エネミイ (光文社文庫)

  • 22人登録
  • 3.11評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森村誠一
  • 光文社 (2011年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763398

エネミイ (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリーは好きだけど、犯人とかトラップとか全然当てられない私でもこの本は展開がわかってしまった。ちょっと無理矢理なところが多いかな...。無性にコーヒーが飲みたくなった!

  • 先がよめる展開だったがおもしろかった。

  • 人の名前いっぱいで読んでてちょっとしんどくなった。身近な人が殺される辛さを少しだけ受け取ってしまったから、てのもあるかも。
    途中でオチは読めると思う。一気読みしてしまうタイプ。

  • 犯罪被害者4人の最後のご都合主義は、ないんじゃないの?って感じ。
    それでも浮ついた所のない文章となんとなく引き込まれるストーリー箱運びである。

全4件中 1 - 4件を表示

森村誠一の作品

エネミイ (光文社文庫)の作品紹介

社員の裏切りに遭い自殺した中小企業社長の娘。婚約者を暴漢に拉致され轢殺された男。暴走族によって愛娘を下半身不随にされた父。暴力団抗争の巻き添えで、幼い娘を射殺された父。愛する家族を喪った四人の犯罪被害者が一軒の喫茶店に集まった。彼らは報復を誓っただけだったが、その後四人の加害者は次々と殺されていく。四件の殺人事件を結ぶ接点とは何か。

エネミイ (光文社文庫)はこんな本です

エネミイ (光文社文庫)の新書

エネミイ (光文社文庫)のKindle版

エネミイ (光文社文庫)のKindle版

ツイートする