教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)

  • 35人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野澤道生
  • 光文社 (2017年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039639

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 2017/3/12
    様々な年に出題された東大日本史の入試問題を独特の解法チャートを使いながら解いていく本。だと思っていたのだけど、使っているものは問題文と実際に出版されている高校日本史の教科書の本文だけである。日本史の参考書は、数多くあるけれど歴史を根本から理解していないと解けないような問題をどのように考えるのかということも教えてくれるし、実際に教科書の本文と資料だけから解答を導き出しているので本当にすごいと思う。自分自身高校時代は日本史を取っていたから、この本に書かれていたことや出てきた人物、出来事などは理解していたはずなのだが、すっかり忘れてしまっていた。問題を読んでも全然わからない。けれども、問題文を通してその時代について東大が何を問うているのか、どのように考えていくべきなのかを示してくれる。細部に語られる歴史の話は良い復習にもなったし、改めてそうだったんだと理解できた内容も多い。全部で8つの問題を時代順に考えていく内容になっているが、どの問題もそこまで考えていかないとダメなんだ、逆に自分はまだまだきょうかしゃにかかれていることの表面的な部分しか見ていなかったんだなあということを思わされた。古代の政治と仏教のつながり、藤原氏の摂関政治の本質、徳川と朝廷のつながり、守護の時代における変化、後醍醐天皇の政治戦争の時の日本についてなどまだまだ多くの考える余地があるのだという歴史の面白さを教えてくれるし本である。

  • <目次>
    第0章  小学校の教科書で解くNHKドラマの主人公・
         吉備真備と遣唐使
    第1章  神様が仏様始めました~5世紀から10世紀へ
    第2章  次男房前、参議となる~8世紀
    第3章  遠くの身内より近くの他人~12世紀から16世紀
         へ
    第4章  建武の新政~14世紀
    第5章  江戸時代初期の朝廷と幕府~17世紀
    第6章  家康公はそんなつもりはなかったぞ~17世紀から
        19世紀へ
    第7章  長州征討と諸藩への影響~19世紀
    第8章  石橋湛山の「一切を棄つるの覚悟」~激動の20世
        紀前半

    <内容>
    県立今治東中等教育学校の日本史教師による東大の入試問題から読み解く授業の紙上版。HPで昔からこの方の授業の様子は見てきたが、ついに本を書いたか!というのが正直な感想。土曜講座で社会人を対象にこの講座を開講しておられるが、結構人気の模様。さて、古代~近現代で2問ずつ。やや偏りがある気はするが、東大の問題をチャートで教科書の文を参考に単語を入れながら、解いていく。けっこうすんなりとわかるし、東大の2次試験の問題は決して難問ではなく、教科書の文をしっかりと読んでおくことと、問題文をしっかりと読み解き、出題者の意図を読み取ることが必要。

全2件中 1 - 2件を表示

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)はこんな本です

教科書一冊で解ける東大日本史 (光文社新書)のKindle版

ツイートする