ブルーマーダー (光文社文庫)

  • 1417人登録
  • 3.91評価
    • (115)
    • (222)
    • (115)
    • (17)
    • (3)
  • 142レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 光文社 (2015年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769185

ブルーマーダー (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 池袋署の姫川玲子。
    池袋にいながら、この本を読んでいる。
    なぜか、池袋と言う街の姿が、浮かび上がる。
    青いマスクをかぶった殺人鬼 ブルーマーダー。
    その犯行は凄惨で、鈍器みたいなもので、
    左右の鎖骨をおり、両手を使えなくして
    骨と言う骨を粉砕して、最後に 脳天をかち割り
    『死』に至らしめる。
    それを折り畳んで、大きなバックにいれ、処理してしまう。
    残酷さを 突き抜けた クールな殺人鬼。
    20人以上を 殺したと言うなかで、
    死体を放置して、殺したことをアピールする。

    ヤクザ、元暴走族、中国人マフィアなどを襲い
    更に、警察官も負傷させてしまう。
    そのことで、街の暴力を振るうものたちは、
    不活性化する。その狙いは どこにあったのか?
    下井、ガンテツ、姫川が、その犯人を追いつめる。

    過去の事件が浮かび上がることで、
    ブルーマーダーの狙いが明確化する。
    姫川の最後に、ブルーマーダーなり損ないとの対峙で
    菊田を救いたいと言う想いで、果敢に立ち向かい
    菊田に本心を伝えることになる。
    菊田は 結婚していたのだった。
    それでも、姫川は、想いを伝える。
    姫川らしくて、姫川していた。

  • 池袋で起こる連続猟奇殺人事件。被害者は暴力団関係者、半グレ集団、不良中国人など暗黒街の住人たち。池袋の街を牛耳る『ブルーマーダー』とは何者なのか?姫川玲子シリーズ第6弾。
    所轄署とに異動になった姫川だが、捜査に没頭する姿は相変わらずだ。しかし、菊田の新しい人生はショッキング。クライマックスの姫川の告白は、衝撃的で涙が流れた。姫川班の再結成はあるのか。次回作も楽しみである。また、回を重ねるごとにガンテツの存在感が増してくる。意外とイイ奴の気がしてきた。

  • 姫川玲子シリーズ第6弾。
    第7弾の【インデックス】を先に読んでしまい、「菊田~!どうして???」と、とっても気になっていました。

    【ストロベリーナイト】を超えた!と帯に書かれていたので期待大だったのですが…
    個人的にはやっぱり【ストロベリーナイト】の方が面白いと思う。
    とは言うものの、やぱり姫川玲子シリーズは面白い。

  • 姫川玲子シリーズ第6弾にして、シリーズ最高傑作と言っても良いだろう。

    暴力団組長が全身を骨折した状態の死体で発見されたのを皮切りに半グレ集団のOB、不良中国人が同様の手口で殺害される。連続殺人鬼の正体は?目的は?池袋署の姫川玲子が殺人鬼を追うが…

    玲子のかつての部下・菊田との再会、煮ても焼いても食えない勝俣とシリーズには欠かせない登場人物が物語の鍵を握る。終盤の玲子の心の叫びは過去との訣別なのか。

  • 菊田が結婚してたとは。
    姫川は相変わらずかっこいい。
    ガンテツは相変わらず嫌味ー。でも大事なところで助けてくれるちょい良い役。

    たくさん登場人物が出てきて把握しきれなかった感はあるが、最後は色々つながった。
    ハッピーエンディングとはいかないけど、収束に向かったな。

    木田かわいそう。やるせないよなぁ。

    最後、姫川が菊田の見舞いに行ったシーン。
    二人で色々話して菊田がこぼした涙。もらい泣きしちゃった。

  •  テレビシリーズが好きだったので、初めて小説を読んでみました。

     シリーズ最高傑作!との評価に少し期待しすぎた点もあったかな。。。
    でも、大好きな姫川玲子の活躍、かっこよかった。グロテスクな描写にも惹きつけられました。

     ただ・・・菊田がなぁ・・・・。

  • 姫川シリーズ。所轄に移動になった姫川が、正体不明の暗器のようなもので骨を砕いて相手を殺す犯人を追う!追われる側、追う側、様々な視点から書かれた話がだんだん収束するおなじみの手法だけど安定の面白さ。

  • 暴行の描写が生々しくて、しかもかなり痛い!
    姫川は相変わらず仕事が出来て格好よかった。
    やっぱり面白いな〜

  • ☆4つか5つで迷った。4.5かな。
    インデックスを先に読んでしまったのを今更ながらに後悔するが…。この巻、物凄く良かった!!
    このシリーズで最高傑作かも!今まで姫川玲子に意地悪な(スミマセン、ただの僻みです)見方をしていたけれど、今回、菊田救出の際の真っ直ぐな姿勢に心打たれた。この流れがあって、インデックスの最後に繋がるのか。ああ、勿体ないことした。
    それでも、クライマックスのあのシーンは涙が溢れた。菊田刑事、何故待てなかった…、と言いたい。
    そして私は、ますますガンテツのファンに!カッコ良すぎだろ。

  • 解説まで読了後の感想にはなるが、確かにストロベリーナイトから始まるシリーズはこれで終わったという感じだろう。
    姫川班解体後の、この先どうすんの?的なもやもやを完全に払拭してくれた。

    ガンテツの登場位置(ページ数)も絶妙で、裏の主役は間違いなくコイツだよね!

    まぁ、毎度になっちゃうけど複雑(であろう)警察組織を読んでるだけで理解した気にさせてくれる文章力も凄い。

    ごちそうさまでした。

全142件中 1 - 10件を表示

ブルーマーダー (光文社文庫)のその他の作品

誉田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブルーマーダー (光文社文庫)に関連する談話室の質問

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする