九つの殺人メルヘン (光文社文庫)

  • 364人登録
  • 3.34評価
    • (16)
    • (55)
    • (86)
    • (13)
    • (7)
  • 65レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 光文社 (2004年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334736934

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 場末の日本酒バーに集まった厄年のおじさん三人。そこに毎週決まった時間に現れる美人女子大生・桜川東子。東子は三人の話を聞くだけで、童話をヒントにしながら事件を解いてしまう安楽椅子探偵。
    9つの童話をモチーフに9つの短編が収められていますが、話のうち1/3は昭和の歌謡曲や文化の蘊蓄をおっさんが語り合うシーンで埋められる。残り1/3でモチーフになっている童話の裏設定。最後に残った部分に推理要素が詰め込んである感じ。
    倉橋由美子さんの有名な本かしら…という箇所が見受けられ、ニヤっとした。
    タイトルに童話が使われているので犯人はそれで明示されている。だけど犯人にはアリバイがあるので、それを突き崩すのが推理のメイン。

    ・ヘンゼルとグレーテル
    とても単純なトリック。犯人が高校生だけに納得。

    ・赤ずきん
    おまえは関口くん(百鬼夜行シリーズ)か!!

    ・ブレーメンの音楽隊
    話の筋そのものより、モチーフになったブレーメンの音楽隊で、動物たちがブレーメンに辿り着いてない理由の方がゾッとした。
    (動物たちは辿り着く前に死んでおり、泥棒撃退後の楽しい生活は走馬燈)

    ・シンデレラ
    アリバイを崩したと言うより、遺体の移動の謎を解いた感じ。良くあるトリックだけどアリバイ崩しの方に注目してると真相が見えない。

    ・白雪姫
    近親相姦という、一番いやな殺人動機。

    ・長靴をはいた猫
    アナログ時計を見て、本当に長針の下に短針が来てるか確認した人~ノシ

    ・いばら姫
    この話の中で語られてたいばら姫の解釈は、童話素人の私でも知ってたくらい超有名だけど、確立された理論なのかな。
    電話で心中をそそのかしても罪に問えるか苦しい気はする。

    ・狼と七匹の子ヤギ
    そう言えばこの話に父親が出てきませんな…。狼がまさに隠語だったとは…。

    ・小人の靴屋
    靴屋さんが貧乏に陥ったのが怠惰だったからと言い切る切なさ……。
    この話は続刊があるらしいけど、窃盗団野放しなの…?!

  • 2017年5月16日(火)読了

  • 桜川さんが謎のまま。
    ラストが毎回一緒だけど、ねずみの件がよく解らないのだけど。。。
    でも読みやすかった。

  • 超多作で多彩な人だが、デビュー作『邪馬台国はどこですか?』から入った者にとっては、このシリーズが正統、この人の作風の基本イメージ。うんちくだけじゃなく本格魂もある。

  • いつもの無理矢理ミステリ。童話と絡めてるとこもおもしろいし多少の無理は笑い飛ばせるけど、とにかくネタが古い(;_;)わからない…。
    鯨統一郎短編作品全体に言えることかもしれないけど、著者と同世代の人がお酒でも飲みながら気楽に読む分にはすごくいいんだろうなあ。お父さんの本棚からこっそり抜いてきた本だから仕方ないか。

  • 探偵役の女子大生・桜川東子が未解決事件をメルヘンに例えて真相を導き出すという安楽椅子探偵ものです。
    本題に入るまでは、世代が合わないおじさんらの思い出話に全くついていけず苦痛でした。
    メルヘンの解釈は面白く感心しましたが、話が進むにつれ、こじつけが強引になっている気がしました。
    ラストのサプライズは、それまでの雰囲気が壊されたような感じで個人的には要らない仕掛けだと思いました。

  • 20140127
    日本酒バー、トリビアのような薀蓄、グリム童話の新解釈、密室の謎解きとアリバイ崩しで事件の解決、がそれぞれに散りばめられた軽めのミステリ。
    サクサク読めて面白かった。
    冒頭での薀蓄雑談が謎解決の糸口だったりして、なかなかどうして侮れない感じ。

    ヘンゼルとグレーテル
    赤ずきん
    ブレーメンの音楽隊
    シンデレラ
    白雪姫
    長靴をはいた猫
    いばら姫
    狼と七匹の子ヤギ
    小人の靴屋

  • 日本酒が飲みたくなる。
    でもミステリーとしてはなんだか底が浅いような。。。

    厄年トリオの話についていける自分がちょっと悲しかった。

  • メルヘンとかけあわせたミステリー。童話の奥深い意味合いには『ほほぅ』と思ったりもして惹かれたしスイスイと読めたけれど、特に驚きの謎があるという訳ではなく…他の方のレビューにもある通り、トリビア的な要素はまあまあ面白いのだけど…ゆるいミステリーが好きな方には向いている気がした。

  • かなり前に読んだので、ほとんど内容を覚えていない。
    最近、シリーズ2作目を読んだが、こんなんだったっけ、と思って読んだ。
    現在、現物は手元に置いてない。たぶん引っ越しの際に売ったと思われる。

  • 酔っ払ったおじちゃんの情景が浮かんでくるようで飽きれる(褒めてます)。バーに行ったことないけど、行ってみたくなった。

  • さくさく読めた。
    三人のトリビア話が面白いものばかり。

  • 事件は日本酒バーで解決される!ってな感じ?
    登場人物はたった4人。
    バーのマスターと、店の常連である刑事の工藤と犯罪心理学者の山内。
    そして毎週金曜日の夜にやってくる桜川東子(はるこ)。
    メルヘンを専攻しているお嬢様女子大生である。

    日本酒バーで、薀蓄というよりはプチ雑学で盛り上がり
    そこから解決できていない事件の話へとスライドしていって
    その話を聞いている東子が事件を推理する。
    グリム童話の新解釈とプチ雑学が披露され、事件の登場人物や
    関係者の行動を当てはめて犯人をあぶり出す。
    毎回同じようなシチュエーションで話が始まり終わるのだが
    9つ目のお話では、それまでの話が手がかりになる。
    これは予想外でした。
    プチ雑学が本当に楽しくて日本酒が飲みたくなります。

  • バーでの短編シリーズ好き。
    ついついページを繰る手が止まらなくなる。

    いろんな視点で物語をみているのが新鮮。

  • メルヘン!
    たのしかった。

  • 短編だけあって読みやすい。
    毎回、登場人物が語り合う昔懐かしの話は、世代の人だったらおもしろいんだろうなぁ。
    トリックがちょっと無謀な物が多くて、がっかり。
    一度読めば十分な小説。

  • 彼女がワイングラスの日本酒を呷ると、確実なはずのアリバイが崩れ出す!渋谷区にある日本酒バー。金曜日にあらわれる日本酒好きの女子大生・桜川東子が、常連の工藤と山内、そしてマスターの“厄年トリオ”と推理する9つの事件。グリム童話の新解釈になぞらえて解き明かされる事件の真相とは!?

    <収録作品>
    ヘンゼルとグレーテルの秘密*赤ずきんの秘密*ブレーメンの音楽隊の秘密*シンデレラの秘密*白雪姫の秘密*長靴をはいた猫の秘密*いばら姫の秘密*狼と七匹の子ヤギの秘密*小人の靴屋の秘密

  • トリックよりもメルヘン談義のほうに目が行ってしまうのですが、それはそういうものと思って読めばいいか。解説を読めば最終話が、パターンとしてあのようにオチなければならなかったことは理解できるし、仕方ないとは思うのですが、もう少し捻ったオチにならないものか。ちょっと理由付けがイマイチで推理に納得できなかった(または、トリックに納得できなかった)ため、☆マイナス1。

  • グリム童話を解き明かしつつ、推理する女子大生の話。
    グリム童話の解釈も面白く、それを推理に絡めた所が良かった。
    最後の落ちはちょっと意外だった。

  • 厄年トリオ+お酒に滅法強い桜川さんのシリーズ1作目。3作目からさかのぼって読んだのだが、トリック解明・アリバイ崩しについては最新作になればなるほどこなれている印象。
    という結論で、1作目である本作が一番評価としては低くなるかと思いきや、最後に意外なことが。読み進めても、まさかそんな、と思っていたが、あらあらまあまあ。
    2作目以降でも1作目のラストについては触れていないので、どの作品から読んでも楽しめる。

  • なんだよ~!おもしろいじゃん!!最近読んだ「ちょっと探偵してみませんか」と、なんかジャンルかぶってるけど、コッチのほうが全然良い。

    同じ事件そのものは聞いただけ、そっかの推理話なんだけど、トリックの解明だけじゃなくて、ちゃんとストーリーあるし、なにより会話のテンポが超良い!
    トリックそのものも、ま、ラストらへんはちょっと現実味薄かったり千里眼が万里眼になってたりしたけど、それ以外はよく作りこんでる感有り。
    最後の泥棒オチが必要だったかは別として、各話もホエーとつながってて、1冊の本としても続けて楽しめるし。

    それでもやっぱりこの本の一番の強みは会話のテンポとその面白さ。
    厄年トリオが喋るだけの一冊を本を出して欲しいくらいうける。
    20年ほど年の差があるので確かにネタは100%わかんないけど、それでもテンポだけで楽しめちゃう。伊坂的。

    もう一冊読んでみたい作者。

  • この本の中で、トリックが名探偵コナンとかぶるのが二話あるんだけど・・・
    偶然なのかなぁ~

    それはさておき、今回の推理前おしゃべりは、ちょっと年代的にわからないことが多くて残念だったなぁ。あと9話がこんなことになる必要性があったのかな~と意外でした。

    けど軽い気持ちでくすっと笑いながら読めるので☆3つです。

全65件中 1 - 25件を表示

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)に関連する談話室の質問

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)のKindle版

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)の新書

ツイートする