カタコト・イタリアーノで旅しよう―食べたりしゃべったり極上イタリア (知恵の森文庫)

  • 12人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 貝谷郁子
  • 光文社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334782696

カタコト・イタリアーノで旅しよう―食べたりしゃべったり極上イタリア (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 片言で話す時に出てくるような言葉を中心にしたエッセイ。イタリアとイタリア語という題材のためか文章も陽気で楽しく感じられ、また著者が料理研究家なので、美味しそうな話題が多い。
    語学書ではないけれど、一言使うとき「ああ、こんな感じで使うんだ」と思い出せればちょっと役に立ちそうな言葉たちが楽しい。

  • まあまあ、肩の力をぬいて読める。
    イタリア紀行本の入門編ってな感じ。

  • イタリアに魅せられた著者が、イタリア語の実際のアレコレを語ったエッセイ本。
    書かれた時代はかなり古いのだけれど、けっこう参考になる。
    言語って、テキストで学んでいると、日常会話だったら普通しないようなヘンな言い回しを覚えてしまったりするけれど(たとえば、ネイティブの日本人は、日本語で「なぜならば」って使わない。けど、日本語を勉強した外国人はbecause=なぜならば、でなぜならば、と使ったりする、というような)そういうテキストで学んだ言語と現地で普通に使われる言語のズレについてへえ、と感心する内容になっている。
    「イタリアではこういうコトバはこういう風に実際は使うんだよ」っていうちょっとした豆知識がおもしろい。

  • イタリアに行かれる方に、とってもオススメ。
    使えるイタリア語がいっぱい。
    イタリア通にもなれます。
    ちゃおちゃお(^^)/

全4件中 1 - 4件を表示

貝谷郁子の作品

カタコト・イタリアーノで旅しよう―食べたりしゃべったり極上イタリア (知恵の森文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする