美女と竹林 (光文社文庫)

  • 3736人登録
  • 3.46評価
    • (171)
    • (371)
    • (460)
    • (113)
    • (35)
  • 390レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 光文社 (2010年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334748951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

美女と竹林 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「何を言ってるんだこの人は。愛しいな」
    と思える作品でした。

  • ぐだぐだと話は進み、あまりの展開の少なさに眠くなるのに、森見登美彦氏の事がさらに好きになるという不思議な本。

  • 実に無益なエッセイであった。もちろん褒め言葉である。

  • 壮大な屁理屈プラス妄想である。
    実のないことしか語れなくなる呪いをかけられているらしいので、しかたない。教訓を求めてはいけませんね。
    結局登美彦氏は竹を刈ったのか。刈って竹林成金になれたのか。最後まで読めばわかります。ジョニーも出てきます。
    オモチロかった。鍵屋さんのご母堂がすてき。
    机上の竹林(フラスコ内で培養したミニチュア竹林)ほしいなあ。

  • 登美彦氏がとっても愛おしいのでよんでみて、とこないだから知人に言ってまわっている。

  • もはやジャンルですらエッセイなのか小説なのかわからないけど、森見登美彦って何が面白いのって聞かれればもはやこの本を差し出すのが一番なのではないかと思うほどとりあえず面白い。

  • 先週、森見登美彦のトークショーが家から徒歩5分の上賀茂神社であったので、サインをしてもらいたくて買った。

    無事サインをしてもらった。

    森見登美彦の作品は四畳半神話体系しかまだ読んだことがないが、とても面白かったのでイメージは良かった。

    この「美女と竹林」も面白かった。
    笑える部分もところどころあった。

    小説風のエッセイだが、知らず知らずのうちに竹に対する知識も増える。

    森見登美彦は京大農学部出身で、大学院では竹に関して研究もしていたそうで、普段学ぶ機会のない竹のことも詳しく知れて良かった。

    私が購入したのは京都限定カバーの文庫で、デザインがとても素敵だった。

  • 【要約】
    多忙な作家生活からの逃避として、すくすくと生い茂る「妄想竹」。
    念願だった竹を刈る愉しみ、周囲の人たちを巻き込んでのグダグダな展開、食事の素朴な喜びなどが綴られたエッセイ。

  • 阿呆だろ、森見氏。

    「ひょんなことから竹やぶを手に入れて頑張っては見たものの、手入れがめんどくさくて放置している間に一年経ってしまいました」の一文のみをこねくり回して一冊の本にできる才能は、阿呆の才能としか言い様がない。

  • 森見センパイの書。
    この捻くれた語り口が好きでしょうがない。
    クスッとしてしまうことばかり。

  • 美女と竹林だけで、よくこんな妄想が!
    たくさん笑って、読み終わって、なんだったんだろう、っていう読了感
    すきです

  • 「これからは竹林の時代である」とひらめいた筆者が、会社の先輩の実家が持つ竹林を刈るところから始まる随筆。最初は竹林をちゃんと刈るのだけど、そのうち筆者多忙につき竹林に行けず、雨が降ったため竹林を刈れず、結局竹林を刈ったのは数回で残りは全部妄想というグダグダっぷり。しかし、すごい面白いのです。

  • 20-21
    竹林というワードだけでもうメロメロです。
    常の作品とは一風変わったエッセイの形。
    ところがどこから本当でどこから妄想なのか分からない部分もあり,エッセイ?といった感じ。
    竹林欲しい。

  • [BOOKデータベースより]
    「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。実家で竹林を所有する職場の先輩、鍵屋さんを訪ねるのだ。荒れはてた竹林の手入れを取っ掛かりに、目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者となり、自家用セグウェイで琵琶湖を一周…。はてしなく拡がる妄想を、著者独特の文体で綴った一冊。

  • 森見氏がエッセイを書くとどうなるか…大体想像出来たが…想像通りであった。ご本人も言っているようにどこまでが本当でどこからが嘘か分からない。敢えて線引きする必要性も感じないが。
    大筋で言うと、小説家としての立場が危うくなった時に備えて“多角的経営”を志し、“竹林経営”に乗り出すべく、職場の同僚の家が所有する竹林を“刈らせてもらった”顛末を綴ったもの。
    竹を刈っている場面や、竹林経営に関する妄想部分よりも、このエッセイの連載について編集者たちと打ち合わせ(?)する場面が面白い。その中である編集者も言っている。「そもそも、どこからどこまでが嘘ですか」と。

  • これはエッセイの類に入るのでしょうか。
    小説の時の語り口と同じで、すごく楽しめました。
    竹林の話だけで、ここまで展開できるとはさすが、妄想の達人ですね。
    「孟宗竹分解法講義」は、極めつけに可笑しかった.。

  • セカンドビジネスとして愛する竹林の経営に挑戦する、主人公の小説家・登美彦氏。

    よくもこんなに余計な表現を毎度毎度挟めるものだと表現力と感受性に感心してしまう。そして、やっぱり太宰っぽい。好きすぎて困るw

    世間から逸脱…いや、超越し、己の道に生きることの清々しさと自己満足が満載なほろ苦々くもなく酸っぱいだけの馬鹿馬鹿しい妄想青春小説。

  • 竹林をテーマにした森見登美彦のエッセイだ。
    「これからは竹林の時代だ!」と思い立った登美彦氏を、第三者的な視点で描いていて、単なるエッセイでは終わっていない。
    そして、竹林という地味な印象の素材だけで延々と語り一冊の本にしてしまう彼の鬼才っぷりは尋常ではない。
    しかもよく読めば、彼は竹林を刈っているだけだ。
    その上、根気がないので何かと理由をつけてサボり、竹林とは無関係な妄想に耽ってしまう。
    おそらく、読者の人生において何の恩恵も与えない。
    実に無益なのに、せっせと読み耽ってしまう。
    なにより面白い。
    無駄だとわかりつつもニヤニヤと読んでしまう、性質の悪い作品である。

  • 森見氏による妄想エッセイ!
    森見・バンブー・登美彦、最高(笑)
    終始にやにやしっぱなしでした♪

  • MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)の件が面白過ぎて、電車の中で吹き出しそうに!セグウェイに乗るモリミーを想像したら堪らなかったです

  • 小説だと思っていたらエッセイでした。
    エッセイだと思ったら妄想でした(笑)
    なんか思ってたより全然竹林刈ってなかった(笑)
    森見さんらしすぎる1冊。
    ゆるーい空気感、すきです。

  • 2011/01/08読了

    モリミーワールド全開!本当に面白い。自分のことを書いていても
    (というか、これってエッセイだよね…?)
    立派な物語になってしまうから不思議だ。
    美女=竹林という
    「?」と思ってしまうのが当たり前な等式を成り立たせてしまうとか、
    それに反する比率(美女:竹林=2:8)だとか
    マッスルトミーとか、笑える、ワケワカラン、だがそれがいい
    って世界観が好きだ。
    妄想しすぎです、先生。

  • 森見登美彦好きなら読んで損のない一冊。森見ワールド炸裂のエッセイ集で、エッセイなのにどこからが本当でどこからが嘘なのかわからないファンタジーっぷり。森見さんの価値観や、著書に対する考え方、交友関係、竹林に対する底の見えぬ愛が見えます。
    だがあくまで森見ファンに薦めたい。

  • 小説かと思って買ったらエッセイだった。エッセイ苦手だからしまったなぁと思ったら、エッセイじゃなくて妄想だったw
    森見さんの文章、ほんと好きだ!

全390件中 1 - 25件を表示

美女と竹林 (光文社文庫)に関連するまとめ

美女と竹林 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美女と竹林 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美女と竹林 (光文社文庫)の作品紹介

「これからは竹林の時代であるな!」閃いた登美彦氏は、京都の西、桂へと向かった。実家で竹林を所有する職場の先輩、鍵屋さんを訪ねるのだ。荒れはてた竹林の手入れを取っ掛かりに、目指すは竹林成金!MBC(モリミ・バンブー・カンパニー)のカリスマ経営者となり、自家用セグウェイで琵琶湖を一周…。はてしなく拡がる妄想を、著者独特の文体で綴った一冊。

美女と竹林 (光文社文庫)の単行本

ツイートする