小説 三国志〈中〉 (光文社文庫)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鄭飛石
制作 : 鄭 飛石  町田 富男 
  • 光文社 (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (489ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334761165

小説 三国志〈中〉 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三国志小説の一つ。
    人物が生き生きと描かれている。

    関羽・劉備・張飛、と、物語の中心であった3人は次々に亡くなってしまい、諸葛亮の奮戦。そして、その意志を継ぐ姜維・・・
    三国志の悲しさが表れている1冊といっても良いのではないでしょうか。


    韓国の国民的作家が描いた三国志であり、日本ではなじみが少ないが、読んでみて楽しい1冊です。

  • 兵書
    孫子
    呉子
    六韜三略(りくとうさんりゃく)

    孔孟
    老荘

    権謀術数の書
    韓非子


    諸葛孔明
     三顧の礼
     水魚之交
     公明正大


    そなたには賢さがある
    それは聞く耳を持つということだ

全2件中 1 - 2件を表示

鄭飛石の作品

小説 三国志〈中〉 (光文社文庫)はこんな本です

小説 三国志〈中〉 (光文社文庫)の単行本

ツイートする