冷たい太陽 (光文社文庫)

  • 34人登録
  • 3.07評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 光文社 (2016年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334773021

冷たい太陽 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トリッキーな誘拐ミステリ。
    アイディアはよく、確かに終盤の謎解きは結構衝撃的。
    ただ、あまりにそれに頼り過ぎていで、ストーリーに深みがない。パズラーとして綺麗に伏線を設けながらも、人間ドラマとしてもう少し感情移入出きるものを読みたい。
    3-

  • 本格ミステリ大賞候補作ということで期待して読んだ。
    序盤はコロコロ視点が変わり、登場人物もどんどん増えるので、登場人物の把握が大変。
    中盤はテンポよく読める。
    終盤はトリックの解説だが、なんだか小説を読んでいる気にならない。トリック自体は悪くないのかもしれないが、最後のくどいほどの解説が興ざめだった。

  • 解説の通り、やられたなぁ〜というお話。
    テンポよく読むと必ずやられます。

全3件中 1 - 3件を表示

鯨統一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

冷たい太陽 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

冷たい太陽 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冷たい太陽 (光文社文庫)はこんな本です

冷たい太陽 (光文社文庫)の単行本

ツイートする