密室の鍵貸します (光文社文庫)

  • 2233人登録
  • 3.29評価
    • (67)
    • (243)
    • (433)
    • (90)
    • (19)
  • 270レビュー
著者 : 東川篤哉
  • 光文社 (2006年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334740207

密室の鍵貸します (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  話が少しギャグっぽいところは、東川篤哉の烏賊川市シリーズの特徴かも。
     
     話は、映画会社に就職が決まった大学4年の主人公が、恋人に振られるところから始まる。その恋人はマンションの自室で何者かに殺され、投身自殺を装って窓から死体を遺棄される。
     その事件が起きているころ、主人公は先輩の家で映画を見て、酒をのみ、気付けば風呂に入りに行った先輩が出てこないので、様子を見に行くと、その先輩が刺されて死んでいるのを。先輩の家は鍵がすべてしまっており、密室で、さらには夜通し外でバイクの修理をしていた大家の女性の証言もあって、二重の密室だったことがわかる。
     はたして元カノを殺したのは誰か、先輩を殺したのは誰か。
     とりあえず、あれこれ文句ばかりで自分の立場が見えてない主人公は微妙。
     

  • 「謎解きはディナーの後で」が有名な作家のデビュー作。

    ライトミステリーという感じの軽い感じで読みやすいのだがなんだかもうひとつ物足りない。

    「謎解きは~」の時もそうだったがいまいち好みの作家でははないのかもしれないなあ。

    読みやすくていいんだけどストーリの練り方があと一歩という感じ。

  • 面白くないわけではないけれど…読み進めるのに時間がかかった…。

  • 烏賊川市≒いかがわしいというシャレの架空の市を舞台にした軽いミステリ。密室トリックはなかなか楽しめた。警察と巻き込まれた容疑者がキャラもよく、2つの視点を利用することでテンポよく展開した。

  • ベストセラーのシリーズが肌に合わなかったので避けていたのだが、このシリーズは問題無く軽く読める。ユーモア本格ミステリ、確かに、赤川次郎から軽い作風の奥底に蠢く闇を取り除いたような、あっけらかんとした軽さ。6.5

  • 烏賊川市シリーズの第一弾。
    今までタイミングが悪く書店に置いてなかった作品。
    まさか鵜飼探偵と後の助手である流平がそんな間柄だったとはと驚き半分、探偵の影の薄さにもう半分。
    このときはまだ鵜飼さんのキャラは固まってなかった印象。
    つまらなくはないけど、ユーモアミステリーらしさがあるかと言えば、また首を傾げたくなるような。

  • 最近集中的に読んでいる東川篤哉氏の「烏賊川市シリーズ」の第1弾。事件の過程における説明が長く、解決の手段がちょっとアッサリしすぎていると思うが、自分としてはその点はあまり気にならず面白く読むことができた。シリーズ化されているので他のシリーズも図書館で探して読んでいきたいと思う。感想はこんなところです。

  • 話題の作家のほんなので手にとってみましたがかっかりした。展開や謎解きが突飛すぎるので、複雑(?)なトリックも底が浅く感じる。中学生向けなのかな。

  • 軽いノリのミステリー。
    本格派なんだろうけど、語り口が軽くて、あっさり読めます。
    初心者にはいいんでは。
    私は何故か時間がかかりました。

  • 東川篤哉のデビュー長編。
    ドラマを先に見ていたのでトリックも犯人も分かっていたけれど、複数の視点で話を進めることについていちいち断りをいれるとことか、細かいネタがたくさん散りばめられていて楽しく読めた。

  • 軽いミステリー小説でテンポ良く進みます。

  • 烏賊川市シリーズ1作目。
    『完全犯罪に猫は何匹必要か?』『交換殺人には向かない夜』は既読。
    十乗寺さくらは登場してないし、二宮朱美の出番は少ないので、ノリがいまいちな印象。
    しっかりと本格ミステリーはしてる。

  • さらっと読めた。犯人とおおよそのトリックは序盤から予想しやすい。
    テンポよく読めるので移動とかにおすすめ。

  • 東川篤哉のデビュー作。『謎解き〜』で東川作品デビューし、つまらん…と思ってしまったクチなんだけど、これは結構良かったと思う。ユーモアミステリーとして、デビュー作としてはかなりいいんじゃないかなぁ。トリックは無理矢理感もあるけど、意外にも本格派。ミステリー初心者にも親しみやすい感じかな。『謎解き〜』でガッカリした人にも読んでほしい作品。2012/509

  • 限りなく普通に近い普通。色々と無理なところがあったと思う

  • 二つの殺人事件の第一容疑者となった主人公。
    どうやって容疑を晴らすのか、面白さを交えたミステリー小説。

    最後のオチが微妙だけど、さらりと読めた。

  • 先輩の家でビデオ鑑賞中に元彼女が墜落死し、先輩もお風呂場で刺されて死んでいた。
    主人公の運命やいかに。
    探偵役は元親戚のヘボ私立探偵。

    東川篤哉のデビュー作だとか。

    言動がわざとらしかったりと、ある程度想像はつくけれど、真犯人?は意外な人物…。
    ところどころちゃんと伏線も張られているので、そういえばと後からでも気付ける。
    探偵役がヘボ探偵かと思いきや根本的には合っていたので意外だった。

    語り手の言い回しやいちいち余計なことにまで言及するのが好き嫌い分れそう。
    途中で慣れたけれど、メタ発言が多すぎて鼻について好きになれなかった。

    最大の落ちは、まさにアーッ!
    知らない方が幸せなこともある。
    最初に隠蔽したのがそもそもの間違いだけれど、可哀想な主人公…。

  • 昔、借りて読んだけど、文庫を手に入れたってことで再読。ユーモアミステリだけど、笑えるだけじゃなく本格してるところ好感。

  • テンポが良くて楽しく読める!!
    「謎解き~」みたいな面白さ♪
    烏賊川市住みたいなあ

  • 烏賊川シリーズ第一弾。相変わらずサクサク読めた。ただし、トリックが偶然?によるもの。動機が・・・うーん。謎解きも普通思いつかないだろう。

  • 明らかに自分が犯人だと疑われている緊張感がよかった。
    しかし、最後の犯人の動機が…。
    ある意味、感動的だけど、なんとなく拍子抜けな気もする。

    この作者が読書に語りかける感じの独特な書き方は慣れないなぁ。

  • ユーモアミステリーということだが、かなり強引な犯人設定で興醒め。テンポがややだるく、感じられる。

  • やっぱりこの人の著作のタイトルは面白い。
    そしてハイテンション。
    でも肝心のミステリの部分は意外と本格な推理モノ。

    なかなか面白かったんだけど、相変わらずこのハイテンションなノリがちょっと気恥ずかしいというかシラけるというか。
    主人公の元義理の兄の探偵はともかく、二人の刑事の軽快なやりとりに特に違和感。

全270件中 1 - 25件を表示

密室の鍵貸します (光文社文庫)に関連する談話室の質問

密室の鍵貸します (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

密室の鍵貸します (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密室の鍵貸します (光文社文庫)のKindle版

ツイートする