天神のとなり (光文社文庫)

  • 94人登録
  • 3.53評価
    • (4)
    • (13)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 五條瑛
  • 光文社 (2011年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763114

天神のとなり (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『この先、誰かに何かが起こったとき』
    ……それが読みたいよー!せめてもっと匂わせてー!続きが気になる!
    オチが弱いというか、投げっぱなしというか……風呂敷を畳みきってほしいワガママ。

    追記:塔の下が続編とのことなので買わねば。

  • 元大学助教授だったが、ある出来事からヤクザの使い走りとして生きている主人公。

    五條さんの作品はなんでこんなに匂い系なんだろう…。
    陰謀が絡むヘビーな話ではなく、割とさくっと読めるオムニバス形式。
    時々出てくる脇役キャラとの会話がいい味出しています。
    続編もあり。

  • 五條さんの男二人組が活躍(?)する話、好きです。
    鏑木さんの名前を教えて~。

  • 「過去に問題を起こして失業し、やくざに囲われている元エリート」なんて少し古いタイプの構成だな、とあまり期待していませんでしたが、素直なエンターテイメント作品なので意外と楽しく読めました。
    TVの連続ドラマに使えそう。

  • 作者にしては珍しいヤクザモノ。

  • 続きがぜひ読みたい。

  • 完膚なきまでに続き物だった。続きが…続きが気になります!

  • 199 10/19-10/22

全8件中 1 - 8件を表示

五條瑛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天神のとなり (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天神のとなり (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天神のとなり (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天神のとなり (光文社文庫)はこんな本です

天神のとなり (光文社文庫)の単行本

ツイートする