屋上のテロリスト (光文社文庫)

  • 123人登録
  • 3.47評価
    • (0)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 知念実希人
  • 光文社 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774653

屋上のテロリスト (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 爽やかでした。国際情勢を1つの場所に詰め込みすぎな感じもあったけど、最初の方だけで、中盤から終盤の疾走感はすごく気持ちよかった。

  • 知念実希人『屋上のテロリスト』光文社文庫。

    一種の歴史改変小説であろう。1945年、ポツダム宣言を受け入れず、東西に分裂した70年後の日本を舞台に繰り広げられるサスペンス。

    学校の屋上から飛び降り自殺を図ろうとしていた彰人の前に現れたのは壮大なテロを仕組む美少女の沙希だった…

    最初からハッピーエンドが見えており、広げた風呂敷をどう畳むのかという興味だけが残るストーリーで、最終的には巧くまとめたという感じだった。

    自分が知念実希人を読み始めたのは、デビュー作の『誰がための刃』というハードなサスペンス小説が面白く、その将来性に期待したことからだ。しかし、以来ハードな小説は皆無で、少し残念な気持ちになっている。

  • もし日本がポツダム宣言を受け入れなかったら、の世界。
    ドイツのように分割された日本で、テロを企てる女子高生沙希と巻き込まれる同級生の彰人。
    上手くいきすぎてた感はあるけど、大胆すぎる計画ひな案外騙されちゃうのかもなぁ。
    危ういところを救ったのは沙希の情熱に動かされた大人たち。それも計画のうちなのが。
    二階堂と曽根の駆け引き面白かったな。

  • まだ読んだことはなかったけれど、前々から気にはなっていた作家さんで、今回は「書下ろし」+「ジャケ買い」しました。

    内容も昨今の朝鮮半島情勢をニュースで聞きながら読んでいたせいか、東西に分裂した日本列島の設定にその"世界"が近く感じていたと思います。

    表紙で物語の内容は想像できてしまうのだけれど、最後まで上手く読ませてもらいました。心の振れ幅は大きい作品ではないと思いますが、その分安定感がありました。

  • 人ごとじゃないよな。
    思いのほかリアルなのかも。
    願いは、想いは、
    強く、
    ただ純粋に、
    そして、ひたむきに。

全5件中 1 - 5件を表示

屋上のテロリスト (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

屋上のテロリスト (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする