11文字の殺人 (光文社文庫)

  • 4381人登録
  • 2.99評価
    • (55)
    • (237)
    • (1026)
    • (253)
    • (52)
  • 374レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (1990年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334712549

11文字の殺人 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東野圭吾の初期作品。

    話の展開が、ミステリー小説の基本そのものと言った感じで
    読みやすいし、内容もまずまず。

    ただ、竹本が金井を助ける報酬に
    志津子の体を要求したという所が残念。
    もっと他の要求にできなかったのかなぁ・・・

    そして『由美は絶対に目が見えている』
    と思っていたのは、私だけじゃないはずです(苦笑)

    タイトルが『11文字の殺人』というのも
    なんだかイマイチ感が抜け切れません。
    もっといいタイトルがありそうなもんですが・・・

    東野圭吾作品に対するハードルが
    かなり高くなっているせいか
    今後も記憶に残る作品とは言い難いかな?

  • サスペンスドラマのようでとても読みやすい作品でした。でも、主人公の行動には違和感を感じることが多かったかな。部屋に侵入されたら怖いし鍵は変えるでしょ。危機感や恐怖感が希薄な様子が少し気になりました。

  • 出てくる人がみんな怪しいです。

    どこか外国の推理小説を思わせるような内容です。
    個人的な意見ですが。

    ドキドキしながら読みました。

  • 何年も前の小説とは思えなかった。
    ただ、読後感はあまり良くない。

  •  作者名とタイトルで読んでみた。
     が、11文字がなかなか出てこない……。これが一番ドキドキした。展開と結末については「あー。なるほど」という感じ。
     個人的には、この結末なら犯人のモノローグはいらないかな、と思う。

  • 「狙われている」そう言っていた恋人が殺された。
    なぜ彼が殺されなければいけなかったのか。
    彼の遺品から盗まれた物は一体何だったのか。
    編集者である親友とともに、事件の真相を追い求める主人公。
    そんな彼女たちの行動を読むかのように、また一人、また一人と殺されていく。


    『無人島より殺意をこめて』

    ストーリーの合間にモノローグがあり、犯人の心情が書かれています。
    憎しみに溢れ、復讐に燃える心。

    それによりストーリーが締まっていて、緊張感や恐怖感を覚えました…。
    こんな気分で本を読んだのは久しぶりかも。

    もし自分だったら…

    そんなことも考えさせられた一冊でした。

  • とても読みやすく、そのまま終わってしまった…という印象。
    犯人の目的が復讐というのはよくある動機だけど、どうしても被害者が要求した代償は理解できないな…それを許せる恋人も。

  • さくさく軽い1冊。
    東野作品の中ではいろいろ中途半端な印象。テレビドラマは基本見ないけど、多分これは軽いテレビドラマみたいなのかなと^^;。
    読みやすさは素晴らしい。

  • 著者の初期作品だが、読者が真犯人を想起できるような単純な作りにはしていない。女性推理作家が殺人事件の関係者となり、真相究明のために動き出す。恐らく初めの事件で警察に言っても取り合ってもらえないようなリアリティがある。加賀恭一郎シリーズとは違う展開が新鮮に思える。そして、宮部みゆき氏の約30年前の解説はガリレオシリーズを予告する。なかなかに面白い!

全374件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

11文字の殺人 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

11文字の殺人 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

11文字の殺人 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

11文字の殺人 (光文社文庫)の作品紹介

「気が小さいのさ」あたしが覚えている彼の最後の言葉だ。あたしの恋人が殺された。彼は最近「狙われている」と怯えていた。そして、彼の遺品の中から、大切な資料が盗まれた。女流推理作家のあたしは、編集者の冬子とともに真相を追う。しかし彼を接点に、次々と人が殺されて…。サスペンス溢れる本格推理力作。

11文字の殺人 (光文社文庫)の新書

ツイートする