データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

  • 104人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 伊藤公一朗
  • 光文社 (2017年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039868

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 経済学者による「因果関係」を正確にみるためのデータの見方の考え方などを平易な言葉で説明。

    ある結果Yに対して原因がXと考えられるとき、どうやったらX→Yの因果関係を示せるか。

    世の中には
     第3変数により相関関係と因果関係を誤解したもの
     因果関係が逆なもの
    といったようなみせかけの「因果関係」があふれている。

    正確に因果関係を見抜くためにはランダム比較実験、RDデザイン、集積分析、複数期間のパネルデータ分析などの手法が必要だがそれぞれにメリット、デメリットがある

    これらの概要とメリット・デメリットを非常に平易な言葉で解説。

    内容は専門的かつ高度だが、平易なことばでかかれているため素人でもなんとなく言いたいことがわかる

    全体としては「「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法」に非常に近く入門書として最適。

    学者でこの手のわかりやすい本を書ける人は少ないだけに貴重だと思う。

    本書の中ではある程度の専門的な内容に対しては「これ以上は本書の内容を超えるので参考文献で勉強しましょう」という記述が結構がでてくる。

    不満に思う人もいるかもしれないがわからないと読者は例外なく不満を持つため、ターゲットを絞り、あえて難しいことは説明しない、という姿勢はとても大切。

  • データ分析について、数式を使うことなくわかりやすい表現で記述されている。
    実務でもこの本に書かれている分析を使いたい。

  • 本書は統計的因果推論の一般向けの本である。著者は新鋭の経済学者であり、内容は一般の人でも理解できるように書かれており、なおかつ興味深いものであったため大変読んでいて感心した。集積分析については自分自身全く知らないものであったため、勉強になった。

全3件中 1 - 3件を表示

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)はこんな本です

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)のKindle版

ツイートする