友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)

  • 15人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安達瑶
  • 光文社 (2014年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334767983

友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地方都市で起きた海上自衛官の自殺事件を捜査する新米刑事が,自衛隊内の闇の部分に遭遇。
    悪デカとかよりは少し真面目で,ミステリ要素もあり。
    最後は驚きの結末。

  • ここまで書いていいのだろうか。ちょっと心配になる。
    組織は大きくなればその裏で暗躍して懐を温める輩が必ず出てくるのだろう。
    かつての軍隊でもそのような事があったと聞く。
    であれば軍隊の延長のような自衛隊でもあるいは似たような上下関係のきつい警察でも同様な事が想像できてしまう。
    でもそれを白日の下に晒すような作品を書いちゃって良いのかなと思いながら読み進んだ。
    そして最後はそうやって恐る恐る読んでいた内容がひっくり返るような事が起きるのだ!

全2件中 1 - 2件を表示

安達瑶の作品

友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

友喰い: 県警対自衛隊〈 最高機密 〉 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする