ひやかし (光文社時代小説文庫)

  • 63人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (11)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 中島要
  • 光文社 (2014年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334767440

ひやかし (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉原の遊女たちの短編集

    素見(ひやかし)
    色男(いろおとこ)
    泣声(なきごえ)
    真贋(しんがん)
    夜明(よあけ)

  •  吉原に売られた女たちの話と、言っても まだ16・17才の女の子たち 恋をしたり だまされたりだましたりだけじゃない! 
     親の都合で吉原にいるのに…
    親の借金を背負って吉原にいるのに お金を借りにきたりする(怒)
    「素見」は泣けました。
    『自分だけ宿命から逃れるわけにもいかぬ』って、
    え~~~ん(;;)
    よかったです。

  • 吉原を舞台とした短編集
    人情噺といわけでもないけど、どれもよい話だった
    中でも、朝霧花魁が若侍に切る啖呵とか、結局最後まで情夫を待つと決めた女郎の話とか

  • 文章が好き…!!短編がいくつも入っていて、中でもタイトルになった「ひやかし」が良かった。最後の一文にやられた。あれこそが遊女なんだろうなあ

  • 吉原に身を置く女性たちを描いた短編集。

    女が強い、ということではなくて、“強くならざるを得ない”のですよね・・・。

  • 遊女達を女性らしい目線で描く短編集。
    とにかく女性の強さが際立つ。
    過酷な状況に苦しみながらもしなやかに立つ様は本当に格好良い。

全6件中 1 - 6件を表示

中島要の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひやかし (光文社時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひやかし (光文社時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひやかし (光文社時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひやかし (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ひやかし (光文社時代小説文庫)の単行本(ソフトカバー)

ひやかし (光文社時代小説文庫)のKindle版

ツイートする