包丁浪人 (光文社時代小説文庫)

  • 32人登録
  • 3.06評価
    • (0)
    • (5)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 芦川淳一
  • 光文社 (2012年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334763527

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは談話室で見かけて、気になった本でした。
    最近、食べ物がおいしそうな本に惹かれる傾向があります(笑)。
    図書館にあったので、借りてきました。

    読みやすくて、良かったです。
    ストーリーもちょっとひねりをきかせた感じで。
    主人公のお人よし加減に愛着がわきますね。
    おえんさんとの絡みがもう少しあったほうが、自分は好みかも(笑)。

    シリーズになっているようなので、次巻も見かけたら読んでみたいです。

  • もうちょい。
    もっと絞れって感じ。

  • 201407/設定は好みだけど、展開も肝心の料理描写もいまいちもの足りず惜しい。

  • 主人公の浪人さんは料理好きで、簡単に言えばお人好し。お人好しすぎて逆に心配になってくるw

    おえんさんとはどうなっていくのでしょうね(・∀・)ニヤニヤw

  • 46

  • 浪人、新三郎が料理の腕を活かして
    難題を解決…!なんだけど
    故郷の料理で里心を呼び戻すオチが
    被ってるのはどうなのかなぁ…
    料理も描写は少なくそんなに
    おいしそうでもない…
    とりあえず読みやすいは読みやすい。
    けど個性的なキャラも出てこないので
    印象は薄い。

  • 風情あり、人情あり、料理ありの食欲をそそる楽しい本でした。

  • 料理が得意な浪人が剣と料理の知識を活かして難問を解決。
    フグ、湯奴、蕎麦、鴨鍋など美味しそうな料理が登場。
    江戸時代の暮らしぶりもよく分かり、面白い本でした。
    どうもシリーズとして続いていくようです。
    続編が出れば読みたいと思います。

  • 食べ物の描写はおいしそうです。
    もう少し個性的な何かがあると良かったかな。

全9件中 1 - 9件を表示

芦川淳一の作品

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)に関連する談話室の質問

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

包丁浪人 (光文社時代小説文庫)のKindle版

ツイートする