公安即応班 (光文社文庫)

  • 23人登録
  • 2.57評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 鳴海章
  • 光文社 (2015年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768140

公安即応班 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鳴海章作品の初読み。
    狙撃シリーズの著者ゆえ、さすがに銃には詳しい。
    けれど、あまり興味のない読者にはちょっと冗長か。
    公安部局の非公認部隊が、フィリピンの洋上プラントを襲撃したテロリストから、日本の大臣や人質を救出に向かう、緊迫の展開。
    しかし、読むにまとまった時間が取れず、時間があいたせいか緊張感を持って読むことができなかった。

  • 「SD」特殊部門として組織された即応班は、公安部局の中では「体制の犬たち」と揶揄されていた―。捜査一課特殊部隊を辞職し、SDに加わった木谷赫音は、名うての狙撃手の娘だった。フィリピンの天然ガスの洋上プラントがテロリストに襲撃され、日本の経産大臣が人質として囚われた。赫音は仲間とともに決死の戦いに挑む。著者渾身の「狙撃手シリーズ」新展開!

    なかなかシビアな展開であった。おそらく次の作品もあると思われる。

全3件中 1 - 3件を表示

鳴海章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

公安即応班 (光文社文庫)はこんな本です

公安即応班 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする