ブルーマーダー (光文社文庫)

  • 1249人登録
  • 3.90評価
    • (102)
    • (203)
    • (108)
    • (14)
    • (3)
  • 129レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 光文社 (2015年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769185

ブルーマーダー (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 菊田が結婚してたとは。
    姫川は相変わらずかっこいい。
    ガンテツは相変わらず嫌味ー。でも大事なところで助けてくれるちょい良い役。

    たくさん登場人物が出てきて把握しきれなかった感はあるが、最後は色々つながった。
    ハッピーエンディングとはいかないけど、収束に向かったな。

    木田かわいそう。やるせないよなぁ。

    最後、姫川が菊田の見舞いに行ったシーン。
    二人で色々話して菊田がこぼした涙。もらい泣きしちゃった。

  • 姫川玲子シリーズ6作目

  • 姫川シリーズ第六弾。

    身体中の骨を折られて人間とは思えない形に折り畳まれた死体たち。
    虫を殺すように人間を殺害する。
    裏社会の人間たちが口にすることも恐れるブルーマーダーとは・・・。


    姫川シリーズ、やっぱり好きですね。
    姫川班じゃないのが残念ですが。。

    で、今回の殺人者。
    人間を物のように折り畳んでバッグに積めたり、一瞬文字を理解できないような場面が多々。
    なのに彼を憎むことができない。
    ただの悪だとは思えない…この感覚が誉田さんの作品の魅力だと思います。

  • 楽しさに安定感があり、最後までしっかりと読みきりました。タイトルのセンスの無さも魅力です。

  • 姫川玲子シリーズ。警視庁じゃなくなり所轄にいる姫川と別の所轄にいる菊川が出てくる。誉田さん特有の複数視点で話が進んでいるのでどこで姫川と菊田が一緒になるのか楽しみでグングン読み進めた。しかし、菊田を結婚させなくても良かったんじゃないかな。

  • 姫川玲子シリーズ第六弾。
    今回の物語は、シリーズの中でも最も緊迫感があり良い意味で恐怖感の強い展開でした。
    舞台は池袋。
    このヤクザ・半グレ組織が密集しているエリアが、ここ最近、不活化している。
    その理由は、池袋の街を闇で牛耳る「ブルーマーダー」と呼ばれる殺人鬼の影響である。
    それに立ち向かう姫川、ガンテツ(勝俣)の凸凹コンビ、そしてかつての部下・菊田。
    ユニークで人を惹きつける魅力を持ちながらもどこか陰を感じさせる主人公・姫川の躍動感に心動かされます。
    読み合わった後、すぐにまた続編を期待してしまうほど魅力たっぷりの物語です。

  • ずっと長い間、闇の中で孤独に生きてきた玲子が、ほんの少しだけれど前に進めた物語となった。
    これまでのシリーズでお馴染みの面々が、要所を締めているのもいい。
    殺害方法の妙に細かな描写は醜悪ささえ感じるけれど、それは「姫川シリーズ」の特徴でもあるのだから仕方がない。
    何よりもショックだったのは菊田の変化。
    「そっか、そうだよね…」とは思ったけれど、玲子と菊田の微妙な関係性がけっこう気に入っていたので残念な気持ちになってしまった。
    でも、だからこそ終盤での玲子の独白が効いてくる。
    やっと口に出来た真実、背負ってきた重荷、誰にも語られることのなかった玲子の内面。
    読み終えてみれば、「これでよかったんだ」と思える展開だった。
    人物造形がとても上手い「姫川シリーズ」だけれど、今回登場した犯人役の木野も見事だった。
    とらえどころのない人物として登場し、冷酷だけれど妙に真面目な顔も徐々に明らかになっていく。
    そして下川との関係や最後に見せる穏やかな顔は、木野にとって満足のいく結末だったことを伺わせる。
    もしかしたら木野は裏切った人物を探しながら、実は下川の潔白を証明したかっただけじゃないのか。
    自分が信じていた下川が、信頼に足る人物だったと確認したかっただけじゃないのか、と思ってしまった。
    出来ればドラマSPとして映像化してほしい物語だった。

  • ドラマのあとが気になって読みました。姫川と菊田の関係性ってある種理想だなと思ってもやっぱりどこか悲しい気持ちになる。
    初原作なので、時間軸の並び方になれるのにちょっとかかった。映像化しづらいというコメントは今なら分かる気がする。でもやっぱりドラマの続編欲しいです。

  • ストロベリーレインシリーズ。実はストロベリーレインシリーズははじめて読んだのだが、非常に面白く、あっという間に読んでしまった。

  • 姫川玲子シリーズ
    次第にガンテツの転がし方が巧くなっているわ

    こんなにもグロい感じはストロベリーナイト以来ではなかろうか。そこまでの殺意って
    悪をもってでしか悪は制せないのかしら

  • スピード感を持って読めて面白かった

  • なんといっても1番のビックリは菊田。
    玲子の相手は絶対に牧田が良かったし、井岡か菊田かと言われれば井岡派だったにも関わらず、、
    なんだろう?なぜか菊田のことで心にポッカリ穴が空いた感じ。。
    そんなわけでブルーマーダー事件のことはあまり入り込めなかったー。
    玲子、、これからどうすんだろー。(恋愛のほう)

  • やっぱり誉田哲也 姫川シリーズは面白い!

  • 誉田さんって
    みんながもってるであろう
    ”殺意”を形にするのが
    上手いのかな。
    殺人を正義なんだって
    思わせる力があるように
    感じる。
    登場人物たちも
    そんなの間違っているって
    言葉を発しつつ
    本心は違うよってのが
    滲み出てる感じ。

    姫川シリーズ大好きだなー。
    ストロベリーナイトの
    次に好きかも。
    インビジブルはあんまりだったから、、

    お嬢ちゃん、田舎娘と
    馬鹿にされつつ
    戦う女刑事。
    かっこいいです。

    2016.10.13 読了

  • いや〜おもれかった〜(^-^)/

    姫川シリーズ初やったけど、こんなにいいよは

    人物描写もうまい!(^-^)/

  • 時系列的にはインビジブルレインの後となる姫川シリーズ。インビジブルレイン読んでない人は、まずはそちらから!
    姫川は竹内結子、菊田は西島秀俊として脳内に鮮やかに映像化されるストーリー。
    前作で結ばれなかった二人はどうなるの?別々に登場するが、出会うの?出会わないの?こうなったら、菊田にはいっそ不幸になってくれ!と思いながら読み進めた。
    凶悪過ぎる殺人犯。でもそれ以上に取り巻く輩がクソ過ぎて、殺人さえも正義なのではないかと思わせる。あまりの手際のよさに、やっちまえ!と荷担したくなる。
    全てが作者の思うつぼなのだろう、気持ちを掌でころころと転がされ、心をグッと捕まれ、一気に読了。面白かった。
    満足。
    またこの表紙がいいね。まんま竹内結子じゃん。
    続編でないかな?期待してます!!!
    おっと、続編もあることを皆さんのレビューで知りました。読みたい!

  • ジャンル上は、推理小説・ミステリー・サスペンス、または警察小説になるのだろうし、シリーズの関係上私もそうしたが、この1冊だけならばこれは“恋愛小説”に分類すべきではないだろうか。
    今までのシリーズ既刊5冊で読者をやきもきさせてきた玲子と菊田の関係に一応の答えが出た、という意味で。
    もちろん、ミステリーとしても構成はよく練られていたし、スリルも緊迫感も申し分ないのだけど、玲子と菊田の想いを前にしてはメインであるはずの事件すら霞んでしまう。

    思えば、『インビジブルレイン』の終わりのなんとモヤモヤしたものだったか。
    本書は『インビジブルレイン』と2冊セットで1つの物語、というべきものだと思う。

  • 【図書館本】姫川シリーズなので、結局殺人事件なのだが、どうも殺人に至る動機が弱い。そんなことでここまでやるの?って思った。温室育ちの僕には理解できるわけはないわなぁ(笑) 殺人のやり方、殺人シーンの描写はグロさ加減も丁度良かった。解説で書店店員が「シリーズ上で最も面白い一大傑作である」とあるが、僕の中では逆に最下位では? まぁ直前に読んだ「インビジブルレイン」「感染遊戯」が面白かっただけに余計にそう思うのかな。

  • のめり込むように読了した。久々の感覚。複数の人物目線で語られていく話が徐々にまとまっていくことで、全体の深み厚みが凄かった。
    姫川班が解体されて、どういう展開に持っていくのか予想がつかなかったけど、とにかく菊田の出し方がズルい。それに、解説でも触れられているけど、確かに前作で区切っちゃダメだ。前作からの変化に心が持っていかれた部分も大きかった。
    もちろん今回の事件自体の割合も大きい。犯人をただの悪としないで、読んでいる側にもいろいろと考えさせるようにしていることで、さらに深みが増した感じもあるかな。
    …姫川班、再び集まってほしい!

  • ストロベリーナイトのドラマは全部見た。
    少し疲れた菊田役に
    西島さんは適任だったわ。
    彼の少し疲れた感じの背広(スーツでは無い)や
    姫川主任を見つめるまなざしに
    私の乙女心は打ち抜かれた。

    小説は今回初めて読んだが
    全てドラマの俳優とマッチングしてしまった。
    う~ん。まさか菊田が結婚してしてしまうとは・・・
    ここで、私の乙女心は勝手に泣いた。

    個人としては
    是非2人は結婚せず
    良きパートナーでいて欲しかった。
    やはり男は身近で手を打つのか?
    等々・・・複雑な乙女心である。

    で、話は相変わらずグロテスクでは有るが
    ドラマを見ていたせいか入り込みやすく
    久しぶりにあっという間の読破であった。

  • 性別問わず「火事場の馬鹿力」を引き出してくれる上司は普段の付き合いはなかなか大変だが頼りになる。滅多にそんな上司にめぐりあえない。姫川班再招集期待。

全129件中 1 - 25件を表示

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブルーマーダー (光文社文庫)のKindle版

ブルーマーダー (光文社文庫)の単行本

ツイートする