神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)

  • 210人登録
  • 4.48評価
    • (17)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 宮下奈都
  • 光文社 (2017年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775056

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単行本のときから読みたいなーと思っていたんだけど文庫になったのでさっそく。(わりに文章は少ない印象なので文庫で買ってよかったかも。ケチで申しわけない。内容はとてもよかったけど)
    宮下奈都さん一家が、1年間、北海道のものすごい山奥で暮らしたのを日記風に書いたエッセイ。楽しく読んだ。なんか癒されたような気すらする。
    エッセイマンガを読むような感じ。文章は短くてざっくりした感じで、オチというか笑いがあってすべてが楽しく思えるからか。
    こんな楽しい生活って夢のようじゃないか、と夢のように読んだ。もしかしたら楽しくなかったこともあったのかもしれないけど、そういうのをまったく感じさせないというか、心して楽しいことだけ選んで書いたのかも。あるいは、本心からすべて楽しかったのかも。ほかの作品を読んでいつも思っているんだけど、宮下さんて本当に心がきれいな人って感じがするから。お子さんたちもそろって心がきれいそう。宮下さんに育てられた素直で個性的で楽しいお子さんたちがいるからっていうのも大きいだろうな。
    あるいは、楽しもうって決めて楽しんだのかも。見習いたいなと思う。
    それにしても、1年経って家族が北海道をあとにするときは泣けた。

  • すごいなぁ、トムラウシ。すごいなぁ、宮下一家。

  • 出発直前の空港で、なにか小説を一冊と思い慌てて手に取りました。ページを開くとエッセイだったので、あら間違えたと思いましたが、トムラウシでの宮下家の生活に一気に引き込まれて、小説と同様登場人物の皆さんと離れがたい気持ちになりました。

  • トムラウシ。
    北海道にある日本百名山のひとつ。
    アイヌ語で、カムイミンタラ。神々の遊ぶ庭。

    宮下家が1年間暮らす様をエッセイの形で読ませてくれる。
    大自然の厳しとそこに暮らす人や学校の先生、そして宮下家がイキイキとしている。
    限界に近い環境だからなのか、助け合いが当たり前で、ある意味それが人間の本質なのかもしれない。

    神々とはここに暮らしている人達の事だと強く思う。

  • 本屋で衝動買い。買って良かった。縁もゆかりもない北海道に一念発起して移り住むなんて、夢のような話。でも実際にはなかなか出来ない。それを実行するなんて、、すごいなぁ


    トムラウシでの日常が軽妙なタッチで描かれていて、とても読みやすい。四コマ漫画みたい。

    トムラウシ温泉東大雪荘、行ってみたいな

  • トムラウシ…北海道の真ん中にありアイヌ語で「神々の遊ぶ庭」と呼ばれる位素晴らしい景色に恵まれたその土地に、山村留学することになった宮下一家の一年を追う。
    日々刻々と変わる幻想的な景色に澄んだ空気。
    そんな大自然の中、ここに住む子供も大人も常に朗らかで笑いが絶えない。
    そして宮下一家もここで出逢った全てを丸ごと受け止め全身全霊で楽しむ。
    勿論楽しいことばかりではなく過酷な現実はいつも潜んでいる。
    けれどそんなマイナスもプラスにしてしまうパワーがこの土地に感じられる。
    さすがは神さまたちの遊ぶ庭。
    毎日をしっかり生きて本気で楽しめばいい。
    眩しくて健やかで神々しいこの土地から大切なことを沢山教わった。

    どんな時も呑気で陽気な宮下一家…すっかりファンになってしまった。
    この本を読み終えるのがほんと寂しい。
    たっぷり笑ってしんみり涙して…と沢山の「素敵」が詰まったエッセイだった。
    そしてこのトムラウシの暮らしの中から、あの本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』が生まれたのだ。
    なんて素晴らしい!

  • 風眠さんのイチオシ本。

  • とても素敵なエッセイだった。
    おもしろくて、温かくて、幸せな気持ちになれる作品でした。
    こんな貴重な経験、なかなかできるものではない。
    一生の宝物になるに違いない。

    今は帯広に住んでいるおじが、最初に北海道に住む時に、どうせ住むなら一番寒い場所にしようと思って選んだんだーと言っていたけど、北海道の真ん中あたりと言ってたので、この辺かもしれない。
    そんな話をしたのを、思い出しました。

  • 一年の期限付きで、北海道の僻地に家族揃って引っ越す話。みんなキャラが濃く、楽しそう。乗り気でないところから、どんどんみんな深みにはまっていき、最後には絶対にもどってくるという名残惜しいところまでいくのは、それぞれが生活を楽しんだ結果ですね。自分は弟寄りの人間なので、寧ろ弟よりも人見知りな私は、読んで、行ってみたいと思う反面、暮らすのは無理だろうとも思いました。学校で少人数で教わり、常に近くに先生がいて、意見を求められる、そういった環境はすごく望ましく、望ましいのですが、私はどう思う?といった道徳の時間のようなものが苦手な為、しどろもどろになってただただ汗をかき続ける事になります。
    なので、とても娘の無邪気さ、長男の図太さ、さばさばしたところが羨ましいです。そして天才、これは大物な予感。

  • 銀の匙と合わせて読んで、一気に気分は帯広、トムラウシへ。
    素敵な人々や子どもたちに囲まれて過ごす素晴らしい日々。

    それにしても、途中から旦那さんの登場が一気に減ったな?

全20件中 1 - 10件を表示

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)はこんな本です

神さまたちの遊ぶ庭 (光文社文庫)のKindle版

ツイートする