都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)

  • 51人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 光文社 (1988年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334707507

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2000.4.5 初版55刷 667
    盲目のマッサージ師が、白昼都電の車内で毒殺された。毒物はカプセルに詰められた砒素。疑いは、薬剤師である彼の美しい若妻に向けられた。たまたま現場に居合わせた雑誌記者、青木亜木子は、「あの献身的な人妻に、夫を殺せるはずがない」と直感、犯人捜しをはじめた……。青森から宮崎まで日本中を舞台に、トラベル・ミステリーの第一人者が贈る傑作連作推理。

  • 青木亜木子という女性が主人公でストーリを展開していくのが新鮮!

  • 雑誌記者 青木亜木子の短篇推理小説。
    十津川警部が出て来る回もある。

    四国のお遍路の物語が一番興味深かった。

    できれば,もっとたくさん青木亜木子ものがあると嬉しい。

  • 祇園の女 (宗美智子)
    白樺心中行(宗美智子)

全4件中 1 - 4件を表示

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)はこんな本です

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都電荒川線殺人事件 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする