百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小杉健治
  • 光文社 (2012年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764005

百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直、第1巻から第5巻までの流れは、今までにはない新鮮な感じがした。第6巻辺りから新九郎に起こった変化は、目明し朝吉と同様に私も奇妙な感じにとらわれたが、納得できないものではなかった。しかし、正直違和感を覚えたのも事実であった。この第10巻のクライマックスでは、外道だった頃があったからこそすっきりする。ラストシーンでホッとするのは私だけではないと思う。

  • 外道に戻ると宣言した主人公ですが、やることは
    桃太郎侍なので、やはり主人公の変化が大きいですね

    ラスト!最高ですね~
    作者はココまで計算したのでしょうか?

  • 第九弾にして下巻の最終話
    あまり期待薄の内容。
    わざわざ上下巻にするまでの話ではないか?
    どうも外道剣新九郎を描くのがしんどくなったのか。
    まあ、読む方もしんどいが

全3件中 1 - 3件を表示

小杉健治の作品

百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)を本棚に登録しているひと

百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

百万両の密命〈下〉―新九郎外道剣〈9〉 (光文社時代小説文庫)のKindle版

ツイートする