バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

  • 878人登録
  • 4.33評価
    • (113)
    • (80)
    • (29)
    • (2)
    • (2)
  • 122レビュー
  • 光文社 (2017年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039899

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三浦 しをん
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
又吉 直樹
高野 秀行
有効な右矢印 無効な右矢印

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 講演会でお会いしたことがあるのですが、とても気さくでこの本のまんまな お人柄でした。会場は爆笑の渦で盛り上がりました。「職場がサハラ砂漠」で、転んでもただでは起き上がらない不屈な精神の持ち主で、こういう人の助手をすることが出来たら、砂漠だってすごく楽しそう!って思いました。結婚とかしても文字通りどこででも生きて行けそうな頼もしさがありました。話を聴いても本を読んでいてもこの人は閃きの達人だと思った。

    昆虫&バッタ愛にあふれていて、ただ勇気を、ひたすら前向きにがんばろう!とかではなくて、信じることの大切さを(特に)子どもたちに教えてくれたような気がしました。夢も希望も大事だけど自分の好きなことを信じる=自分を信じる。あとがきのおにぎり一つのことについて“幸せのハードルが下がっただけで、こんなにもありがたみを感じるものなのか”…という文にブータン的なものを感じた。自然を相手にしていると様々なもののありがたみを実感するんだろう。便利になり過ぎると幸せのハードルもどんどん上がっていってしまうのかもしれない。バッタ奮闘記だけではない内容に驚きつつ感謝して生きることを改めて教えてもらったような気がしました。

  • 一人のバッタ博士がアフリカでバッタと、いや人生と格闘する話。
    本屋で偶然手に取り読んだ本だが、結果的に2017年上半期一番面白い本となった。

    新書にしては厚めだが、文章・言い回しが面白く、飽きずに笑いながらスイスイ読める。
    スイスイ読んでるうちに、サバクトビバッタの生態からモーリタニアの生活・文化、
    はたまた研究者の苦悩から東北弁の雑学まで、様々ものを垣間見ることができた。

    それだけで十分面白いのだが本書の魅力はそれだけではない。
    筆者はモーリタニア赴任後、いくつもの困難・苦難にぶつかるが、
    工夫と努力と忍耐をもってして、また多くの人との出会いと助けを得ることで、
    それらを乗り越えて成長していく。その姿に感動するし勇気を貰える。

    終盤の「孤独の不安は友やファンが打ち消し、無収入の心配は京都大学が葬り去った」は笑える言い回しなのだが、
    多くの苦悩を乗り越え成長した上で決戦を迎えるところで、不覚にもホロっときてしまった。笑。

    超おすすめの一冊です。バッタにもアフリカにも興味が無くても十分楽しめるはず。

  • 一本の映画を見終わった気分だ。

    この本を読み終わってから一番に浮かんだ感想が、これだ。
    中盤までは読んでいるのが辛かった。ポスドクで貯金もロクにないのに、給料を払いながら、研究しながら、たまには騙されて痛い目を見たり…。
    モーリタニアまで研究しに行って研究材料が全然取れなかったり。自然相手のフィールドワークにつきものの悩みに苛まれる姿に、読んでいるこちらが「大丈夫かな、生きて日本に帰れるかな」と心配になってしまった。
    しかし、中盤以降は怒涛の如く良い方向に事態が展開していく。
    今や掃いて捨てるほどいるポスドクの維持と根性が、運とチャンスを引き寄せたのだろう。
    とてもエキサイティングなポスドクエッセイ。

  • う~ん、図書館じゃ486(昆虫)に入ってるけど、自伝や仕事あるいは紀行のところに入れるのが正しいのかも。
    バッタのことも書かれてはいるけれど、どちらかというとポスドクが仕事を得るために悪戦苦闘するのがメインのように感じた。
    この頃理系の研究者も面白い文章を書ける人が増えて、良いことだとは思うが、『菌世界紀行』もそうだったけど、もっと研究自体のことについて知りたいのにな。それは前著を読めばいいのかもしれないけど、これが初めて読むこの著者の本という人が多いと思うので。個人的にはその点は残念だった。
    なるべく殺虫剤を使わず、生態を把握し、幼虫のうちに対応して、モーリタニアの緑を守るのが目的だったはず。その件はどうなったのか。
    本としては面白いし、著者の熱意も努力も伝わるし、優秀な人だとは思うけど、面白さに走り過ぎているように思う。
    この本に出てくる当時同じポスドクだった小松貴(『虫のすみか』『アリの巣のお客さん』など)、堀川大樹(『クマムシ博士の「最強生物」学講座』)の方が一般向けに書かれた研究紹介の本としては、ずっとためになったし、著者が師事した松浦健二の『シロアリ』は、私が読んだ一般向けの生き物に関する本の中でここ数年では一番素晴らしかったが、圧倒的にこの本より科学の本としては面白い。
    だから、冒頭に戻るが、科学の本ではなく、青春もの、国際交流ものとして評価したい。ポスドクの人には特に参考になる本だと思う。
    ここまでの情熱を持っているか?退路を断って捨て身の努力をしているか?あらゆるネットワークを駆使して自分を売り込んでいるか?と自分に問い、改めて仕事というものを考え直すきっかけになる。
    著者には、次回は松浦教授に並ぶような本を書いてほしい。
    もしこの文章を読まれた方は是非松浦健二の『シロアリ』(岩波科学ライブラリー)を読んでください。

  • 面白く読みました。日本の研究者(の卵)のかたがたの現状や、日本の国としての国際貢献の意義についても、示唆に富む内容でした。こういったテーマを気軽に手軽に興味深く読ませる良書だと思います。
    口煩くいえば、気軽に手軽に読ませようと意識しているためか、文章が軽すぎて途中で少し飽きてしまったり、笑わせようという努力が濃厚すぎてちょっと食傷気味になってしまったかな…。章のなかで細かくブロック分けされているのも、私の好みからするとやや細切れすぎて集中力が途切れそうになることたびたびでした。この辺りがネックで読了するまで時間がかかりました…。

    しかし、バッタに人生を懸けて夢に突き進む姿には感動しました。頼もしい。

    最終章にある、「憧れた人を超えていくのは」の一文、ここで不覚にも涙ぐみました。著者の今までの道を、この著書を読むことで追体験してきたこの道を、振り返ればこみあげるものがありました。そしてこれからの彼の道に思いを馳せ、もしかしたら私は、彼の読者たちは、日本のファーブルの誕生に立ち会っているのかもしれないと感じます。

  • ファーブルに憧れた少年だった筆者が,昆虫学者として活躍するようになるまでを描いたサクセスストーリー?です。
    研究者としてアフリカのモーリタニアに旅立った筆者。しかしそこでは,想像以上の困難と驚異が待ち受けていたのでした。

    ニコニコ学会βというやつが,まさに「野生の研究者」という言葉を編み出していますが,彼こそその名にふさわしい!
    個人的にバッタにはまったく興味がないし,虫は苦手だし,モーリタニアがどこにあるかもよくわからないのですが,それでもめちゃくちゃ引き込まれました。
    とてもわかりやすい文章,小ネタを挟みつつもバッタに対して,そして研究やフィールドワークに対してとても真摯な方であることが伝わってくるのが最大の魅力と言えましょうか。
    ただ派手なことをしているから有名になったというわけではなく,そこに真摯な目的があることがわかるから大勢のファンがいらっしゃるのだろうと思います。
    「夢を叶える最大の秘訣は,夢を語ること」(p.372),重みがあります。読み終わっても虫が好きにはなりませんでしたが笑,バッタ研究の進展を願っています!

  • 最高だった。最高だった!
    全体を通してコミカルでおちゃめな文章が素晴らしい。
    ストーリーを見ても、不運に見舞われる前半、苦労が報われる後半、ずっと支えてくれる周りの人々などなどよくできている。
    先へ進むにつれて盛り上がっていく構成は見事。
    自虐的で、謙虚で、情熱的で、情に熱い。著者のファンにならざるを得ない一冊です。

  • 評判高かったから棚から一掴み。まあ、アフリカのバッタ研究者の落書き的な読み物ですね。暇つぶしには良いが、もっと壮絶なバッタとの闘いを期待していたから肩透かしをくった。正確なタイトルは「バッタを倒しにアフリカに行ったが、バッタは殆どいなかったので、食っていくために本を書いた」

  • 驚いた、何気なく買った本がこんなに面白いものだったとは。
    世の中には、様々な自己啓発を主題とした書籍がありふれているが、
    本作品のような一人間の体験記も、自分を変えてくれるジャンルだなと思えた。

    この本では、バッタ博士の研究に向かう人生の模様が大きく描かれているため、
    バッタの研究に関してはそこまで詳しく述べられえていない。
    しかし、生態学に全く興味がない私でも、「こんな主体性にあふれたバッタ博士が書いた論文を読んでみたい!」と思うほどであった。

    正直、私はバリバリの読書家、というわけではない。
    そんな私でも我を忘れて読みふけてしまったバッタ博士の一冊に最高評価を送る。

  • 著者のバッタ愛とバッタ追跡物語。面白かった。
    博士課程・ポスドクの苦悩も描かれているが、とにかくフィールドワークをやろうと決心するところ、とにかく行ってみようやってみようと心を固めるあたりがすばらしい。論文を出さねば、社会的な死をこうむるという件、そのためバッタに出会えずバッタ依存の自分を嘆きながら、他の昆虫に浮気するあたりもご本人のタフが伺える気がする。所長の逸話である、5羽の鳥に対して弾丸が3発ある場合、何匹仕留めらるかの質問も、それに対する回答が1羽、なぜなら1発目で他の鳥が飛び立つから・・というのもデスクワークではわからない事・・という気付きがあったり、’目標とは生きていく上で生きていく上でなんと大切なんだろう’と気付きを得ながら、上記の別の昆虫に関する論文を投稿したり、またまたラマダンを仮体験してみた後に些細な事に感謝をするようになるといった、細かい著者の学びが染み入るようだった。

  • 次へ次へとグイグイ引き込まれ一気読み。圧倒的な筆力、と言うよりいつでも何処でも「笑い」を忘れないこの著者の人柄でに思わず感情移入し応援している自分がいた。

    「バッタに喰われたい」という夢を子供の頃からひたすら追いかけてきて実現の半歩前までやって来られた人生論、仕事論としても読めば非常に前向きになれる一冊。

    バッタって群れると見た目も中身も狂暴に変身するとは知らなかった。仮面ライダーは確かに変身する!!だからバッタなのか!
    バッタの生態もさながら、就職先の見つからないポスドクの生態も目の当たりにしハラハラドキドキ。
    またバッタを触り過ぎてバッタアレルギーになるこのマッチポンプも良かった。
    常軌を逸した愛と熱情が人類の歴史において科学を進化させてきたのである。一冊読むだけでその一端に触れられた気がした。

  • 面白く書けているけれど、文で書かれていないところで、非常に非常に努力しているんだろうなあ。バッタ知識なしでも読めます、読みやすく、面白く書いているので。バッタにせよ、モーリタニアにせよ、学術世界にせよ、知らない世界を、硬くならずに、少しでも知ることができ、読んで良かったと思う。バッタに関する熱意が強く伝わりました、前野さんの今後の活躍を期待!

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション!

    子供の頃かなりの昆虫好きだったので、いつも昆虫採集に勤しんでおりました。親戚の家の周りが田んぼだったので良くイナゴを捕りました。当然害虫だったので誰も咎める者は無くひたすら捕まえておりました。その頃と言えば仮面ライダー全盛期だったので、そのモデルとなったバッタ関係には多大なる親近感を持っておりました。その割には殺戮に次ぐ殺戮を繰り広げていたのは残酷な子供であったからでありましょう。
    この本の前野氏は、その子供の頃の昆虫好きを持続してとうとうアフリカで研究をするに至るのであります。
    研究者が次第に力を付けて地道に前に進んでいく冒険譚としてとっても面白いのですが、それ以前に文章がとっても面白くて、随所に笑どころが準備されつつも下品にならず、好感が持てる文章でとても読みやすかったです。
    さくっと読める軽い読み物だろうなと思っていましたが、なかなか読みごたえが有り、じっくりと時間を掛けて読みました。

  • 研究者の苦労や日常を面白く知ることができる。学術に接する文系サラリーマンは読むと役立つと思う。
    バッタ、昆虫が苦手でも読める。
    あと、この人自体が面白い人だと思う。

  • 新書らしからぬ表紙が気になっていた一冊。
    すごい。この人、頭おかしい(褒め言葉)。うらやましい、このバッタへの情熱。
    新書なのに、めちゃめちゃ面白かった。バスの中で読んでいて、途中笑いを堪えるのに必死だったところがある程に。
    昆虫は苦手な者として、所々出て来る写真に「うう…」となるのが難点だけど、それだけでこの本を避ける人がいたら、絶対もったいない!
    ただの面白本のようだけど、実際やってること、というか行動力はほんとにすごい。それをこれだけ面白い読み物に仕立て上げられるのもすごい。
    面白ポイントに付箋を貼って読んでたら、付箋が足りなくなったのだけど、以下その一部。
    =====
    もともとは微糖派だったが、朝飯初日、手元に砂糖がなかったのでブラックで飲んだところ、ティジャニが(中略)と尊敬のまなざしで私を拝んできた。なので、その日以降、大人の威厳を見せつけるために、コーヒーはブラックで飲むことにした。新しい環境に来たので、舐められてはいけない。
    =====
    私の怒りがティジャニに向く前に、すかさず怒りの矛先をネタ元の職員の男に向けた。やりおる。
    =====
    生まれて初めてバッタに愛想がつきた。先に裏切ったのはサバクトビバッタのほうだ。バッタの馬鹿!もう知らない!
    =====
    ファーブルの屋敷は、うっそうとした森に隣接した豪邸だった。(中略)いやぁ、ほんとに大きい。大きい。大きい。私はその大きさにだけしか感動できなかった。なぜなら、本日土曜日は休館日のため、外からしか見ることができないからだ。
    =====

  • 数千年に渡る蝗害が続く地域というのは単に対策にお金がかけられていないだけかと思っていたけど、そもそもバッタの生態も未だによくわかっていなかったとは。(蝗害の蝗はイナゴではなく実際はバッタを指すことは今回初めて知った)。
    そんなテーマに挑む為、単身モーリタニアに渡った一人のポスドクの回顧録。バッタの詳しい話は少なく、研究生活のあれやこれやが中心。話がとびとびだったり文章がやや稚拙だったりするが楽しく読めた。
    端から見るとそんなのも事前に予測できないのかというようなこともあるけれど、実際やってみないとわからないことも色々あるのだろう。

  • 今日本屋に行くと、表題の本が平積みされていた。

    蝗害とはどういうものなのかを知りたくて先日読んだバッタ本がチョイスミスだった(飛蝗の種類に関する本だった)こともあり、即購入!

    で、さっそく読んでみた・・・のだが、

    これは面白い!
    まず著者が面白い!

    バッタアレルギーなのになぜかバッタの研究者になったという著者の夢は、
    バッタに食べられること。

    意味わからない(いい意味で)!

    で、その夢をかなえるためにアフリカまで行ってしまうのだからまたすごい。

    バッタの話も面白いが、それ以上に普段関わりがないアフリカでの生活や食文化が知れるルポタージュとして面白い!

    挿絵が多く現地の様子がわかるのもよい。
    バッタが空を埋め尽くし、向かってくる写真は圧巻!

    内容はそんなに重くはないのでさらっと読めるので、気になった方は通勤通学の合間にでも読んでみてください。
    あなたの知らないバッタとアフリカの生活がそこにある。

  • バッタだらけ、ムシだらけだけど…まさかの茶色のヤツらまでがドサクサに紛れて登場したけど…爽快でした。面白かった。

    今どきの若者らしい(失礼!?)、ちょっと世間知らずな感じだったり、軽すぎるように感じられる表現はあるとしても、面白おかしくしているだけで、きっと根底には、研究者魂と知的好奇心と、そして使命感や情熱があるんだろうな、と伝わってくる。

    置かれた状況を受け入れること、それでもなにか手立てはないかと知恵を絞ること、人に対して謙虚であること、柔軟に時には諦めながらも根っこの部分では決して諦めないものをもつこと、人との出会いを大切にすること、などなど、何をするにも、世界のどこにいても、どんなジャンルでも、人間力が大事なんだなということが、すんなり入ってくる本でした。

    また、以前に関わった仕事で、ポスドクさんたちの厳しい就職事情について知る機会があったので、筆者がまるで朗らかに述べている研究者の人生設計の難しさには、素直に共感できるところもあって。

    後半、この本のような、研究外のことにチャレンジしている理由が書かれていました。研究者としてしっかり成長しようとしていることも。
    この部分を読んで、ほんとにいい研究者なんだろうなと思いました。まだまだ成長途上とのこと。彼の今後の活躍に、そしてアフリカをサバクトビバッタの被害から救う方策の大発見に、期待したいです。

  •  「バッタに食べられたい」

     常人には理解しがたい動機で研究の世界に入り、
     就職か研究者で生きるかの選択に迫られ、無収入のままアフリカに渡りバッタの研究に没頭する。

     なんだこの男は。
     こんな人種を世は許すのか。

     辿り着いたのは日本人が13人しかいないアフリカ西岸の小国、モーリタニア。
     アフリカは数年に一度、バッタの大量発生で農作物が荒らされ危機に陥る。
     バッタの研究はアフリカの食糧危機を救うことになるはずだ。
     しかしバッタは現れない。
     空を覆うほどのバッタはどこへ行ったのか。
     これでは研究できないではないか。

     奮闘するバッタ研究者と、それを支える周りの人々。
     たまにはゴミダマとか違う虫の研究もしてみたり。
     酒は飲めないが、ヤギごはんに手を突っ込む。

     夢と現実。
     どうやって両立させるのか。
     全身緑タイツのバッタ研究者がサハラ砂漠にバッタを求め走り回る。

  • 緑の全身タイツで、バッタの群れに身を捧げる姿はなんともシュール。

  • 光文社新書なのに、タイトルといい、「前野ウルド浩太郎」という著者名といい、表紙といい、怪しい感じ満載だが、本屋で手にとってパラパラと眺めているうちに、このまま置いて立ち去れない訴求力があり、思わず買ってしまった。
    読んでみると、これが面白い。ポスドクという不安定な立場で、将来を憂えながらも、昆虫学者を志した初心に立ち返って、モーリタニアでのフィールドワークに突き進んだ著者の熱さもそうだし、モーリタニアでの生活という未知の領域に関するレポートも、豊富な現地での写真も、どれもこれも面白い。発見あり、落胆あり、成功あり、失敗あり、とにかく波乱に富んだモーリタニアでの研究生活が活き活きと語られている。大発生したサバクトビバッタを追っての調査による成果が報告されていないのは残念だが、今後の論文発表の後に、また一般向けに解説があることを楽しみにしたい。

  • 昆虫に興味のある子ども・学生・昆虫に興味のない大人、夢を追うことを忘れがちなすべての日本人にお勧めする青春活劇エッセイ。人物や心理や昆虫の描写力はさくらももこ並みで抜群に面白い。
     そして行動力はまさにクレイジージャーニー

  • ポスドクの奮闘記。
    バッタ話を期待していたのは間違いで、それは別の本を選ぶべきでした。
    しかし、ネットではかなり問題になっているが今一つ状況がわかりにくかったポスドクの就活問題が、実感としてわかりおもしろかった。
    著者のバッタ愛、虫愛の記述を読むと嬉しいので、次回はもっと勝手にバッタ愛を存分に語って欲しい。

  • 〉バッタとイナゴは相変異を示す(大量発生する)か示さないかで区別されている。相変異を示すものがバッタ(Locust)、示さないものがイナゴ(Grasshopper)と呼ばれる。日本では、オンブバッタやショウリョウバッタなどと呼ばれるが、厳密にはイナゴの仲間である。

    〉現実のオアシスは(中略)ドス黒く濁った水を茶色の泥が囲み、そのほとりは、水を飲みに来た動物たちの足跡だらけの糞だらけで、とにかくクサイ。こんなところで薄着の女が騒いでいたら、何かの儀式に違いなく、早急にその場から撤退しないと呪われかねない。


    バッタが好きすぎてバッタに食われることを夢見、そのまま育ってバッタの研究者になったはいいが、研究者として食っていくにはあまりにもニッチすぎるため紆余曲折の末にアフリカでバッタの研究をすることになった、ある数奇な(人生の)男のエッセイ。ミドルネームはモーリタニアで拝領した栄誉ある名前だ。

    まず境遇が面白いうえに文章が面白い。
    さらにアフリカモーリタニアでの生活すべてが面白いので、この本は大変面白いものになっている。
    そのうえバッタに詳しくなれる。
    たいへんお得感溢れる新書本である。

    日本では今、研究者として生きていくのがとても難しい。
    政治家が大学を職業訓練学校と勘違いしたり、ノーベル賞を取れる研究に金を集めるとか言い出したり、大学経営に商売の理屈を持ち込んだりしているせいである。目先の金しか見ないで結局国力はだだ下がり中だ。

    前野氏の研究者的成功を応援する。

  • 学者って大変だ。。。
    論文書くだけでなく、営業から予算どりから雑用まで全てやらんといかんもんね。
    こんな大変なことばかりだけど、最後はやっぱり意志だと思った。

全122件中 1 - 25件を表示

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)に関連する談話室の質問

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)のKindle版

ツイートする