浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)

  • 54人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 光文社 (2017年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334775353

浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 145

  • 2017年10月光文社時代小説文庫刊。書下ろし。シリーズ2作目。あっさりと旧シリーズにつながる話に戻りました。ということで、いきなり、マンネリ気味に。読むのが、しんどかったです。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    鎌倉の旅から帰った幹次郎らは、玉藻と正三郎の祝言を数日後に控え、忙しい日常に戻る。麻のための離れ家も着々と完成に近づき、祝いの空気が流れる秋。しかし幹次郎は、吉原が公儀から得た唯一無二の御免状「吉原五箇条遺文」が狙われていると直感していた。襲撃される幹次郎と汀女。張り巡らされる謀略と罠。新吉原遊廓の存続を懸けた戦いが、再び幕を明ける!

    平成29年11月22日~25日

  • 前回に比べると、変化にとんだストーリーなので、読みごたえがあった。

  • 新シリーズとなって2作目。今回は前回鎌倉で起こった事件の後日録で、無事解決に導く。麻の住む離れもようやく完成。

全5件中 1 - 5件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

浅き夢みし: 吉原裏同心抄(二) (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする