思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

  • 4487人登録
  • 3.59評価
    • (271)
    • (525)
    • (704)
    • (83)
    • (20)
  • 501レビュー
著者 : 江國香織
  • 光文社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334742621

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • DVもひどいと思ったけど、
    父親がする荷物検査って、気持ち悪い。
    オトコたちの「これが正しい」という価値観に左右されず、
    オンナが自分で納得する道を突き進める、
    そんな世の中になるといいなぁ、と心から思う。
    思いわずらうことなく愉しく生きよ、世の中の女性たち。

  • 私はどのタイプだろうか…
    どの女性にも共感できる部分あり。

  • のびやかに生きる姉妹3人のものがたり。

  • 読んでいて、「流しのしたの骨」もそうだけど、江國さんの描く姉妹は好きだなって思った。三人とも問題を抱えていて、それぞれ少し変わっているけど、みんなまじめで、のびやかで、すこやか。父親が姉妹の荷物検査をするのは嫌だけど、家庭によって家族の当たり前とかルールが違うからよその暮らしが垣間見える家族小説は面白い。犬山家の家訓も三姉妹にぴったりでいい。「思いわずらうことなく愉しく生きよ」

  • 個人的には何度か再読したぐらい江國香織さんにハマるきっかけになった小説。「恋愛は感情で始まるものかもしれないけど、意志がなくちゃ続けられない」という言葉がたまらなく好きです。

  • タイトルがいいんだよな!内容はそこまで好きでもない

  • 他人に媚びることなく、のびやかに生きる三姉妹のお話。
    はたから見てふつうじゃないのに、何だかスカッとする。
    その潔さに思わずくすっと笑ってしまう。なんて気持ちがいいんだろうと。

    まさに題名のとおり、思いわづらうことなく、だ。
    私もやはり、小説に助けられて生きている。

  • 育子には、それが感情からでた行為ではなく意志による行為だとわかっていた。だからこそ、安心して受け入れることができる。

  • 江國香織さんの本は正直得意ではなかったけれど、タイトルに惹かれたのと、三姉妹の話ということで思わず手にとってしまった。

    三姉妹のうち、私はどの人に似てるんだろう?と考えずにはいられない。特に女性なら考えるのでは?

    理想を求めて、真面目すぎた余り自分を忘れてしまった長女。
    愛し、愛されつつ、自分の中の「正」と周りのズレに生きづらさを感じる次女。
    本当は一番のロマンチストなのにも関わらず、現実の悟りが早すぎてしまった三女。

    我が家の三姉妹とは全然違うのに、三姉妹という独特な世界の共通項はしっかりと押さえている気がする。
    どのキャラクターにも自分は全然似ていないけれど、一番共感できたのもやっぱり次女。

    姉妹、そして女性特有の繋がり(sisterhoodという言葉が一番しっくりくる)を描きつつ、それだけでは埋めることができない男性との関係を女性の弱さと一緒に描いていた作品だと思う。

    女性は気持ち良いほど潔いのに、なんとも弱っちくて面倒だ。

  • 三姉妹の三様の生き方と男女のかかわり方と其のかたちの移ろいを綴った作品。三姉妹の強い結束が心強くほほえましい。長女麻子の暴力夫との生活、治子の奔放な恋愛、育子の風変わりな思考と恣意的な行動の話しにひきこまれ一気に読み進められた。
    読み終わった後に女とはしたたかで不可解な生き物であると思わずにはいられなくなる。

  • タイトルに惹かれて購入。
    さすが江國さん。三姉妹のそれぞれの性格ごとに恋愛観があって、でも根本的にタイトルと同じ家訓のところからぶれてない生き方。

    姉妹それぞれに歪んでると思えることがあるけど、人との付き合い方に平均って無いから、
    この考え方はおかしいって断じることができないのが、人間の複雑さだよなぁって思う。
    彼女たちは自分達を波乱万丈な生き方をしてるとは思ってなくて、それがまた彼女たちのタフさを物語っているように感じた。楽しん(愉しむ?)だもの勝ちとはよく言ったものだ。

    白黒はっきりつけたがる私は、長女のDV夫への考え方が全く理解できないけど、でもこういう人っている。そして昔迷惑かけられたから読んでるとイライラするのかもしれない。
    まだまだ成長の余地あり。

  • タイトルが好き。
    こういう事って自分だけじゃないんだ、ってこの本を読んで気持ちが楽になった。

  • 個性豊かな犬山家の三姉妹

    長女 麻子は、DVに悩んでいながら夫と別れることが出来ないでいる
    次女 治子 外資系企業で働くキャリアウーマン
    三女 育子 恋愛関係を気づくことが出来ずすぐに肉体関係を結んでしまう

    三姉妹の内2人が、性に奔放で共感できないけれど
    麻子が、妹たちが夫から離れれるように進言しても
    いつまでも、ずるずると居続けててしまうには
    一番リアリティーがあった。
    同じ家で育っても、一つとして同じ
    生き方は無いということ。
    そして、大人になったら子供の時より明確に
    違う道を歩んでいるということが分かるようになる。
    「思いわずらうことなく愉しく生きよ」の
    犬丸家の家訓は、それぞれ三姉妹に形は違っても
    しっかり根付いていそう。
    「愉しい」は、心にわだかまりが無いということだから。

  • 学生の頃に読んだ本。読み返したくなり再読。
    若いときは、DV旦那との共依存に苦しむ長女が一番ハラハラしたけど、年をとると「こういう子って、いるのよねぇ」とあまりハラハラせず読めた。でもやっぱり、最後病室のシーンではホッと一安心。
    それより、治子が気になって仕方なし。どうしてスノッブな高級料理店に熊ちゃんを連れて行くか!?どう考えても熊ちゃんはそういうの好きじゃないでしょう。そして熊ちゃんと行っても、こういうおシャンティーな店は楽しくないでしょう!と老婆心ながら心配してしまいました。やっぱり土台が合ってなかったんだよ。うん。
    表題は思いわずらう事なく愉しく生きよという家訓そのままのタイトルですが、内容の通り思いわずらう事なく生きるなんて無理という事が解ります。生きていて、他者と接触し成長し続ける限り、人間は思い悩んでもがいて生きていくんだという事がよくわかる一冊。面白かった。

  • 何年かに一度読み返したくなる本。

  • 3姉妹、なんかみんなずれているけれど自分の人生を全うしている。
    男なんか気にしないで!!と思いつつもそうも割り切れない心情はかなり切実だったりも。DV夫とのやりとりだけはかなりリアルすぎて痛かった。。

  • 面白かった!
    三姉妹の生活が目まぐるしく書かれていて、スピード感をもって読める。

    読むと、江國香織好きだなぁとしみじみ思う。

    父親の荷物検査、信仰の対象ではないけれどキリスト関連の置物を大切にする育子、香水をふんだんに振りかけて武装する治子、幸せな主婦と見られることに安心する麻子。現実にはいない人物像でも、彼女たちの習慣にすごくリアリティがある。

  • 3姉妹のお話。みんなそれぞれにちょっとずれている。朗らか過ぎて世間から少しずれているのかも知れない。麻子が段々と壊れていく様がおそろしい。

  • 女三姉妹のそれぞれの生き方、恋愛、ぐんぐん引き込まれる
    大人女子〜

  • 目を背けたくなるような場面もあったけど、やっぱり江國はいいな、と思った。

  • 読み終えて、タイトルが素晴らしいと。
    こういう風に生きていきたい。

  • 久々の江國作品。途中、読むスピードが落ちてしまいつつもなんだかんだあっという間に読めてしまった。
    女性のための本かなあ。男性が読んだらどんな感想を持つのかなあ。気になる。
    三姉妹やその周囲の人々が、どこかしら自分と重なり、ふしぎな気持ちになる。
    オシャレな描写と、苦しくなる描写、共感する描写、とにかく色々な面がある江國作品。安定。
    2015.10.06

  • 3人の女性それぞれの愛し方があって、それぞれに真剣に向き合ってて、読みごたえのある作品でした。

全501件中 1 - 25件を表示

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)はこんな本です

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)の単行本

ツイートする