視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)

  • 98人登録
  • 3.82評価
    • (7)
    • (6)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 深作秀春
  • 光文社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039592

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 深作さんによれば、目の寿命は個人差もあるがせいぜい70年くらいらしい。だから、それにあった使い方、心構えがいる。しかし、人間の体はそれ以上に長生きする。あるいは、長生きさせられる。そこでいろんな目の病気が問題になってきた。深作さんは世界的に有名な優秀な眼科医で、眼科医は目医者ではなく、外科医の一種でなくてはならないという立場だ。しかし、日本の眼科医は技術が低く、大病院であっても、まともな手術ができず、助かる病気も放置されたり、悪化したりしてきた。たとえば、緑内障はかかったら最後どうしようもないと言われているが、早期に手術すればそれなりによくなるそうだ。それをしないのは、医者に技術がないからである。深作さんは実は美術史家でもあり、眼科医の立場から画家の絵を分析した本『眼脳芸術論』(生活の友社)を出している。たとえばだれそれの絵の色彩が変化したのは、白内障の影響だとか、だれそれの絵の色の使い方から、その人が色盲であったとかという分析である。ぼくはこの本は先に読んでいたし、その人が有名な眼科医だということは知っていたが、本書をしばらく読むまでは同一人物だとはわからなかった。ただ、本書の一部はたしか少し前の『週刊現代』か『ポスト』かに出ていた記憶がある。その記事あるいは本書を読んで、深作さんに見て欲しいと思う人がどっと出てくるだろう。しかし、それだけに、診察までは1、2年待たされることになるのではないだろうか。

  • 昔から疑問だった「内科医と外科医はいるのに眼科医は診る医師と手術する医師に分かれてないのか?」について
    最初に触れており内容に納得できたので信頼して読めた。

    内容は旧態依然とした日本の眼科の診療と手術を批判して自分凄いにかなりのページ数が割かれているが
    深作眼科で行われる治療内容が記載されているのでこちらも納得できる。
    謙遜することが一切ないのはアメリカナイズされているからなのか?
    この部分が受け入れられないと読み辛いかもしれないが
    目の健康を気にかけている人には読む価値が大いにあると思う。

    匿名で複数の眼科医の著作本や治療内容を挙げているが
    目の健康にここ数年敏感になっている方ならほとんど検討がつくと思う。
    特に繰り返し出てくる目の運動を推奨して目が良くなるとの宣伝文句の本は持ってるw
    (この本を読んで処分することにした)
    確かに目を回すような運動をしていた時は蚊飛症が時々起きていたのを思い出してヒヤッとした。
    三日坊主の性格が幸いして
    今は全く起きず複数回の定期健診でも問題なかったので大丈夫だと思いたい。
    でも大学病院の医師に長年診てもらっていることに過信しないようにしようと
    思いを新たにすることが出来て良かった。

  • 眼科治療での外科手術の有効性がよくわかった。白内障や網膜剥離の手術についても新しい知識が得られたし、緑内障治療が手術単体で35,000円程度のものとはびっくり(実際はもっとかかると思うが)!血糖値の乱高下も防ぎたい。

  • 本書を読むと、いかに日本の眼科治療が遅れており、専門医をしっかり選ぶことの大切さが分かります。また、世の中に間違っている情報が多いことも知らされました。

  • こうした本に出会えたことに感謝。

  • 江部先生が糖質制限つながりでご紹介されていた本

    ドクターX並みのドロドロ?日本の学会のレヴェルの低さを暴露

    製薬会社との癒着や大学と学界の強固なつながりなど、お金が絡むと事実も都合の良いように捻じ曲げられるようです

    どこにでもある話ですが、医療の世界でそれをやるのは勘弁してほしい


    長くなりますので
    詳細はブログにて綴っております
    http://art-love.hatenablog.com/entry/2016/12/24/000000

  • 深作秀春

全7件中 1 - 7件を表示

深作秀春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
トマ・ピケティ
宮下 奈都
ジャレド・ダイア...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)はこんな本です

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)のKindle版

ツイートする