迷宮捜査 (光文社文庫)

  • 41人登録
  • 2.43評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 緒川怜
  • 光文社 (2015年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334768829

迷宮捜査 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気付かずに2回目読む。
    前回に比べてスラスラ読み飛ばす。
    生き別れの妹が全くの別人。
    信頼していた上司が殺人犯。しかも罪を捏造。
    救われない話。

  • いろんな事件が絡み合って、公安も出てきて。公安が出てくると怖くて苦手だからちょっと流し読み(汗)。
    そしてまさかの結末だった。

  • ドラマを見ました。反町隆史の不幸な過去を背負った寡黙な刑事がかっこよく、ドラマの重厚感がでてる。途中からオチが見えたのが残念。原作読みたい。

  • 世田谷区で発生した母子殺害事件。遺留品から、一年前に目黒区で起きた一家惨殺事件と同一犯の可能性が浮上する。しかしなぜか警察上層部は合同捜査本部を設置しない。地道な捜査を強いられる捜査一課の名波洋一郎と鷹栖警部の前に、公安警察の影が見え隠れする。やがて被害者母子の隠された過去が明らかになり、事件を誰も予想せぬ驚愕のラストへと導いていく!  いうのがあらすじ。よく知っているエリアが登場するのはうれしい。物語としてはひねり過ぎて、実にシンプルな結末になってしまったような感じ。

全4件中 1 - 4件を表示

緒川怜の作品

迷宮捜査 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

迷宮捜査 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

迷宮捜査 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮捜査 (光文社文庫)はこんな本です

迷宮捜査 (光文社文庫)のKindle版

迷宮捜査 (光文社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする