遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)

  • 142人登録
  • 3.78評価
    • (12)
    • (31)
    • (14)
    • (6)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 詠坂雄二
  • 光文社 (2014年2月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334766955

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店の有能な雇われ店長・佐藤誠には裏の顔があった。
    彼は目的に応じて凶器を使い分け、
    様々な人を殺害した「不連続大量殺人犯」だった。
    死体の処理と証拠の隠滅を徹底的に行ったため、
    長らく告発されずに社会の片隅で静かに生きてきた彼は、
    突如、異なるパターンの事件を起こし、
    初めて警察にマークされた……。

    網羅された資料を元に作家が事件を小説風に再現し、
    犯罪学者が解説を付した本――

    という体裁のミステリで、
    映像作品で言うところのモキュメンタリーであり、
    ベッドタウンの寒々しい風景の中で
    無名の人々が加害者あるいは被害者になったという、
    徹底した「匿名性」の物語。
    極めて現代的であり、示唆に富んでいるとも言えるが、
    登場人物の誰にも感情移入できなかったので
    私にはサッパリ面白くなかった。

    小説が現実の後を追うように「ファスト風土化」していくとは
    侘しいことである。
    もっとも、殺人鬼に大義やら内面の葛藤やらを求める方が
    どうかしているのかもしれないが。

  • ノンフィクションのような、ドキュメンタリー犯罪小説。86件以上もの完全犯罪を自白した佐藤誠。そのうちの2件。どうして遺体を残し、首を切断したのか?

    佐藤誠の経歴、人物像をコラム形式という特殊な方法で紹介し、秀逸な構成でサクサクと、読み進める。

    真相については一部分に関しては、想像しやすいきらいがあるが、とてつもなく大掛かりなミスディレクションと、ひれくれた構造が大きな衝撃をあたえる。

    さらに今までに体感したことのないサプライズを、最後の一行、巻末資料、さらにその後(ここで大爆笑)意表をついて読者にもたらす。

    なんとも感慨深い気持ちになる(ある意味…)作品であり、本ミスファンでもこのような作品には出会えたことないのでは?というくらいおすすめできる一作。

  • 面白かった!
    犯人も犯人が最後までつかまらないことも判っているのに、それでも夢中で読み進めてしまうのは、何故?
    最後の最後まですごくよく出来ていて、無駄がない。
    何ていうか…佐藤誠が普通に魅力的なんだなぁ。

  • 小説形式で書かれたノンフィクションを装ったフィクションと言うややこしい設定に加え、ご丁寧にも巻末に、佐藤誠について記録された他の書籍も読んでねとの宣伝付。遊び心がありすぎる。
    ノンフィクションを装っているので、真相はとうとう解らなかったという形で終わるかと思っていたが、綺麗にオチを付けてくれて読後感は結構すっきりしている。
    こういったやり方もありだな!と思わせてくれた秀作。

  • 構成に凝った、リアルなミステリー。
    忙しい時期に少しずつ読み進めたが、一気読みしたかった。

  • 〇 概要
     86件の殺人を自供した殺人鬼,「佐藤誠」。その犯罪は,いつも完璧に計画的で,死体を含めた証拠隠滅は徹底されていた。しかし,遺体を残しただけでなく,遺体の首を切断した事件があった。どうして,彼は遺体を残しただけでなく,その首を切断したのか。伝説的な殺人鬼である佐藤誠の実像に緻密に迫る異色のミステリ

    〇 総合評価 ★★★★☆
     まず,本の構成,プロットが秀逸。86人もの殺人を自白した伝説の殺人鬼「佐藤誠」について,小説パートを交えた犯罪ルポを描いているという構成となっている。この犯罪ルポの作者が,作中で佐藤誠に憧れ,最後に獄中結婚をして面会を果たす水谷(佐藤)育であるという事実が,最後のサプライズとして明かされる。そもそも,犯罪ルポのコラムや序文などの文章が,抑圧的でありながら,佐藤誠への好意がにじみ出ている点まで伏線になっており,サプライズだけでなく,良好な読後感につながっている。
     小説パートも,景色,切断,翌日,捜査,迷宮というパートから,自白,理由といういわば,解決編と言えるパートまで,テンポよく,バランスよく描かれている。死体の首を切断した理由=ブックセルという本屋を守るため,恩師の名誉を守るため,そして,児童買春を告発するという意図を果たすためという部分は秀逸。アリバイトリックは陳腐なので,小説パートだけ見れば傑作とは言えないが,全体の構成が秀逸な上に,さりげなく挟まれているコラムの内容,構成も見事。最初に万引をした水谷育に暴力行為を働いたバイト店員が詠坂雄二だったという部分もうまい。トータルで見て,詠坂雄二らしい構成の上手さがある上に,十分なサプライズ,良好な読後感まである。非常に面白く読むことができた。★4で。

    〇 サプライズ ★★★★☆
     まず,大きなサプライズとして,佐藤誠が行ったとされる多数の殺人のうち,本作で語られる2件の殺人,遺体の首を切断した蛎塚諒一とその娘の殺害は,実際は佐藤誠が真犯人ではないという推理が語られる。佐藤誠は,恩師である蛎塚諒一の名誉と,当時勤めていたブックセルという本屋を潰さないため,そして,8歳の子どもが児童買春をさせられており,その顧客に警察関係者がいたという事実を告発するという意図から,死体の首を切断したという推理である。86人もの殺人を自供している伝説的殺人鬼という設定の佐藤誠が,殺人をしていない事件を描くというのは,なかなかのサプライズ。更に,この作品の共著者という設定の犯罪学者が,かつて,佐藤誠に憧れていた水谷育という少女が成長した姿であり,獄中で佐藤誠に会うために,佐藤誠と獄中結婚していたという事実がエピローグで明かされる。これもなかなかのサプライズ。サプライズを狙った作品ではないのだろうが,十分な驚きを感じることができた。★4。

    〇 根中度 ★★★★★
     伝説の殺人鬼「佐藤誠」についての犯罪ルポという形式で,小説パートとコラムが繰り返されるという構成。この構成が面白い。話も,そこそこテンポよく進む。コラムも面白く,この構成で,どういうオチに持っていくのかという興味を持って読むことができ,最後まで集中して一気に読み終わった。非常に熱中度は高かった。★5で。

    〇 インパクト ★★★★☆
     86人もの殺人を自白した殺人鬼が,殺人をせずに,死体の首を切り落とした事件というものを描いているのでインパクトは高そうなのだが,そこまでのインパクトはない。本の構成は,面白く,プロットはさすがと思うだが,アリバイトリックは,「サトウマコト」というよくある名前を利用した陳腐なトリックで,作中では殺人事件が2件しか起こらないこと,さらに,捜査パートが地味なことなどが原因だろう。特殊な構成と十分なサプライズがあるので,インパクトも薄いということはないが,抜群とまでは言えない。★4で。

    〇 キャラクター ★★★☆☆
     人間が描けているというほどではないが,86人もの殺人を自白したという「佐藤誠」のキャラクターが,意外なほど魅力的に描かれている。まぁ,86人もの殺人を自白した殺人鬼という人間がきちんと描けていないともいえるのだが…。ほかの登場人物も,この犯罪ルポの作者という設定の佐藤(水谷)育,リロ・グラ・シスタにも出てくる時野将自,阿比留刑事など,それなりに魅力的なキャラクターがそろっている。ただし,小説パートの作者として登場する詠坂雄二がいまいち。これは,電気人間の虞でも感じたのだが,自分という設定なので,自虐的に描いているのだが,この部分がやけに鼻に付く。全体から妙に浮いているというか…。総合的にみると★3か。

    〇 読後感 ★★★★☆
     佐藤誠と水谷育が獄中結婚をし,水谷育が犯罪学者として,青春時代に影響を受けた佐藤誠のことを犯罪ルポとしてこの作品を描いているという終わらせ方は,サプライズもあるし,読後感もよいものにしている。このアイデアが非常に秀逸で,この作品全体の完成度を高めていると思う。★4で。

    〇 希少価値 ★★★☆☆
     現状ではなんとも言えないが,光文社文庫であること,そこまで受けそうなネタでないことなどを踏まえると,絶版になる可能性はありそう。読坂雄二が,ヒット作を出せば版を重ねる可能性もあるかもしれないが…。★3で。
     

  • 【ブックオフ108円】80人以上殺人を犯した佐藤誠という、何処にでもいそうな名前を持つ男の話をドキュメンタリー形式で進んでいく。普通の話と佐藤誠の告白話が、対になって進んでいく。確かに新しい形はわかるけど、、、別にかな。

  • 正直なところ「なぜ」の部分は私には読み取れなかった。作中の佐藤誠も言ってみれば「劇中劇」の中で描かれているため、真実は「首を切断した」という事実のみ。(だいぶ前に読んだきりなので記憶が曖昧ですが)
    本人との面談のシーンでも、どこか他人事のように語られていたせいも有ると思う。

    個人的には、嘘広告の作品が読みたい。

  • 殺人鬼になる経緯はまだあやふやだけど、ラストの飴の美味しさは減点しかねないな

  • 伏線回収、謎の引っ張りと真相開示、
    ラストのそうきたかー感、そして広告に至るまで
    全てにおいて計算尽くされた仕掛けが完璧に決まった傑作だった。

    驚きとやられたーという一本取られた感が
    ミステリーの醍醐味だとすれば、
    こんなミステリーもあるんだという目が覚めた快作。

    最終盤のあ、あれはあの人だったねという気付き
    (計算された気づかせ方)からのあれ?○○が違う・・、
    そうきたか!で終わるラストがホント秀逸だった。

全22件中 1 - 10件を表示

詠坂雄二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ピエール ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)のKindle版

遠海事件: 佐藤誠はなぜ首を切断したのか? (光文社文庫)の単行本

ツイートする