ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)

  • 45人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 詠坂雄二
  • 光文社 (2016年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334772543

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう小説だと一言では言い表せない。3章まで全て毛色の違う物語になっていて、それでいて全体としての統一感はある。ここまで読ませる要因の一つは狂気だろうか。読み始めたら止められない。そんな小説。

  • 面白かった!過去の事件を真似た連続殺人事件が解決されるけど各々の事件の内容は詳しくは語られないし、誰より早く先を見通せる大変な頭の良さと行動力、そしてすごく傍迷惑そうな性格を持つ上に美人らしい名探偵は、逸話こそこれまた魅力的な仲間によって多く語られるけれども最後まで登場しないし、謎解きらしい謎解きもないっちゃあないかも?で。思い返すと大変イレギュラーな感じがするけど、読んでる時は夢中でした!

  • 2016年3月27日読了。
    2016年85冊目。

  • 20171027

  • これはヤバイ。
    ラスト、怖い。
    裏側の?シリーズ、まだまだ続きそう。

  • この人の作品は本当に個性的というかなんというか。ありきたりなストーリーでもありきたりに見せない、構成や描写の妙ですなぁ。
    そして魅力的なのは、探偵、月島凪。学生時代から日本人作家のいわゆる本格ミステリモノを好んで読んできて、館シリーズの島田潔(鹿谷門実)、百鬼夜行シリーズの中禅寺秋彦(いや、榎木津礼二郎かな)、学生アリスシリーズの江神二郎などなど魅力的な探偵にたくさん出会ったけども、この月島凪という、周りの登場人物から語られるモノローグやエピソードだけで形成され、本人が表舞台には出てこないというキャラクターの特異性がなかなかにニクイ。なにせ推理する過程が描写されないけどとにかく凄い人っぽいっていう。この感じでシリーズを続けていくとしたらなお面白い。いけるところまでいってほしい。

  • 相変わらず、詠坂雄二のミステリーは独特で奇異に満ちた世界を創り上げ、独特の雰囲気を醸し出している。

    過去の事件の模倣犯による連続殺人事件を捜査する刑事の雪見喜代志は、過去に難解な事件を解決した名探偵・月島凪の存在に行き着く。

    『遠海事件』にも全く姿を見せずに登場した月島凪が、いよいよ我々の前に姿を見せるのか…

    本作は、これまでの詠坂をの作品を踏襲しながらも、また新たな特異な世界と謎を創り出した一筋縄ではいかない作品である。

  • 月島凪シリーズ(?)
    だが今作も月島凪は直接登場しないという、探偵不在の小説。
    それが見事に(解説にもあるように)探偵の副作用となっているのが面白いところか。

    真相は大したことないような気がするが、それまでの堂々とした伏線にニヤリ。

  • 詠坂雄二の第4長編。
    実は何となく途中で読まなくなっていて、本書も今回、初めて読む。単行本は何冊か買ったかな……。文庫化されたのをきっかけに改めて読んでみると面白かった。何で買わなくなってたんだろう?
    本書を読んで、実はかなり少年少女を描くのが上手いのではないか……と思っている。単行本、引っ張り出して再読するか、それとも文庫版を買おうかな〜。

全9件中 1 - 9件を表示

詠坂雄二の作品

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)はこんな本です

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)のKindle版

ドゥルシネーアの休日 (光文社文庫)の単行本

ツイートする