ダイヤル7をまわす時 (光文社文庫)

  • 18人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 泡坂妻夫
  • 光文社 (1990年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334711283

ダイヤル7をまわす時 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『可愛い動機』が一番面白かった。殺人よりも人に知られたくない動機。それを隠すために、殺人犯として警察に捕まる主人公。他愛も無い動機なのに、それはどうしてもどうしても主人公には辛い事実であるという、人それぞれの考え生き方があるもんだと思う作品

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/1805020.html)
    (収録作品)可愛い動機/飛んでくる声/ダイヤル7/会津の切符/広重好み/青泉さん/芍薬に孔雀

  • 粒ぞろいの七編。こりゃお買い得。ノンシリーズの泡坂妻夫は読んだことがなく、古本市で、3冊購入(1冊50円!)。あとの2冊は何だかなでした。

  • 『奇妙な味』の短編が目白押し。
    導入から驚きの結末まで著者が奇術師だけあって本を閉じることが出来ません。
    <br>図書館の文庫コーナーで借りました。

全4件中 1 - 4件を表示

ダイヤル7をまわす時 (光文社文庫)のその他の作品

泡坂妻夫の作品

ダイヤル7をまわす時 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする