プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)

  • 147人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (21)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : プラトン
制作 : 中澤 務 
  • 光文社 (2010年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752217

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんにしても、ソクラテスは本当に性格が悪いw プロタゴラスとの対話で見事に論破したにもかかわらず、自身がアポリアに陥っていることを示してちゃっかりおべっかを使い、その実、自身の立場はソフィストの教えていることは知識に過ぎないというものなのだから、アポリアに陥ったことも織り込み済みだったわけである。はあ。

    この前にテアイテトスも読んでみたけれど、そちらと同じで、本当に議論して欲しいところには決して立ち入らず、瑣末な論理の問題に拘泥して本質の周辺を旋回し続けている印象を受ける。プラトンは合わないのかもしれない。
    ただ、解説は素晴らしく、わかりやすく論旨をまとめるに留まることなく、あらゆる角度から本書の魅力を伝えようという意気込みが感じられた。

  • 徳(アレテー)とは知識である。

  •  ソクラテスは、知者として高名なプロタゴラスに対して最大限の敬意を払い、持ち上げると見せて、彼の演説の中の、一見些細なことにも思える問題点を指摘する。はじめは余裕で応じていたプロタゴラスも、ソクラテスから次々と繰り出される質問に次第に追い詰められ、最後は自分の発言の誤りを認めざるを得なくなる。そんなプロタゴラスの様子と、ソクラテスの鮮やかなやり口に、昔見た米国のテレビドラマ「刑事コロンボ」が想い起こされた。プラトンの著作の中でも、読み物としての面白さが特に際立つ作品となっている。
     「徳は生まれつき備わっているものではなく、教えられて身につくものである」というプロタゴラスの主張には、納得できる部分もあるように思う。だが「徳は知識である」というソクラテスの主張についてはどうか。作中のプロタゴラス同様、違和感を抱かざるをえない。だが知識でないなら、なぜ教えることができるのだろうか。
     一方、プロタゴラスの主張に反対していたソクラテスも、プロタゴラスとの問答の末に、徳は知識であり、したがって教えられるものであることを証明する結果となってしまう。二人とも自己矛盾に陥った格好だ。
     ソクラテスが言うように、議論のどこかに誤りがあるのか。あるとしたら、それはどこなのか。答えは読者に委ねられる。哲学するきっかけを読者に与えるという点でも、本書は優れた哲学入門書といえる。

  • 対話というか、揚げ足取りというか。

  • 対話のレベルが高すぎる。今の日本の国会の討論と比べると、その違いに愕然とするだろう。

  • ソクラテスの弁がいかに凄まじいことがこのプロタゴラスでよくわかった。ソクラテスの弁明では、何かのテーマに対する実際の弁はなかったから。
    ソクラテスとプロタゴラスとの対話が展開されていくのだが、読み進めていくと頭脳がが筋トレされてムキムキにバルクアップされていくような感覚になっていく。

    一つ心に刻みたい事が語られていた。
    それはソクラテスがある若者に忠告する言葉。
    「君が体を大切に思っているのはわかる、しかし心はどうだろう?目に見えない知識や情報などは物よりはるかに危険が大きいのだよ。なぜなら心に一旦入ったら物と違い、突き返すことができないのだから」

  • 「人間の徳(アレテー)は、教えられるものなの か?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。若 くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中の プロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話 を始める。しかし、議論は二転三転。次第に哲学 的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎える ことになる。プラトン対話篇、最良の入門書。

  • 「借」(大学の図書館)。

    アレテー(徳)とは、なんぞや
    それは教えられるものなのか
    について、プロタゴラス(当時最大のソフィスト?)との対話。

    哲学勉強シリーズの第2弾。

  • ブックオフ、¥400.
    厳密に厳密に言葉を定義していく議論に辟易しつもつ、読みやすい訳文に助けられ読了。時間をおいてまた読みます。

  • 系推薦図書 総合教育院
    【配架場所】図・3F文庫・新書 【請求記号】080||KO

全24件中 1 - 10件を表示

プラトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・スチュア...
マルクスアウレー...
ヴィクトール・E...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)の作品紹介

「人間の徳(アレテー)は、教えられるものなのか?」「ソフィストとは、そもそも何者か?」。若くて血気盛んなソクラテスは、アテネを訪問中のプロタゴラスのもとにおもむき、徳をめぐる対話を始める。しかし、議論は二転三転。次第に哲学的色彩を強めながら、やがて意外な結末を迎えることになる。プラトン対話篇、最良の入門書。

プロタゴラス―あるソフィストとの対話 (光文社古典新訳文庫)のKindle版

ツイートする