず。それも縁か。

    オバア烈伝の頃とは全く違うトーンの最近の作品の方がリアリティあって読みがいある(これは重すぎるし哀しすぎるけど)。

  • 2016年11月読了。「沖縄人二世」と言われる人でさえ、沖縄をめぐる考え方が揺らいでいる。況や縁もゆかりもない外部の人間においておや。とはいえ沖縄はこれからもウォッチを継続していきたい。

全4件中 1 - 4件を表示

仲村清司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 世彰
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)はこんな本です

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする