非道徳教養講座 (光文社文庫)

  • 70人登録
  • 3.21評価
    • (0)
    • (7)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 平山夢明
制作 : 児嶋 都 
  • 光文社 (2013年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765248

非道徳教養講座 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 職場の机上にポンと出しておいたら、隣席の大先輩に「それはちゃんとした本?」と尋ねられ、「ちゃんとしてるかしてないかはさて置き、三島とは関係ありませぬ」とお答え申し上げた所、先輩「三島は面白いよねえ」と満足げにされていたので、返答としてはまずまずだった模様。
    先輩、それは『不道徳教育講座』っす。

    とは云え、過酷な現代社会を強かに生き延びる術を慇懃無礼に綴った本書、大変に面白うございました。

    愛情でも業績でも何でも、頑張って安定供給していると、供給される側はそれを「あたりまえ」に感じてしまう。そこから生まれる悲劇を回避するためにも、賢く立ち回りましょうね。っていう。

    会社の歯車として全力で仕え倒す事に一点の疑問もなく、頑張ったからって報われるとは限らない現実を徹底的に受け入れ、裏切って罪悪感を感じるくらいなら裏切られる方が10倍マシ。
    そんな自己満足街道驀進中の私(33歳既婚)ですので、著者が再三呼びかけている「賢女子」諸姉からは明らかにかけ離れておりますが、それでも「オメーら社会の雰囲気に流されてんじゃねーよしっかり生きろ自分の足で立て」的な叱咤を受信。
    緻密な観察眼と厳しい自己分析、そして覚悟。この3つを懐刀に生き延びます。

    児嶋都女史のイラスト及び1ページ漫画がまた素敵!
    ドラクエ4コマまんが劇場、週刊少年ガンガン世代には堪りません。
    第12回「賢いスッピンの晒し方」の回、ヤバイっす……。

  • あの三島由紀夫の「不道徳教養講座」の現代版のようなエッセイ。タイトルからしてパロディというかオマージュ? 毒ありすぎのブラックユーモアで世の女性に賢さを説く。 笑えるけど意外に確信突いてたりする。笑

  • 平山さんって案外(?)常識人。「わがまま」の話が良かった。

  • 口悪く言いたいこと言う感じの平山節を期待してたら、慇懃無礼な言い方だったので期待していたものと違っていた。

    児嶋都さんはホラー漫画でよく知っていて好きな方なのですが、内輪ネタ的なイラストでそれもいまいち。

    あとがき対談で一番に放った平山さんの言葉がまさにそれかもしれない(笑)

  • 『親』、『友』の項目は頷ける箇所が多かった。『恩』、『盆』の項目は勉強になった。

全8件中 1 - 8件を表示

平山夢明の作品

非道徳教養講座 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

非道徳教養講座 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

非道徳教養講座 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

非道徳教養講座 (光文社文庫)の作品紹介

どこか生きづらいと感じている賢女子の皆様。それは、根本的に生き方が間違っているからかもしれません。こんな時代に幸せを掴むには、ただ漫然と善良かつ勤勉に生きていてはいけません。人生の裏街道を知り尽くした怪人執事が指南する「ほどよく黒い生き方」講座十五回。

非道徳教養講座 (光文社文庫)はこんな本です

非道徳教養講座 (光文社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする