雨月物語 (光文社文庫)

  • 56人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 岩井志麻子
  • 光文社 (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334765903

雨月物語 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性の視点で描いた雨月物語。
    そもそも原作を読んだことがなかったので
    ファーストインプレッションがこの作品で良いのかは
    わからないが
    ともかく一読した印象はとてもドロドロしていて
    情念渦巻く世界だということだった。
    あと、出てくる男性の大概がわりと碌でもない奴ら。
    女性の恨みつらみで呪い殺されたりが多いが
    さもありなんといったところ。
    次は原作に手をつけてみるとしようか。

  • (2015.12.31読了)(2014.08.29購入)

    【目次】

    白峯
    菊花の約
    浅茅が宿
    夢応の鯉魚
    仏法僧
    吉備津の釜
    蛇性の婬
    青頭巾
    貧福論
    著者インタビュー 歪んだ愛こそが怪談になるのかも

    ☆関連図書(既読)
    「雨月物語」木原敏江著、中央公論社、1996.12.20
    「ぼっけえ、きょうてえ」岩井志麻子著、角川ホラー文庫、2002.07.10
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「魂は一日に千里を行ける」左門との再会のため、自刃し幽霊となってまで宗右衛門は約束を果たす(「菊花の約」)。怨霊となった妻から護符で身を守り、夜を明かす不貞の夫。あと一晩で物忌みは終わるのだが…(「吉備津の釜」)。江戸時代、上田秋成によって書かれた怪異小説の傑作『雨月物語』が時空を超えて蘇える!女性の独り語りによって、「女の情念」を色濃く描き出す。

  • 新しい視点で志麻子さんが描く雨月物語。

    序の妾と、それに続く「白峯」の妾が別人と思わずに読み進めてしまい、途中までこんがらがってしまってた。
    それ以外はとても読みやすい。
    新しい解釈ながらも、ちゃんと原作に忠実。

    青頭巾はとても可愛らしく好きな終わり方。
    少年を愛した住職も喜んでいることでしょう。

  • 忘れられない一冊。さびしくて、えろくって、こわい。また読みたいと、ふと思い出した。

  • 短編集です。
    読み慣れるのに若干時間がかかりました。
    読み慣れてくると情景の表現の美しさや
    怪談的なオドロオドロしさが伝わってきます。

    個人的に『夢応の鯉魚』『吉備津の窯』『青頭巾』が
    すごく面白かったです。

    「歪んだ愛こそが怪談になるのかも」
    本当にその通りと思いました。

  • そこそこ楽しめたが、原典に可能な限り忠実に寄せているせいか、読後に語りたくなるほどの魅力は感じられなかった。むしろ作者なりのぶっとんだ解釈で描いてほしかった。

  • 原典未読のため、比較はできませんが…。語り口調が若干くどい。あと「これこれこういう歌を詠みました」という形ではなく、歌は歌でそのまま載せて欲しかったです。意味は分からなくても、歌そのものの響きでしか感じられないものもあると思うので。

全7件中 1 - 7件を表示

岩井志麻子の作品

雨月物語 (光文社文庫)に関連する談話室の質問

雨月物語 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雨月物語 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雨月物語 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雨月物語 (光文社文庫)はこんな本です

雨月物語 (光文社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする