笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)

  • 51人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 光文社 (2014年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768263

笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    夜ごとバーに集う私立探偵の工藤とライターの山内に、マスターの島。三人揃ってヤクドシトリオは往年の銀幕スター話に興ずる。そこに美貌の大学院生桜川東子が揃えば未解決事件の話題に様変わり。アルバイトの阪東いるかも加わり、いっそうにぎやかに盛り上がる!今回はあっと驚く歌舞伎の新解釈で、東子が見事に真相を究明!大好評のバー・ミステリシリーズ!

  • 主人公による歌舞伎の演目の新解釈が、面白かったです。
    知らなかったトリビアもあったりして、まだまだ知らない事が沢山ある歌舞伎って、やっぱり凄いな、と。

    マスターのいらない話に思うことは、他の登場人物のリアクション同様だったのには、読みながら笑っちゃいました。

    歌舞伎入門の書として、オススメしたい一冊です。

  • 歌舞伎演目みたいな未解決事件の真相を推理

  • シリーズは安定感が出てきてますね。そこに、新しいキャラクターが加わって、ちょっと新鮮味を出しつつ、かつ、これまでのキャラクターのアクが強くなってるかな、という感じで、ますます楽しめました。この世界観、いいですね。
    とにかく、あっという間に読める、そして、新しい視界が開ける感じが楽しい。
    シリーズが安定したせいか、読んでの衝撃感というものは少なくなったようにも感じますが、楽しさは変わりません。

  • ワイドショーで流された話題の事件を古典芸能の筋書きになぞらえて、新たな解釈を交えつつ解決していくこのシリーズ。
    冒頭には昭和芸能に関する薀蓄が飛び交う益体の無い会話が繰り広げられていく場面が、飽きもせずこんなに続けられるものかと驚かされる。

    しかしながら、変化している部分もある。

    作品を経るに従ってクドさを増しているマスターの存在。読者もすでにつっこむのに飽きてしまうくらいだ。

全5件中 1 - 5件を表示

鯨統一郎の作品

笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)はこんな本です

笑う忠臣蔵: 女子大生桜川東子の推理 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする