海賊女王 下 (光文社文庫)

  • 69人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 皆川博子
  • 光文社 (2016年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (587ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334772239

海賊女王 下 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アランーグローニャ
    セシルーエリザベス女王一世
    対比されるふたりの女王を隔てるのは、何か。
    この問いが、単純な活劇を、テーマとして深めている。
    忠臣、家族。
    しかしここから外れるようにして、ナサニエル、オーランド、ロイといった「イレギュラー」が生じる。
    一番大事な存在のはずなのに、時勢、状況によって止むを得ず本流から外れざるを得なかった人……その怨恨と悲哀。
    活劇の裡に彼を抱き込み、それでいて脱輪することなく、グローニャおよびアランの物語に収斂させる、歴史ものだけあって、本書は筆者にとってもっとも力量が問われた作品ではなかったか。
    そして傑作に相違ない。

    冷静な眼、だったアランが、妻と子を持ってはじめて、熱くなる。参与する。
    アイルランドVSイングランドは、そのあたりから同じ遣り取りを繰り返し始めるが、アランやグローニャの「切実さ」が高まるために、飽きない。
    筆者の持ち味である幻想味は、エセックスの霧の森だけだったが、それ以外の骨太な描写および展開で、筆者の年齢を感じさせない大傑作となった。

    グローニャの男たち……、そう呼ばれた下っ端の男たちの、誇り。

  • 大河歴史ロマンとしてとても面白かったです。グローニャ10歳アラン17歳からスタートして、たっぷり50年以上、上下巻で1200頁くらいあったけど、それもまだ描き切れていないんだろうなというボリューム。正直、登場人物が多すぎて、あれ?伏線じゃなかったの?これで出番終わり?というキャラクターも数人いたけど(トイリーとか。エメールも中途半端だったなあ、神父との関係もだし、あっさり別の男と結婚して退場とか、アランの気持ちはなんだったんだっていう)それを全部追っていたら20冊分くらい書かないと足りなくなってしまうだろうから仕方ないか。生き別れた兄弟の再会およびその後もわりとあっさりしていたし、もっと大暴れ期待していた双子もそれほど活躍しないままフェイドアウト気味だったし。

    イングランド側の宮廷内の権力争いや陰謀も面白かったけど、本作の中で唯一ミステリーっぽい要素だったエリザベス女王の隠し子問題は、いまいちスッキリしなかった。シェイクスピアやマーロウが登場したのは興味深かったです。この時代の人だったんですね。

    女海賊グローニャは単純にかっこよくて好きだった。男以上に男前。ただ性的に奔放なのはまあ良しとしても、アランとはそういう関係持たないほうがストイックで良かったのになあと個人的には思いました。男女間の友情は成り立つか問題じゃないけど、強い信頼関係で結ばれた主従だけに、安易に肉体関係に持ち込んで欲しくなかったような。あとマクティーリャも憧れの人のままでいてほしかったかな。初恋の人って聖域のままだからこそ夢があるのに(笑)

    まあ細部はさておき、真の主役はグローニャでもアランでもエリザベスでもなく、アイルランドという国そのもの、今なお続くその独立への歴史だったような気がします。歴史のほうが主役なので、個人的に期待していた耽美寄りの人間関係の掘り下げが控え目だったのが少し残念だけど。

  • 時は16世紀。スコットランドに生まれたアランは17歳になった時、弟と共に戦士集団に加わりアイルランドに渡った。
    そこで出会ったのは、海賊を生業とするオマリーの氏族の猛々しい男たちと、赤い縮れ毛の首領の娘グラニュエル・オマリー(グローニャ)。
    アランはグローニャの従者となり、闘いと航海に明け暮れる波瀾の日々へと身を投じたー
    壮大なスケールで描く、実在の女海賊の凄まじき生涯!

    雇われ武人の筈だったアランが、賭けの結果グローニャの従者になり、彼女の生涯を隣に立ち綴った、という風な物語。
    本編であるグローニャの海賊の生涯も波瀾万丈で面白いんだけど。
    冒頭の英国王家・政治中枢部の陰謀渦巻く駆引きの方がワクワクしちゃった-
    劇作家達は他の色々な物語でスパイだったりするし。
    殺人事件が起こった時には“開かせていただき光栄です”を思ってしまった-
    本当に、このウォルシンガム配下のオーランドやナサニエルらスパイ達の物語が読みたいと思いました。

    グローニャ達海賊の歳を経ていく描写が面白い-髪が白化しなくなって行く様なんかが。
    世代交代して、続いていくのが凄い。
    グローニャ達世代が去り際を心得ているのが、鮮やかで。

    しかしカトリック・プロテスタントと目まぐるしく主流が入れ替わり、信教によって自身の立ち位置も有利不利(どころか生き死にに関わる)が振れる生活って…落ち着かなさすぎるよ-
    そこへ土着のケルトも混ざって複雑-
    身に染みてるものと、有利不利を吟味して付く側を選びとる…複雑-

    付属の地図が分かりにくいったらないよ-
    もっと詳細なのか、逆にもっと単純化したものの方が良かったかと。

  • 冒険と、争い、闘い、抵抗
    少女が老女になるまでのグローニャ!
    それに付き従うアラン!マクティーリャ!オシーン!
    たちが半世紀を駆け抜ける、少し苦しさ、
    物悲しさを帯びながらも大海のように爽快なゲールの物語。
    一方、女王を利用し自らのための権謀術数渦巻く
    イングランドはペスト禍のなかということもあり
    薄暗く重苦しく爛れた空気。
    どうやって二つの物語が結びつくのかと思っていたら
    まさかその人が、そのような背景で、という驚きで、
    それも単にそこで終わりのヒトネタではなく、
    二つの国、二人の女王の物語を一気に読まされた。
    史実に基づくイベントがベースにあるといっても、
    これだけの濃厚で力強い作品を描いたのが
    (知っていたけど・・・)
    グラニュエルの最晩年より年上の女性という!
    あっさり退場するひと、明かされなかった?謎
    分厚い上下巻だが、もっともっと読みたかった。
    Wikipedia Grace O'Malleyをスラスラよめたらなぁ~

  • イングランドによるアイルランド侵略とアイルランドの混沌とした状況が、20世紀のアイルランド独立闘争にまで繋がっていることを改めて認識させられる。

    女王エリザベス1世と、ほぼ同時期に生きた海賊女王グラニュエル・オマリーとの対比、侵略するものと侵略されるもの、一つの統治国家としてのイングランドと多数の氏族があり混沌とした政治状況のアイルランド、家臣や家族との関わり方、どちらが幸せだったのだろうか?

    この本で描かれるグラニュエルは魅力的。そして、この本で描かれる子供達も活発でかわいい。

全5件中 1 - 5件を表示

皆川博子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海賊女王 下 (光文社文庫)はこんな本です

海賊女王 下 (光文社文庫)の単行本

ツイートする