すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)

  • 626人登録
  • 4.02評価
    • (47)
    • (50)
    • (27)
    • (4)
    • (3)
  • 63レビュー
制作 : Aldous Huxley  黒原 敏行 
  • 光文社 (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334752729

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最高に面白かったです。
    この作品が一世紀近く前に書かれたものだということに驚きました。

  • ・管理幸福社会ディストピア
    ・不安のなかで生きる権利
    ・自由ー幸福
    ・不在という形であらわれる神
    ・社会安定の為の階級教育と幼稚性の保護

  • 西暦2540年。人間の工場生産と条件付け教育、フリーセックスの奨励、快楽薬の配給によって、人類は不満と無縁の安定社会を築いていた。だが、時代の異端児たちと未開社会から来たジョンは、世界に疑問を抱き始め…というのが粗筋。

    ディストピア小説の代表の一つと数えられていることもあって手に取ったのですが、刊行されたのが1932年と知って読み始めたこともあり、背筋が冷たくなるといいますか、読み進めて行くと不気味な印象を受けます。

    多分、刊行当時は”皮肉めいたおとぎ話”程度に読まれていたのだろうけど、昨今の世を眺めてみると所々現実味を帯びているのではないかな、なんて思ったりします。…いや、当時もどこぞの国では禁書扱いになったらしいし、今よりも危惧されていたのかもしれない。

    舞台は今よりもずっと未来の地球。
    ただ、ハイテクノロジーの類いは流石に出てきません。第二次世界大戦前ですし、ネットワーク云々もありません。それでも、今読んでみてもこうして考えさせられるのは、人間に対する本質的な問いかけが、今の世の中にも十分通用し、且つ、ここから派生した内容が今のSF作品などで問われ続けているからなのでしょうね。

    人の幸福とは何か?
    人は何故、人足り得るのか?

    SF小説の読書量は少ない方だと思いますけど、哲学めいた小説でありながら難解で読みにくい作品ということはありませんでした。

    作中、シェイクスピアの引用が多用されるのだけど、それも注意書きとして添えられているし、海外翻訳としては読み易い部類に入るんじゃないかな。

    とはいえ、普段小説を読まない方が本テーマに興味を持ち、エンターテイメント的な内容を期待して読み始めようとするなら、お薦めしません。

    物語の進行は遅めですし、ラストも救われない。

    なんだかんだ言っても、やっぱりSFーとりわけ社会や人間の在り方への考察が好きな方にお薦めの作品ではあります。

  • 「社会の善良で幸福なメンバーになるためには、総合的理解の度合いはできるだけ低い方がいい。なぜなら誰もが知る通り、細々とした具体的な事柄こそが美徳と幸福の源泉だからだ」

    #

    1932年に世に出た小説だそう。
    オルダス・ハックスリーさん。イギリスの人ですね。
    イギリスで1932年ということは、第二次世界大戦が1939年からですから、その7年前。
    ヒットラーさんがドイツの首相に就任した年です。ソ連ではスターリンさんが着々と巨大な権力を積み上げていました。
    一方でアメリカでは資本主義、貧富の差、が進んでいました。
    ちなみに日本では1931年に満州事変。満州事変って、要するに日本(関東軍)と中国との戦争ということですね。
    日本側が自分たちの鉄道を爆破して、「中国側がやった」と大嘘をついて開戦したものです。
    ここから若干断続的ではありますが、1945年まで日本は戦争をしっぱなし。「十五年戦争」というのは、「太平洋戦争」「日中戦争」などをひっくるめていちばん即物的に事実を表している呼び名だなあ、と思ったりします。

    閑話休題。それはさておき。
    「すばらしい新世界」。

    1932年、今からだと80年以上前に、ハックスリーさんが想像した、「未来社会」を舞台にした物語です。

    まず、世界はどうやら、アメリカの資本、フォードが支配しています。
    この世界では「神=フォード」なんですね。
    ですから、「Oh my God!」の代わりに皆、「Oh my Ford!」と言います。

    そして、「家族」という概念はけがらわしいものになっています。
    ひとびとは皆、母体からではなく、「胎外人工授精」みたいな形で、試験管みたいなところから生まれてきます。
    だから、「家族」という単位がありません。

    そして、出生段階で、遺伝子操作によって、「階層」が決められていきます。
    低い階層、単純労働に従事してもらう人々、は、何かしらかちょっと障害みたいな、ハンディを負わせて生まれる。

    そして、教育。
    赤ちゃんの頃から、子供のころから、大人になるまで。政府支配者側の都合のいい感性、スローガンみたいなものを、刷り込みのように聞かされて育ちます。

    ぢゃあ、どういう考え方生き方がオススメなのかというと。
    簡単に言うと、あまり考えない。批判しない。摩擦を起こさない。享楽を旨とする。
    「ソーマ」という名前の、政府推奨の錠剤薬品があって、これがまあ、麻薬のように皆のストレスを除く効果をもっているんですね。

    そして、階層に応じて、全員が、自分の状況に満足するように刷り込んでいる。

    「家族」という考え方は不潔なものになっていて、恋愛も変わっています。
    衛生的なことが医学の進歩で問題がなくなっている設定なんでしょうが、要はフリーセックスに近い。
    貞操、純潔、純愛みたいなことも、これまた笑止千万であり得ないことになっています。

    そして、書物、文学、芸術というのもほぼ衰退しています。
    単純に視覚的な刺激になるような、映画のようなもの、を皆が楽しんでいますが、
    なにしろ家族とか恋愛とか葛藤というのを排除されて育っているから、そういう内容ではなくて。
    爆発とかスリルとかそういう、単純な刺激快楽媒体みたいなもの。

    つまり。
    セックス。支配者層から与えられる反復のようなメッセージ。与えられる深みのない刺激快楽のような娯楽。
    それに、ドラッグ的薬品がくわわって、誰も権力批判なんかせずに楽しく暮らしている訳です。
    家族とか恋人とかっていう単位もないので、みんな社会の一員としてのポジションだけで自我を保っているんですね。

    基本的にここまでの設定だけで、何十年経ってもすごく示唆に富んでいて。
    思わずにやっとしたり... 続きを読む

  • ディストピアものとわかっていながらもこんな世界絶対イヤだ!と思はずにはいられない。野蛮人が出てくるあたりからはスピードアップ。

  • 卒論関係で読んだけど、もう一度読みこみたい
    ラストの「二本の、のろい羅針盤の指針のように、〜南、南東、東……」の文が後味悪くて印象に残った

  • 書かれた時代からしても設定が秀逸。ガタカのような小説だと思っていたがまた別のベクトルだと感じた。ユートピア的不気味な世界と原始的不気味な世界との対が不気味な感覚をもたせる。訳者の技術が高いのか、とても読みやすいし、言葉遣いも心地よかった。素晴らしい小説だと思う。

  • 最近読んだ小説のなかでもピカイチ。
    現代で読んでもなお新しい世界観。

  • 2016/09/05-2016/09/07
    星5

    貴志祐介『新世界より』が好きだ、と言ったら友人に勧められたので読んだ。物語の構造が『新世界より』と同じ、というか、多分『新世界より』の元ネタだから、と言われた。

    実際読んでみると、ユートピアを建設しようとする者と、その"外側"の者、対立構造、生まれる亀裂、対話、結末、その流れが同じであり、確かに『新世界より』が『すばらしい新世界』の流れを踏んでいるんだろうなあと感じた。逆にこの作品を読んだことで、『新世界より』が大人と子どもの間の話としてどのように作られたのかに想像が及んで楽しかった。

    ディストピア小説の金字塔の1つとして、世界大戦頃の少し古い小説ながら、今でも通じる言葉がたくさんあった。性愛に関するイデオロギー、科学と社会、自由というものについて、僕が浅い考えしか持てていなかったことを痛感した。

    "野蛮人" ジョンが「不幸になる権利を要求している」という場面で、僕は、今の日本で言うところの、ワクチン運動や自然療法、あるいは「まだ東京で消耗してるの?」を思い出した。社会における複雑性って、どういう形なんだろう。

    最後に、全編を通して、とても読みやすい訳だったことに感謝します。訳註も詳しく、またその付け方も分かりやすく、とても読みやすかったです(単行本の最後にまとめてナンバリングされている訳註の索引性の低さよ!)。

  • 有現実,没有現実。有未来,没有未来。不过,人们是生了。

  • 題名がシェイクスピアから引用しているとは思っていなかった。というかこの物語を通してジョンはほとんどのセリフをシェイクスピアから引用している。しかしジョンが言う「すばらしい新世界」はとても皮肉に満ちていて、いかにもなディストピア小説だ。
    この新世界の人々の描くユートピアには家族がなく、人は生まれつき人生のレールをひかれていて、宗教もなく、ソーマという快楽剤を服用することにより感情の起伏を抑えている。階級付けされた人々もそれに疑問を抱くことなく享受している。なんとも孤独で生きがいのない人生だなぁと思いながら、きっとハクスリーはそれを伝えたかったのだと確信した。また時代はこの新世界へ向かっていくことの危険さを警告しているように思えた。機関さえ整えば、人間は簡単にこの新世界の制度に染まってしまう。
    読んでて最も苦しかったのはリンダが亡くなる場面。病院というよりもむしろ収容所に入れられた患者は誰に看取られるわけもなく、孤独に死を迎える、そしてその死の間際に現れる同じ顔をした子供たち。残酷でグロテスクで、悪気がないところがさらにジョンを苦しめているのではないかと思う。

  • 安定か、芸術か

    冒頭の「すばらしき新世界」の仕組みについての説明書き、
    想像すると気持ち悪くなった。
    同じ人間同士でなぜあんなことができるんだろう
    こどもをうんだ後なので余計にそう感じた

    色々なことを知らない方が幸せでいられるってむずかしい

  • ここ最近のSFでは一番の当たりかも。

  • 未来小説の古典として1984と比較
    人間が機械と同等になる
    妊娠出産しない(フリーセックスと人工授精)
    宗教のない世界での支配者vsインディアン=野蛮人
    老いと死(の概念)がない世界で⇒自死という終末

  • ディストピア小説。
    『一九八四年』の比較によく出てくる小説なので読んでみました。
    タイトルがステキですよね、ああ、すばらしい新世界。
    天分(人分?)を何の疑いもなくわきまえて、誰もが納得して幸せな人生を送る。
    ああ、すばらしき新世界。
    その世界には、悩みなどないのだろうなぁ。気持ちいいこと、幸せなことが溢れて、金太郎飴みたいな人生なのだろうなぁ。
    人間って快楽に弱い生き物だからねー。
    ラストのシーンは、「そうなるよなぁ…」という諦めと、「もっと闘えよ!」という叱咤の気持ちがない交ぜになりました。
    読んでいて面白かったのはこちらですが、『一九八四年』の方が力は強いかな。

  •  言わずと知れたディストピアの名作。最近読んだ『1984年』と比べると、あちらは「監視」が徹底しているのに対し、こちらは「管理」が徹底しているという印象を受けます。

     人間をあたかも工業製品のように製造し、その製品に一定の動作を行なわせることで、社会を安定的に運営するというのがこの物語の世界観です。

     管理されている人間たちは、あらゆる不快さから守られ、管理されながらただただ快楽を享受しています。いわば人間性のない生活なのですが、彼らはそれを楽しむように作られているのだから、幸せには違いありません。

     じゃあこの物語はめでたくおわりではないか。そう思ったときに現れるのが、優秀な欠陥品バーナードと、野蛮人ジョン。超管理社会の権化ともいえる世界統制官ムスタファ・モンドと彼らの問答は圧巻です。

     芸術や文化、宗教といったものを徹底的に排除し、ただひたすらに社会の安定性を追及していった結果うまれた社会。筆者が描くそのいびつな社会から、現代につながる技術と人間の問題が見えてきます。「やはり」と思うと同時に、その普遍性に戦慄もさせられる一冊。

  • いわゆるディストピア小説。人間が大量生産される世界。社会に奉仕して生きることを条件付けされた世界。幸福の代償として科学と芸術と宗教を失った世界。自由を意図的に排斥した世界。
    出生から、才能から、経験から、そのような世界に疑問をもつものが現れる…。
    ディストピア小説に惹かれるのは、それが理性のハイエンドを描いているからかもしれない。

  • ❖古臭い印象はあるけれどそこそこおもしろく読んだ。同じディストピア(国家・社会の暗黒)を描いた『一九八四年』との対比より、モリスの牧歌『ユートピアだより』との近似を見る方が(逆説的に?)本作の本質は(歪も)明確になるような気もする。作品中盤から存在感がうすくなるが、バーナードの人物像はおかしかった。屈折してアウトサイダーぶっているかと思えば好機を得て俗気を露わにする・・ただの嫌なヤツである。物語の終盤(終幕)、野蛮人ジョンのたどる末路、彼を追いこむ狂気(狂躁)はそのまま現代を映していると思った。

    《西暦2540年。人間の工場生産と条件付け教育、フリーセックスの奨励、快楽薬の配給によって、人類は不満と無縁の安定社会を築いていた。だが、時代の異端児たちと未開社会から来たジョンは、世界に疑問を抱き始め…驚くべき洞察力で描かれた、ディストピア小説の決定版! 》(アマゾン紹介記事)。

    ●著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    ハクスリー,オルダス
    1894‐1963。イギリスの作家。祖父、長兄、異母弟が著名な生物学者、父は編集者で作家、母は文人の家系という名家に生まれる。医者をめざしてイートン校に入るが、角膜炎から失明同然となり退学。視力回復後はオックスフォード大学で英文学と言語学を専攻し、D・H・ロレンスなどと親交を深める。文芸誌編集などを経て、詩集で作家デビュー。膨大な数のエッセイ、旅行記、伝記などもある

    ●黒原/敏行
    1957年生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 衝撃だ。

    書籍は新しければ良い訳ではないことを、改めて感じさせられた一冊だ。

    今から80年前に書かれた作品であることから、現在を詳細にイメージできていたかというと決してそうではない。

    詳細にイメージされているのは、人間の行動そのものだ。

    このイメージを読んでいくと、80年という時代が経過したにもかかわらず、人間の進歩はないのではないかと思ってしまう。そのことから考えると、もしかして進歩が必要だと思っている我々が可笑しいのかもしれない。

    日本では想像できない、気づいていない階層社会を、明確に記し、それにらについてどの階層が幸せで、不幸せであるかと言うことはないと記されている。

    非常におもしろい、変かがないと言うことは、多くの人にとって幸せなことであり、それを上記のように記しているのだろうかと思えた。

    何にせよ、この80年間を、そしてこれからの歴史を考える上でも読んでみると為になるSF作品だ。

  • 本屋で勧められていたので購入、光文社の古典新訳なので読みにくいかなと思っていたけどサクサク読めた。現在自分の生活する環境や体験にも通じるところがあったからだと思う。
    前半は事実を並べたように物語が進んでいくのかなと思ったが中盤から登場人物の人間性考え方や関係性が現れてとても面白かった。
    よく文中にシェイクスピアなどの引用がでてくるのでまた読んでみたいとおもったし、筆者高い知性が感じられた
    また、解説やあとがきは考え方がのっていたり丁寧に書いてあったのでおもしろかった。

  • 1984年とはまた違う世界に関する本

  • ディストピア物語。

  • ディストピア小説のカテゴリーは個人的には好きな類。ジョージ・オーウェルの『1984』では衝撃を受けたともいえる。そして何気なく手にしたこの本もディストピア小説ということで読み始めてみた。序盤の世界観の説明は結構入ってきたものの、後半は思想的、哲学的な内容になってきてなんとなくすんなりは入ってこなくなった。何を表現したいのかはわかる。娯楽として読みというよりも、何か深いものを感じさせる作品だった。

  •  図書館より

     2540年の未来社会を舞台にしたSF小説。

     冒頭シーン、とある科学工場に見学にやってきた子供たち。そこで工場長から工場の仕事の説明を受けます。それは生産計画通りに人間を遺伝子操作によって産み出す作業なのです。

     と、まあ冒頭からとんでもない未来像が語られ、フリーセックスの推奨、日常的に使われる幸福剤、そして徹底された教育と徐々に2540年の未来社会のシステムが語られていきます。

     科学や心理学で徹底的に合理化された世界は、犯罪や戦争も起こりえないある意味では安定したユートピアです。しかし、このユートピアはほとんどの読者が気持ち悪く理解しがたく感じられる世界でもあると思います。

     なぜなら、安定した世界や社会には人間の自由な思想や感情のような不確定要素は危険だ、という思想がこのユートピアを形作っているからではないかと思います。

     例えばこの世界はホワイトカラーやブルーカラーの階級の人間を決められた数生産し、それぞれが別の階級にならないよう徹底して教育し階級間の移動が起こらないよう、また不満が起こりそうになったら”ソーマ”という幸福剤を飲ませ、不満が収まるようにします。

     なぜなら階級間の移動が起こり、ブルーカラーの人間が減ると社会の運営に支障が出るから。だから人間の変わりたい、という思考や感情が生まれえないように徹底し、個人主義といった考えが生まれないようにするのです。

     人間的な思考を捨てたうえでしか、ユートピアが生まれないならそのユートピアを受け入れるべきか否か、そもそもそれは人間にとってのユートピアなのか、どうか。

     思考を失った人間たちの全体主義によって作られたこのユートピアは、現代においても社会に対して警鐘を鳴らし続けているような気がします。

全63件中 1 - 25件を表示

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)のKindle版

ツイートする