夜の終りに (カッパ・ノベルス)

  • 15人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 光文社 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334072469

夜の終りに (カッパ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「著者の言葉」より「「夜に迷って」」から三年後の物語である。 思いがけない出来事から、過程が崩れていった前作をのりこえて、強く成長した娘・有貴を中心に、すべてを精算するときがやってきたときの、様々な人間模様を描いてある。この二作品の主題は人の「弱さ」だと言っていい。「弱さ」にこそ人間らしさが現れる。弱いからこそ人は愛を信じようとする。ー様々な弱さのどこかに、読者が自分自身を見いだしてくださるように祈っている。」 特に男性の弱さが描かれている。女性は比較的強め。

全1件中 1 - 1件を表示

赤川次郎の作品

夜の終りに (カッパ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする