殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)

  • 27人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 深木章子
  • 光文社 (2016年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334773519

殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、秘かに応援している推理作家、深木章子さん。
    秘かにする必要などないけれど。何故もっと注目されないのかわからない。

    遺産目的での義父殺害の嫌疑がかかる峰岸諒一は、頑なに無罪を主張していた。諒一に依頼された弁護士衣田は、肝心なところで言葉を濁す依頼人に翻弄される。
    しかし、ようやくアリバイの証明がされ、諒一の無罪が確定し釈放される。
    ところが、間もなく諒一の遺体が発見される。

    今回の作品では、冤罪が描かれる。
    弁護士ならではの思いが窺える記述もある。
    また、裁判に伴う拘留の様子や、被告人と弁護人との面会の様子などにも弁護人ならではの記述があり興味深く読める。
    こういった難しくなりがちな内容が、法律などの知識の乏しい読者にもわかりやすく書かれて読みやすい。

    こういう作品を読むときは、わたしは事件の謎解きをしながら読む。
    今回は半分まではすぐにわかったが、共犯は誰かというところがわからなかった。遺産を独り占めするために事故に見せかけて云々と色々推理していたのだが、この作品を未読のかたのために記述は控える。
    残念ながら、完全推理に至らなかった。

    今作は深木章子さんのデビュー作「鬼畜の家」で登場する私立探偵榊原シリーズ三部作の完結編に当たる。
    作品相互の関係はないので、どれから読んでも問題はない。
    正直に言うと、「鬼畜の家」での榊原の描写には、それ程魅力もなくシリーズにするほどなのかと思った。
    しかし、この作品では榊原の背景がよく描かれている。
    エピローグを読むと、そうだったんだと胸が熱くなる。
    副題に「探偵の依頼人」とわざわざ付いていることの理由がわかり、深木章子さんのタイトルの付け方に納得する。

    深木章子さんは、もっともっと世間の話題になって良い作家さんだと思う。
    わたしの周りに深木章子さんを知るひとが増え、面白かったねと話せるようになればいいのにと願いながら、次の作品を待ちたい。

  • 170210図

  • シリーズものらしいですが、探偵が同一というだけで繋がりはないそうです。

    放火殺人事件をきっかけとして、次々と血縁が死んでいく。
    残されたものたちがどのように考えているかを追体験していくわけですが、まるで玉突きです。

    人の殺し方を考えるというのは、本当に力を使うことだろうなあと思うわけです。捕まることを恐れずただただ凶器を持って暴れることのなんと簡単なことか。
    そしてその簡単なことの方がずっと楽にたくさん殺せてしまうのだなあとかよくわからない感慨を覚えたり。

全3件中 1 - 3件を表示

深木章子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
下村 敦史
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)はこんな本です

殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする