コサック―1852年のコーカサス物語 (光文社古典新訳文庫)

  • 50人登録
  • 3.42評価
    • (0)
    • (6)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 乗松 亨平 
  • 光文社 (2012年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752477

コサック―1852年のコーカサス物語 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人が、獣が、山が、これほど生き生きとした物語はほかにあるだろうか。
    若きオレーニンから、若きトルストイから吹き上げる爆風を、ぜひ全身で感じてほしい。

  • 新書・文庫  983||トル

  • 系推薦図書 総合教育院
    【配架場所】図・3F文庫・新書 【請求記号】080||KO

  • ロシアの文豪・トルストイの初期の作品。
    無気力な生活を送っていた青年貴族・オレーニンが軍隊に志願し、中央アジアのコーカサス(カフカス)へ赴任。
    雄大な自然に抱かれ、コサックの生活に溶け込み、村の娘に恋をする。
    コサックの生活様式、文化、狩猟と酒、チェチェン人との関係などが描かれています。
    遊牧民の描写では、やはり東洋的な要素が垣間見えます。

    巻末には訳者による解説があり、ロシアにとってのコーカサスの位置づけ、ロシア文学の題材としての役割、こんにちも残るチェチェン問題、またトルストイの略歴と文学の過程も述べられています。
    トルストイ自身の若き日の経験も盛り込まれているそうですが、のちの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』とは趣きの違う作品だそうです。

    ニン、トン♪

  • ロシア貴族の若者が、コサック地方に赴き、そこの自然と人々に触れることにより自分を見つめ直していく物語。
    カジュアルな訳文ですらすらと読める。物語としての大きな展開はないが、だからこそ細部の心情や行為にしみじみし、余韻が残る。

全5件中 1 - 5件を表示

レフ・ニコラエヴィチトルストイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オスカー ワイル...
有効な右矢印 無効な右矢印

コサック―1852年のコーカサス物語 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コサック―1852年のコーカサス物語 (光文社古典新訳文庫)の作品紹介

モスクワでの無気力な生活に疲れた青年貴族オレーニンは、チェチェン人と対峙するコーカサス辺境での軍隊勤務を志願する。その地はコサックの自由な精神に溢れていた。そして美しい少女マリヤーナとの恋が彼の内面を変えてゆく。トルストイの従来のイメージを一新する輝かしき青春小説。

コサック―1852年のコーカサス物語 (光文社古典新訳文庫)のKindle版

ツイートする