純粋理性批判〈7〉 (光文社古典新訳文庫)

  • 86人登録
  • 4.43評価
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Immanuel Kant  中山 元 
  • 光文社 (2012年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752439

純粋理性批判〈7〉 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 7巻は今までのまとめみたいな感じ。
    いっそ全部あとがきって感じでいいんじゃないかとも思うくらいだけど。とりあえず読み終わって嬉しい。

    朝の15分だけ読むって決めていたからえらくだらだらと読んだけど(1,2巻は2回ずつ読んだし)とても幸福な読書体験でした。

    これから先何を読んでも純粋理性批判を読むのと読まないのとではきっと理解の仕方が違ってくると思います。

    読み方の良いクセを得ることができた。


    実践~と判断力~は新訳ででないのかな。

  • ようやく読破。最終巻は、これまでの読書のおかげか、それともテキストそのもののおかげか、とても読みやすく平易です。いや、また読み直さねば。カント・ヘーゲルは現代においてとても参考になる人たちです、うん。

  • amazon に注文します。
    (2017年7月24日)

    届きました。
    読んでいます。
    (2013年7月26日)


     ◆エベレストからは、何が見える?

     カントの『純粋理性批判』は、世界最高峰です。
     エベレストみたいな本です。

     実物のエベレストには、登れっこありません。
     本のエベレストは、登れます。
     自分の頭で。

     もちろん、この本(光文社古典新訳文庫)の訳者、
     中山元先生という名登山ガイドがいて初めて、
     なんとか登ることができます。

     全7巻。
     最終巻まで、来ました。
     もうあと少しです。

     一挙に登ってしまうのが、もったいない気がします。

         *

     登り切ったら、どんな風景だろう。

     (2013年8月7日)

    読み終えました。
    時間がかかりますが、時間をかけてでも読むと楽しい本です。
    普通の日本語で読める本をつくった中山先生と版元の努力に、恐れ入ります。
    日本の財産です。
    (2013年8月8日)

  • 和図書 134.2/Ka59/7
    資料ID 2012200175

  • 系推薦図書 総合教育院
    【配架場所】図・3F文庫・新書 【請求記号】080||KO

  • この巻は、理性をいかに鍛錬するかとか、「道徳」の構築に向けた思考の動きとか、本書の「応用編」的な部分となっている。つまりカントは既に、次の「実践理性批判」へ向けて、カントは動き出しているのである。
    やっと光文社新訳文庫版『純粋理性批判』全7巻を読み終えたわけだが、カントのこの著作とは、結局何だったか。
    それまでの経験主義としてくくられる著作家たちを「独断論」として批判し、緻密な思考を展開して見せたこの書物は、18世紀「近代」を切り開いた、やはり革命的だったと思われるし、現在読んでみてもその思想はじゅうぶんに刺激的で、挑発的である。
    しかしカントの思考の枠組みが、せいぜい18世紀までの範疇に限定されて見えることも否めない。
    なんでも分類する事が大好きなカントは、人間精神の活動を「感性」「知性(旧訳では悟性)」「理性」に分けるのだが、現在の我々のパースペクティヴから見ると、このような分け方は便宜的なものではあっても、それ自体リアリティを欠くし、さほど意味がない。
    こんにち的な位置から見ると、私たちは脳をさらに細かく「分ける」こともできるが、人間が思考するとき、それらの各部が複雑に作用し合っていることを理解できるし、また、人間の心的な営みが「脳」という局所にだけ孤立的に限定されているというより、人間存在全体として考えているのだ、という風にも考えられる。
    「感性」「知性」「理性」といった「カテゴライズ」は、西洋の言語体系のなかでは便宜的に成立し・活用される概念ではあるが、そうそう截然と区分けされるわけもなく、我々は意識と、意識外(無意識)、あるいは神経伝達物質、シナプス、あるいは身体すべて、といった全要素が複雑に絡み合った「全体」=ゲシュタルトとして、思考活動を行っているのだ、と思う。
    だから「感性」も「知性」も「理性」も、人間の心性のちょっとした一面(特性)を示す用語ではあっても、それ自体として「存在するもの」ではないのに、それらを「主語」とし、あたかも独立して機能しうる何者かであるように記述するのは、明らかに「近代の誤謬」に過ぎないと私は思う。
    この点で、カントの哲学もまた、「批判」されるべきであった。
    しかし緻密な「批判」なる知的営為を確立したカントの「革命」の価値が損なわれることはないだろう。

全7件中 1 - 7件を表示

イマヌエル・カントの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルートウィヒ・ウ...
ウィトゲンシュタ...
バートランド ラ...
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

純粋理性批判〈7〉 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

純粋理性批判〈7〉 (光文社古典新訳文庫)の作品紹介

「わたしたちは神が命じたから、道徳的に行動する義務があると考えるべきではない。わたしたちは、道徳的に行為すべきことを、みずから"内的な"義務として考えるからこそ、こうした法則が神の命令とみなされるようになったのである。」最難間の書物をついに完全読解する。

純粋理性批判〈7〉 (光文社古典新訳文庫)のKindle版

ツイートする