屋上のテロリスト (光文社文庫)

  • 415人登録
  • 3.62評価
    • (14)
    • (54)
    • (41)
    • (6)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 知念実希人
  • 光文社 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774653

屋上のテロリスト (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知念実希人『屋上のテロリスト』光文社文庫。

    一種の歴史改変小説であろう。1945年、ポツダム宣言を受け入れず、東西に分裂した70年後の日本を舞台に繰り広げられるサスペンス。

    学校の屋上から飛び降り自殺を図ろうとしていた彰人の前に現れたのは壮大なテロを仕組む美少女の沙希だった…

    最初からハッピーエンドが見えており、広げた風呂敷をどう畳むのかという興味だけが残るストーリーで、最終的には巧くまとめたという感じだった。

    自分が知念実希人を読み始めたのは、デビュー作の『誰がための刃』というハードなサスペンス小説が面白く、その将来性に期待したことからだ。しかし、以来ハードな小説は皆無で、少し残念な気持ちになっている。

  • ‹内容紹介より›
    一九四五年八月十五日、ポツダム宣言を受諾しなかった日本はその後、東西に分断された。そして七十数年後の今。「バイトする気ない?」学校の屋上で出会った不思議な少女・沙希の誘いにこたえ契約を結んだ彰人は、少女の仕組んだ壮大なテロ計画に巻き込まれていく!鮮やかな展開、待ち受ける衝撃と感動のラスト。世界をひっくり返す、超傑作エンターテインメント!

    ――――
    生徒に人気のある作家、知念実希人の作品です。
    「ラノベ感」のある地の文章なので、心情描写や情景描写がくどくて煩わしく感じることもありましたが、全体的なストーリーの展開はとても良かったと思います。
    東西に分断された日本の状況についてもある程度現実味がありましたし、沙希の起こす「テロ」がどのような結果を招くのか、彼女が「世界をめちゃめちゃにする」と言った真意は何なのか、一気に読み進めることができました。
    それぞれの登場人物がエンディングでは気持ちを新たに前へと向かってゆくところも、読後感が良くてエンタメ小説として完成されているように感じました。

  • まず世界観が良かった。
    ストーリーとしても、文章としても読みやすく、比較的早く読めた。
    展開にやや物足りなさはあったけど、それでも面白いと呼べる作品だった。
    設定も良いから映画にしても面白そう。
    やや都合よく話が進むことに違和感は感じたけど。

  • ポツダム宣言を受諾せず、日本が東西に分裂している2017年が舞台。
    死を特別視できず寧ろ憧れて自殺を企てる少年が主人公。
    そんな彼に拳銃を突きつけ、終わったら殺してあげるからバイトしない?と持ちかける少女がヒロイン。

    西の大統領、東の書記長、東の軍、そして少女が率いるテロリスト。
    彼らがどう絡んでいくのか…。

    因みに他の歴史は概ね正史通り。
    ベルリンの壁は壊れているし、ソ連は解体されてるし、東日本大震災で東日本は大打撃を受けている。

    という感じ。


    基本的に東日本の軍以外は国民も含めて全員東西の統一を願っている。
    そしてまぁ結論も自然に行くところに行く感じである。

    びっくり!というよりはわちゃわちゃしているのを楽しめれば良いと思う。

  • 読ませる文章なのだけれど,読ませる内容,ではない….主義主張もなく,陳腐.できれば本道である医療ミステリィに腰を落ち着けて頂きたい.

  • 知念氏の小説は初めてだったが、想像以上に文体が軽くて驚いた。キャラとかシーンの作り方は、ラノベやマンガ、映画だなぁと。漫画化したら3冊組くらいでよさげなものになりそう。軽く読めていい息抜きになった。

  • 伏線がわかりやすく提示されているので、これはこうなるんだろうな…と予想させるものがそれぞれあり、帯に煽られているように「騙された!」とは思わなかった。
    夏休みに上映するちょっと古風な青春映画……と言った感じのお話。

    あと、自分の出身のせいか、個人的に作中に描かれている核兵器へのイメージや扱いに、他県の人にはこんな感じなのかという関心が働いてしまっておりました。←なにか良い悪いがあると言うわけではないのですが。

  • もし日本が東西に分離統治されていたら。
    東西ドイツのように、統一出来ただろうか。そんなエンタメな小説。

  • 戦前に日本のポツダム宣言の受け入れが遅れて、日本が東西に別れてしまった架空の世界。

    高校生で西日本最大の財閥グループの総帥で、テロリストの紗希。死にたがりの平凡な高校生の彰人。東西日本の大統領と書記長と登場人物たち。こういう世界観の人物たちを見ていると個性がないと言うことはある意味、平和の象徴みたいなものに思えてしまう。

    東西の日本に別れてというのはアニメでも小説でも良くある話だけど、どうしても朝鮮半島の世界観になってしまう。仮面病棟の方が騙され感があるかな。それでも日本の行方も気になりましたし紗希と彰人の関係がどうなっていくのかも気になったり。

  • うーん 設定は面白くなる感じだったんだけど、なかなか感情移入できず。
    100回騙されるっていうのもなんでこんな煽り文句つけたんだ逆にがっかりしちゃうじゃないか、と思いました。普通に青春小説でいいのに。

    流れが想像できすぎるので、驚きはなかったものの、さらっと読めてちょっと感動。

    長岡と言えばあれだよねー。

全45件中 1 - 10件を表示

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
宮下 奈都
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

屋上のテロリスト (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屋上のテロリスト (光文社文庫)のKindle版

ツイートする