手練 鬼役(十五) (光文社時代小説文庫)

  • 28人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 坂岡真
  • 光文社 (2015年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769307

手練 鬼役(十五) (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第十五弾
    同様な展開、今回は主人公が捕らわれるのがメイン?
    三話形式は読みやすい?

  • 鬼役15巻目。
    息子の鐵太郎は修行で実家を出てからの話。
    やはり矢背家おもしれー
    前にあったお砂糖対決でまたも
    因縁の人たちが出てくるし
    あと今回は金さん(ご存知、遠山の)も
    いつもより出番多めな気がした。
    そして金さんが蔵人介を頼りにしてるのも垣間見えたので
    それもとても良い。
    人足寄せ場もやはり悪の根源かーという感じ。
    お役目あれど敵か味方か分からぬ女は
    怖いと思う。

  • 鐵太郎が無事に大坂の地を踏んだことも解って良かった。

  • 2015年6月刊。文庫書下ろし。シリーズ15作め。3編の連作短編。3編ともストレートな悪を切る路線だけの話で、マンネリ気味。前巻での鐵太郎から卯三郎へ交代劇のその後を楽しみにしていたのに。次巻に期待。

全4件中 1 - 4件を表示

坂岡真の作品

手練 鬼役(十五) (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする