シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

  • 402人登録
  • 3.83評価
    • (32)
    • (53)
    • (54)
    • (1)
    • (0)
  • 35レビュー
  • 光文社 (2006年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334761677

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名馬 シルヴァーブレイズ
    ボール箱
    黄色い顔
    株式仲買店員
    グロリアスコット号
    マスグレイヴ家の儀式書
    ライゲイトの大地主
    背中の曲がった男
    入院患者
    ギリシャ語通訳
    海軍条約文書
    最後の事件

  • ホームズに兄っていたのか!弟キャラというフィルターを通して読むとまた違った風に見えてきそう。

  • 唐突に終わった感があるけどまだまだ続くんですねw

  • ホームズシリーズの短編第二編。長すぎず、短すぎず、起承転結がしっかりしていてどんどん読みたくなる。当時から大人気だったというのも納得。やはりホームズとワトソンのキャラクターが魅力的、作品を重ねるごとにキャラクターに愛着を感じるので、本作の最後の話が当時の読者に与えた衝撃も理解できる。

  • ホームズのシリーズを読み進めている訳だが、正直なところ(小説史的な重要性は別として)熱狂的なファンが多くいることがイマイチ理解できないでいる状況。
    例えばモリアーティ教授が初登場することになる『最後の事件』だが、「モリアーティ教授は凄いヤツだ」ということが書いてあるだけで具体的にどうだということが無いため、入り込めないのだ。

  • ”「あんたを破滅させられるなら、
    世の中のために喜んで破滅を受け入れる。」”

    ”自らを犠牲にする覚悟”素晴らしいですね。

  • 前作、冒険の方が油にのってますね。
    実際、この回想の方はシリーズの人気出てしまい辞められなくなって仕方なくコナンドイルさん書いていたそうで。
    ホームズのキャラで一番素敵なところはアヘン中毒なところ。不義密通に関して非常に扇情的だとして社会通俗を乱す懸念をしていたくせに、アヘンはオッケーなんですね。今じゃ逆転してるあたり、なかなか面白いなあ。

  • 霧のロンドンを駆け巡る奇矯な探偵の活躍を描く短編集第二弾。
    探偵になった端緒の事件などタイトルどおり回想あり。
    最後に巨魁モリアティー登場。巨大組織と独力で対決とか無茶(警察の力も借りてはいるが)すぎるところが名探偵!

  • 短編集の2作目。

    タイトルの回想どおり、ホームズが手がけた最初の事件や学生時代の事件が書かれる。ホームズに負けず劣らずの才能を持つホームズの兄も登場する。

    1つ1つの短編がとてもおもしろくて、いろいろ書きたいのだが、スペースも時間もないので、『最後の事件』だけにする。
    この章の冒頭からいきなり衝撃的な文で度肝を抜かれたのだけど結末がとても悲しい。まさか『シャーロックホームズ』シリーズで感動して涙がでるとは思わなかった。
    ホームズとワトソンがめっちゃ仲良くなってるなと思ってたらこれだよ。

    次の短編のタイトルが『生還』なので期待することにする。

  • 多分、コナン・ドイルが書いて発表した順番で言うと、
    ①緋色の研究②四つの署名③~~~冒険
    に続く四冊目。短編集。

    面白いんですよね。
    謎解きっていうより、やっぱり人間ドラマなんですねえ。
    人の欲望とか業とかっていう、そういうダークサイドのお話。
    それが当時のロンドンとかイングランドとか、海外とか、色とりどりに風俗も交えて描かれてますね。
    それがでも、ホームズとワトソンっていうフィルター通しているから、
    安心感も娯楽性もある。
    ホームズの性格っていうか雰囲気、ワトソンとの掛け合い、信頼関係みたいなのが絶妙なんですね。もうキャラクターものですね。
    「ルパン三世」が、1話1話はよく考えれば、無茶苦茶な話ばかりでも、面白い。というのともう、似てます。
    「新宿鮫」シリーズともそういう意味では似ています。
    きっと、アガサとかも同じようなことでしょうね。
    メグレ警視シリーズもそうですから。

    でも結構、えぐい人の欲望を描いているんですね。
    資本主義、合理主義、宗教が規律とは、もう成り得ない資本主義都市社会のアノミー。というとちょっと大げさだけど、そういうことだから、今でも読めますね。
    これ、ほんと、大人じゃないと味は味わいつくせないんですねえ。
    この歳で再読して、魅力の深さに気づきました。

    「キャラもの」としてのシリーズの面白味が際立つ短編集でした。

    以下は、備忘録。ネタバレですので。






    【名馬シルヴァー・ブレイズ】
    競馬の名馬をめぐる犯罪。
    愛人に金を使っていた調教師がイカサマをしようとした、という内容。
    それにライバル牧場の思惑と、二重の偶然が絡む。
    ちょっと話としては大らか?な偶然性があるけど、
    イングランドにとっての競馬文化の雰囲気が感じられるのは楽しかった。

    【ボール箱】
    これはつまり・・・。夫婦がいる。幸せだ。
    そこに妻の妹がやってくる。これが毒婦である。
    夫を誘惑する。夫は突っぱねる。毒婦、怒る。妹に色々そそのかして、浮気させる。夫怒る。
    浮気現場で、妻と間男を殺害。その耳を毒婦に送る・・・そういうお話。
    これも、謎解きは手段で、目的は人間ドラマっていう感じで読ませます。


    【黄色い顔】
    アメリカで苦労して、実は黒人と結婚して黒人に見える子供を産んでいた女性が、イングランドに戻って過去を隠して幸せな再婚。
    だが、娘のことを夫に言い出せず、それが疑惑を呼ぶ。
    謎解きっていうより、心理描写が巧みだなあ、という一篇。

    【株式仲買店員】
    話の構造は、「赤毛組合」ですね。
    株式仲買店員が、好条件でロンドン外に。
    同時にその人を騙った悪党が株式仲買店に。
    その構造をホームズが暴くけど、実は悪事の方は勝手にしくじって警察に捕まっていた、という。

    【グロリア・スコット号】
    ホームズ学生時代の最初の事件。
    お金持ちの老人男、実はかつて別名で横領事件を起こして、
    オーストラリアに遠島流刑に。
    その船上で反乱に加わり、人も殺してた。
    その過去を知っている人に脅されていた。
    結局その人は、脅されて自殺的に死んでしまう。
    実は謎も暴ききれず、人名も救えないという・・・。
    でも味わいとしては「緋色の研究」「四つの署名」と同じ、
    隠された海外系の暗い過去の話、というオハナシとしての面白味。

    【マスグレイヴ家の儀式書】
    ホームズの若き日の回想事件。
    金持ちが居て、そこの執事がいるが、執事が失踪。
    その旧家の歴史的な隠された財宝を盗もうとしていた。
    古文書の文言文書に隠された秘密を暴く的な味わいで。
    結論は、その男は共犯した、自分が棄てた女に復讐されて、
    財宝の地下室で死んでいた。女は財宝を捨てて、どこかに去っちゃった。
    謎は解くけど、犯人は捕まえないお話。

    【ライゲイトの大地主】
    田舎街。土地争いをしている相手の家から文書を盗もうとした、父と息子。
    それを知られた家来を殺してしまう。
    その父と子の陰謀を、死んだ男が手にしていた手紙の切れ端から、
    筆跡鑑定的にホームズが暴く。

    【背中の曲がった男】
    現在中産階級でのほほんとしている当年男と妻。
    実はその男の方はかつて、その妻を手に入れるために、ライバルの男にひどいことをした。
    インドで従軍中にセポイの反乱の中、騙してライバルを死地に追いやった。
    その被害者の男性が、艱難辛苦の末にイングランドに戻る。
    偶然、その妻と再会。
    復讐に訪れるが、悪い夫の方は心臓麻痺で死んじゃう。
    経緯を暴くだけのお話。

    【入院患者】
    とある医師のところに入院している患者兼オーナーみたいな男が、
    何者かに狙われている。
    で、殺されちゃう。
    実は強盗団の一人だった、というオチ。
    実はホームズは何も解決も救済もできなかったという・・・。

    【ギリシャ語通訳】
    ギリシャから来た娘と兄が不良にひどい目にあう。
    ホームズたちは、被害者は助けきれない。
    でも巻き込まれた通訳の命は助けられた。
    なんと言ってもホームズの兄・マイクソフト(だっけ?)の人柄雰囲気だけで楽しく読めてしまうけど、実は結構かわいそうな話。。。

    【海軍条約文書】
    文書の盗難事件。
    被害者の婚約者の兄が犯人。
    政治色で読ませるけど、オチとしては平凡かな。

    【最後の事件】
    モリアーティ教授が登場したら、
    あっと言う間にホームズが死んじゃう。
    この1篇だけ取ったら、別に名作とは言えないんだけど。
    もうキャラクターだけで読んでしまう。。。

全35件中 1 - 10件を表示

アーサー・コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする