特命捜査 (光文社文庫)

  • 34人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 緒川怜
  • 光文社 (2012年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765026

特命捜査 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 130214

  • 途中まで良い感じだったのに、生き別れの姉妹だの何だのって残念な終わり方。この手の小説にありがちなせっかちなまとめ方で評価も下がる。公安と刑事との対立の仕方、事件の発生から手掛かりにたどり着くまでの伏線の張り方、回収の仕方、途中までは素晴らしかったのに本当に残念なラストシーン。

  • 5月-5。3.0点。
    陶芸家の老人が、自宅で殺害される。捜査が始まり、
    元公安警官と判明。しかもテロ未遂事件後に退職。
    公安の影と戦いながら、警部補と女性巡査部長が秘密捜査。
    驚きの事実が。

    ま、ありふれたテーマではある。簡単に読める。
    そこまでやるの公安、ていう感じ。警部補と巡査部長の関係も、
    偶然に出来すぎ。

全3件中 1 - 3件を表示

緒川怜の作品

特命捜査 (光文社文庫)の作品紹介

十年前に起きたカルト教団事件の捜査を指揮していた元公安警察官が殺害された。取調室で被疑者死亡事件を起こした過去をもつ男性刑事・瀬川文秋と、親に捨てられ孤独に生きてきた女性刑事・功刀沙矢子に極秘の捜査が命じられた。組織の論理に振り回され、公安警察の卑劣な妨害を受けながらも着実に捜査を進める二人。だが、待っていたのはあまりに残酷な真相だった。

特命捜査 (光文社文庫)はこんな本です

特命捜査 (光文社文庫)の単行本

特命捜査 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする