犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)

  • 3311人登録
  • 3.24評価
    • (80)
    • (234)
    • (700)
    • (103)
    • (12)
  • 283レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (1994年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334718268

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて買った東野圭吾さんの短編集がこれでした。
    だからどのお話も印象に残っています。中でも特に
    「小さな故意の物語」と「踊り子」が好きです。

    小さな故意の物語は、タイトルが好きです。お洒落な感じ。
    モテる女の子も大変なんですね。

    踊り子のラストは衝撃的。孝志くんが真相を知らないままでいる
    ことを祈るばかりです……。

    まさにどの作品も『犯人のいない殺人の夜』なのです。

  • 短編集。
    いずれも終わりは爽やかではないが、とにかくサクサク読めた。
    小さな故意の物語、さよならコーチが印象的な作品でした。

  • 踊り子が切ない。知らずに人を傷つける。

  • 短編集。
    殺人なわけじゃないものの謎解きも有り。
    不思議〜と思うもの多し。

  • 短編集。話によっては、やるせない気持ちになる。故意ではない、悪意ない殺人。切ない。

  • 【あらすじ】
    親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる…。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描いた表題作。人間心理のドラマと、ミステリーの醍醐味を味わう傑作七編。

    【感想】

  • この前までドラマになってた作品なので読んでみた。小さな故意の物語がドラマの方が面白かったきがする。
    それ以外は本の方が楽しかった

  •  単に、事件が起こって探偵役がそれを謎解きする、ていうスタイルでなく、実は事件が起きていたとか、そこに殺意があったとか、そんな感じのお話で、ちょっとしたどんでん返しもあるし、読み応えがあった。

     思ったより古い作品ばっかで、そうと知ったのが読み終わった後だったから、ビックリした。
     古さを感じなかった。

  • 1985年から88年までの東野さんの短編集。この頃は東野さんはこういう作風だったんですね。今とは違う。印象に残ったのは「踊り子」と「さよならコーチ」。「踊り子」は夜の体育館で新体操の練習に励む女子に恋する男の子の話だけど、その男の子の行動が皮肉な結果になるのが哀しい。「さよならコーチ」は死んだ女性の性格や行動、死に方が怖かった。さらさらと読める面白い本でした。

  • 2017.04.15

全283件中 1 - 10件を表示

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)のその他の作品

犯人のいない殺人の夜 単行本 犯人のいない殺人の夜 東野圭吾

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)に関連する談話室の質問

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

犯人のいない殺人の夜 (光文社文庫)の作品紹介

親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし…。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった。でも犯人はいる…。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描いた表題作。人間心理のドラマと、ミステリーの醍醐味を味わう傑作七編。

ツイートする