最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)

  • 43人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 光文社 (1989年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334709822

最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編3話。いずれも鉄道短編。

    標題(収蔵単行本)
    最果てのブルートレイン(十津川警部捜査行 北の事件簿,北海道殺人ガイド 十津川警部捜査行,十津川警部捜査行 カシオペアスイートの客 
    余部橋梁310メートルの死
    愛と死の飯田線(十津川警部捜査行 東海特急殺しのダイヤ)

    「最果てのブルートレイン」は,物悲しい。
    「愛と死の飯田線」はちょっと理解不能。

  • 2000.4.5 33刷 514
    「私を助けて!」稚内行きの下り急行「天北」の車中で、隣席の若い女性が矢代に救いを求めてきた。突然女は別の車両へ。追う矢代。妨害する謎の男。そしてなんと女は上りの「天北」で殺されていた。莫大な遺産を相続したまま……。さらに、殺人事件の真相を追う矢代はまた、警視庁十津川警部に追われる身でもあったのだ!?トラベル・ミステリーの粋を収録した傑作集。
    最果てのブルートレイン・余部橋梁310メートルの死・愛と死の飯田線

全2件中 1 - 2件を表示

最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)はこんな本です

最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最果てのブルートレイン―急行「天北」殺人事件 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする