新戦争論―“平和主義者”が戦争を起こす (光文社文庫)

  • 26人登録
  • 4.67評価
    • (5)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小室直樹
  • 光文社 (1990年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334711979

新戦争論―“平和主義者”が戦争を起こす (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 複数の国家が連合する大きな戦争の原因は地球の寒冷化にあると私は考える。この環境史に基づくスケールを超える視点はまだ出てきていない。具体的には食糧とエネルギーを巡る争いであると見なすことができよう。21世紀になった今日においても尚、アメリカの国防戦略は原油を中心に構築されている。中東はその犠牲者である。
    http://sessendo.blogspot.jp/2016/04/blog-post_5.html

  • 帆布が初めて感化された書籍。
    いわゆる平和主義者に胡散臭さを感じていたが,初めて論理的に展開してくれ,目から鱗が落ちる気がした。

全2件中 1 - 2件を表示

小室直樹の作品

新戦争論―“平和主義者”が戦争を起こす (光文社文庫)はこんな本です

新戦争論―“平和主義者”が戦争を起こす (光文社文庫)の新書

ツイートする